2022年1月23日 (日)

【スタッフコラム】今週の担当:岡田

新年あいさつ

今年に入ってやっと順番が回ってきました!今年もよろしくお願いいたします。

今年度は新卒生さんが入社予定なので指導をメインに頑張りたいところです。

さて、プライベートでは新居で迎える初めてのお正月でした。今まで実家では自分のルーティンで年末に玄関に飾るお花を生けていたのですが新居ではまず水盤もありませんでした。

たまたま12月に入り高校の時の茶道の先輩とお茶しよう、と誘っていただいてもらったときにお話すると、先輩も華道を最近始められ、お正月用に新しく水盤を買いたいのでネットで探している途中とのこと。どんどん話を進めていくと毎年この時期に開催されているとれとれ市場の駐車場横の陶器市で購入できるのでは?と結論に至った私たちはその足で向いました。

5326_20220121223901

するとところどころで置いていました。また、最終日の前の日だったので値段もお手頃なものが多かったです。二人とも一つのお店で足を止め、それぞれに合った水盤を購入することができました!少し小ぶりで黒色であればお花も映えるかな、と思い選びました。

やはり生花を玄関に飾る、というのは気持ちいいものだな、と改めて思いました。プライベートでは生花をたまに生けられるようにできればと思います。

Img_5406_20220121223901

今回のまさごのお花は、水仙と蝋梅です。両方とも匂いがして診療中癒されます。もうそんな時期なんだなあ、と購入時しみじみしました。

ーーー

以上、岡田のコメントでした。岡田さん、今年もよろしくお願いします。生け花って良いですよね。これを機にお花を自宅に飾る習慣をぜひつけて下さい!

 

2022年1月22日 (土)

寺尾さんお誕生日おめでとう!

二十四節気で一番寒いと言われている大寒がやってきました。1月20日から2月4日あたりとされています。

秋から冬の二十四節気の移り変わりは、徐々に冷え込み始める秋の「寒露」、霜が降り始める「霜降」を経て11月の「立冬」から冬の始まりとされており、「小雪」「大雪」と続き日照時間が最も短くなる「冬至」に移行します。冬至以降は寒さが増していき、「小寒」は「寒の入り」と呼ばれ「大寒」が最も寒くなります。

この大寒の頃には厳しい寒さならではの食文化があります。寒中に汲む「寒の水」は真冬の手が切れるほどの冷たさ。その冷たさから雑菌が繁殖しにくく身体に良いとされています。また、酒や味噌・醤油などの発酵食品は寒の水を使うと発酵がゆっくり進むため味に深みが出るそうでこの時期に作られた発酵食品は「寒仕込み」と言われます。

白い息を吐きながら発酵食品を作る姿などはこの時期よくテレビなどで見かけますね。

二十四節気をさらに細分化した七十二候で1月20日から24日を「款冬華」(ふきのはなさく)と言います。「款冬」とは「ふき」のこと。早春を代表するふきのとうが顔を出し始める頃という意味だそうです。相変わらず七十二候の言い回しは現代にないらしく、今回の「款冬」も文字の変換がなかなか出来ずでした。

あまり見ない漢字ですが、文字の感じから冬の厳しい中でも芽を出す生命力を感じます。

南国田辺も底冷えしており山側ではうっすら積雪もあった模様。日本海側も寒波で大雪ですね。冷え込みが厳しいですが体調を崩さないよう気を付けてましょう。

ーーー

当院で扱っている医療用プラセンタの会社UTPの営業松岡さんからお年始の挨拶とともに、こちらでも何度かご紹介している兄弟猫のマロンちゃんコロンちゃんの写真を頂きました♡

87_20220121140001

相変わらず可愛いです!いい表情してますね。茶トラってほんとキュート☆

Photo_20220121140001

「ああ、可愛いなぁ♪」と和んでいたら↑よく見ると写真を撮る家族の写真を撮る、すごい構図!ネコ飼いあるある、でありとあらゆる猫の写真を撮る、です。

Img_5579_20220121140001

うちもスマホの画像はほぼ9割ネコの写真です(笑)いつもマロコロちゃんに癒されてます、ありがとうございます!

…とネコで癒されていつものようにUTPさんの宣伝を忘れそうになるのですが…(苦笑)

当院は更年期障害で口腔内に症状が出る方が多数来院されるのでその対策で医療用プラセンタを取り扱っております。

口腔内の粘膜が引きつった感じや舌の痛みは主に更年期の唾液の減少からくることが多いので、その対処療法としてプラセンタ入りの保湿剤「CL Line」をお勧めしております。

Image1_20220121145701

塗り薬だけではなかなか更年期の症状が取れない…と言う方には、自費診療対応にはなりますがご希望があれば医療用プラセンタアンプルの注射も行っております。

更年期障害はこれといった治療法がなく悩んでいらっしゃる方が多いです。プラセンタの注射をして楽になったという方もいらっしゃるので一度試されては?詳しくはスタッフまでお問合せ下さい。

また医院専売のプラセンタの基礎化粧品の取り扱いも行っております。私自身が使っていて良かったので仕入れをしています。パンフレット等は待合室にありますのでお待ちの際にご覧ください。

…と言うわけでUTPさん今年もどうぞよろしくお願いします!

ーーー

診療所です。

スタッフ達に輪番でお花を活けてもらっているのですが今週は水仙と蝋梅が生けてありました。大寒ですが小さな春を身近で感じてちょっとほっこりしました。初春の香りをお楽しみください。

先日、当院の経理事務を担当してくれている栄養士の寺尾が誕生日でした!

456_20220121140001

毎年スタッフにはネーム入りのものをプレゼントしているのですが、今年はサーモスのタンブラーです!

私も個人的に欲しいものを選ぶようにしています。喜んでもらえて良かったです。寺尾さん、いつも医院の経理ありがとうございます!本当に助かっています。これからもよろしくお願いします!

今週も混みあっておりますがスタッフ一同頑張りますのでよろしくお願いします。

2022年1月16日 (日)

【スタッフコラム】今週の担当:津呂

新年

新年明けましておめでとうございます。

早いものでもう1月も半ば。年々、月日が経つのが早く感じます。

年末年始は長いお休みを頂いていたので、あれをしよう、これをしようと色々考えていたのですが、いざ終わってみると特別な事は何もせず、気づけばお休みが終わってしまっていました。

今年こそは重い腰を上げて、もっと計画的に時間を使えるようになりたいと思います。

お休み中は、娘と一緒に近所を散歩したり、お菓子を作ったり、実家へ帰って美味しいご飯をご馳走になったりと、のんびりと贅沢な時間を過ごさせて頂きました。

元旦に息子と私の父が2人で初日の出を見に行ったのですが、私は寒さと睡魔に負けてしまい、見に行くのを断念してしまいました。

その代わりに、夕方時間があったので、元日の夕日を見に行きました。

456_20220114214501

とても良いお天気だったので、海に沈む綺麗な夕日を見ることができました。

お休み中に診療所の買い出しもあったので、久しぶりに100円ショップへ行くと、今話題の韓国風インテリアコーナーがあり、可愛い花瓶や、前から気になっていた、六角形のミラーシールを思わず衝動買いしてしまいました。

5326_20220114214501

100円でこんなに可愛いアイテムが買えるのはお得ですよね。

ゆっくり見て回ると、掘り出し物が沢山あり、テンションが上がってしまいました。

手前にあるミッフィーも一目ぼれで、見ているだけで癒されるので、最近のお気に入りです。

今年の3月には、まさご歯科に入社し、丸一年。

自分自身にとって、『成長』の1年にしていきたいと思います。

今年も気を引き締めて頑張りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

Img_5406_20220114214501

今週のお花は、ギョリュウバイを選びました。

梅の花に似た、小さなピンクの花が可愛らしいです。

もうすぐ梅林の季節。

今年も梅の花を見に行きたいと思います。

ーーー

以上、津呂のコメントでした。早いものでもうすぐ1年ですね!即戦力で助かっています!今年もよろしくお願いします。

2022年1月15日 (土)

寒さ厳しく

コロナが猛威を振るい始めてはいますが、今年は各所で成人式が行われた模様。

田辺でも成人式が行われ、たまたま市役所の前を通ったら華やかな晴れ着姿の新成人を見かけました。やはり振袖姿っていいものです。

たまにビックリするような高価な総絞りや今ではなかなかお目にかかれない古典的な刺繍の入った立派な振袖を着ている方を見かけます。

そんな方は髪を日本髪に結われ髪飾りも上品だったりします。お母様やおばあ様の趣味がいいんだなぁ、素敵なお嬢さんだなぁと惚れ惚れします。私に娘がいたらどんな振袖を用意しようかなぁ…なんて妄想してしまいます。

今は半襟をレースにしたり奇抜な柄の振袖なんかが流行っているようですが、やはり古来の正統派な着こなしをされていると美しいと感じます。

年明けから華やかな風景が見れて眼福でした。幸せな笑顔はコチラもお福分けで嬉しくなりますね。

ーーー

1月10日から14日までを季節を表す七十二候では「水泉動」 (しみずあたたかをふくむ)と言います。

地中深い所で凍っていた泉が再び動き始める、という意味だそうです。まだ寒くても地中では春に向けて動き出しており、厳しい寒さの中でも暦は着実に春へと向かっています。

1月15日から19日までは「雉始雊」 (きじはじめてなく)。雉が一年の中で初めて鳴く時期、という意味です。雉の雄の求愛が始まる頃なんだそう。ケーン、ケーンと甲高い声でバタバタ激しい羽ばたきでアピールします。

諸説ありですが、人の頼みや相談事を不愛想に拒絶するという「けんもほろろ」は雉の雄が必死に求愛しても雌が相手にしない様からきているらしいです。ケーンもほろろ、と言ったところでしょうか。

雉の求愛の鳴き声は3月が一番盛んだそうですが、この声が聞こえ始めると春が近づいた一歩なんですね。

とは言ってもまだまだ極寒、体調管理に気を付けて春を迎えたいです。

ーーー

先日、この春入社予定の新卒歯科衛生士Fさんがユニフォームの採寸でお見えになりました。

5326_20220113100201

新卒入社前の2月末から3月末にかけては各医療機関で発注が殺到してユニフォームの確保が難しいので早めに仕入れをしないと可愛いのが手に入りません。ということで何事も早めに準備をということで。

当院は歯科衛生士のユニフォームは単一ではなく飽きないように何種類か用意しています。着てテンションが上がるものをと頑張って探しております。私には子供がいないのでスタッフが子供のようなものです。我が子の服を選ぶ母の気持ちです。気に入ってもらえたらいいなぁ。

その他、個人用のハサミやらなんやら細かい発注もあります。人が入るという事は準備が大変でしてリストアップして仕入れをしていきたいと思います。

そういえば去年のこの時期に歯科助手の津呂が入社前だったのでユニフォームや備品の仕入れにバタバタしていたなぁと思いだします。津呂ももう入社して1年になります。ほんと1年って早いですね。早田がマンツーマンで指導担当をしてくれて今では立派な戦力で活躍してくれています。

早田は穏やかな性格で優しいので新人さんも委縮せずに教われると思い毎回新しい方が入ると指導担当をお願いしています。適材適所で資格関係なくスタッフに業務の振り分けするようにしています。

早田さんいつも新人指導ありがとう!助かります。またFさんが入社したら岡田さんと協力して指導お願いします!

ーーー

診療所です。

今月は毎年恒例のコンクール福袋入りキャンペーンをしております。この機会に買い置きおススメしてます!

診療所の物販ですが、私がまず試してみて良かったものを中心にラインナップを展開しております。

今販売しようかどうしようか悩んでいる品がコチラ。

456_20220113100201

ポケットティッシュ型の携帯用使い捨てペーパータオルです。

出先で手洗いした後ハンカチやハンドタオルで手を拭くと濡れて湿ってしまいますよね。それをカバンにしまうのが嫌で…。最近特に出先で手洗いをする回数が多いのでベチャベチャになります。

何かいいものはないかなぁと思っていたら!さっそく使ってみたところ、ペーパータオルも程よい厚さで手を拭いても破れたりダマになりません。だいたい1枚で拭きとれます。なんといってもポケットティッシュサイズで携帯しやすくハンカチを使わずにすむというのが本当にイイです!

アフリエイトでも何かの回し者でもなく純粋に使ってみて良かったので本当におススメなんですが、いかんせんパッケージが地味なので販売に耐えれるかなぁと不安要素がありまだ診療所の販売品として出していません。

無印良品で販売している同製品は在庫切れで入荷未定というくらいにヒット商品らしいです。

「これ買ってみたい!」と言う方はぜひスタッフまで!お声がありましたら販売GOしたいと思います。

今週もかなり混みあっておりますがスタッフ一同頑張りますのでよろしくお願いします。

 

2022年1月 9日 (日)

【スタッフコラム】今週の担当:寺尾

2022年スタート

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆様、年末年始はどのようにお過ごしになられましたか?年末はクリスマス寒波や年末寒波で寒かったですね…私は大掃除をしてみたり、今年中に読み終わろうと決めていた本を年末ギリギリに読み終えたりとのんびりと過ごしていました。年越しは夢の中で目覚めたら元旦の朝でした()

毎年言っているような気がするのですが、今年もお菓子の食べる量を減らし最近さぼりがちなので適度な運動を心掛けていきたいと思います。

そして寅年ということで阪神タイガースの優勝を心から願いつつ応援したいと思います!

さて昨年のコラムに引き続き救馬渓観音さんのかわいい柴犬の紹介です!

5326_20220108182101

柴犬ちゃんに癒されながらこの日はお守りをいただいて帰りました。

Img_5406_20220108182101

その後12月末にもお参りに行き、かわらけ投げをしました。

かわらけという小さなお皿を投げて遠くにある輪の中を通ると願いが叶うと言われているそうですが、輪にかすることもなく失敗しました…そろそろ帰ろうとした時、もう一匹の猫ちゃんに会うことができました!

Photo_20220108182101

寒かったからか一瞬で室内に戻っていき、後姿しか写真に収めることができませんでした。かわらけ投げは失敗に終わりましたがいいことがありました!前回の猫ちゃんには会えずでした…かわらけ投げの場所が山の上だったので、次の日少し筋肉痛で日頃の運動不足を痛感しました。やっぱり運動心掛けます…

456_20220108182101

今週のお花はガーベラとスターチスとカスミソウでした。

ーーー

以上、寺尾のコメントでした。今年のスタッフコラムのスタートは寺尾からです!寺尾さん、今年もよろしくお願いします。我が家も阪神タイガースの優勝、心から願っています!

2022年1月 8日 (土)

診察開始

1月5日から二十四節気で「小寒」になります。

456_20220105093401

小寒は本格的な寒さが訪れる季節のことをさします。年明けからの寒さは身に沁みますね。小寒に入ることを「寒の入り」、節分までを「寒の内」と言います。

二十四節気をさらに細分化して季節を表した七十二候で5日から9日までの間を「芹乃栄」(せりすなわちさかう)。空気が冷えて澄みきり芹がよく育つ時期です。1月7日は七草がゆを頂く習慣がありますが、芹は春の七草のひとつです。

春の七草、みなさんご存じですか?

セリ、ナズナ、ゴキョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロです。

萌え出たばかりの七草の芽を食べることで新しい生命力を身につけ気を祓い無病息災を願うために七草がゆを食べるんだそう。

お正月はご馳走を食べがちだから正月明けの胃休めに七草がゆを…と思っている方も多かったのでは?

私もそうです(笑)個人的に私は苦みのある山草が苦手でいまだに食べられません。フキノトウの天麩羅などは大人になったら「美味しい」と食べられると思っていたのですが、このままだとおばあちゃんになっても苦手かもしれません。

その他にも1月11日は「鏡開き」。

寒に入って9日目を「寒九」。13日頃をいい「寒九」に水を汲み薬を飲むと良いとされています。またこの日に降る雨は「寒九の雨」と呼ばれ法然の兆しがあるんだそう。

そんな感じで年明け周辺の季節のあれこれを調べてみました。小寒はお正月気分も抜け仕事などが始まる時期です。今年もぼちぼち頑張りましょう。

ーーー

みなさん、年末年始はいかがお過ごしでしたか?今年は思い切って主人が長めに休みを取りましたが、我が家はこれと言って何をするわけでもなく、食っちゃ寝でした。私の実家から餅がたくさん届いたため消費するのが大変でした。体重計が怖いです(笑)

毎年年末はダウンタウンの「笑ってはいけない」を見て年越しをするのが我が家のデフォだったのですが、放送がなかったので見るものがなく年末感が全くなかったです。やはりルーティンって大事なんですね。

年明けもこれと言ったテレビがなく…テレビ離れが進んでいるというのを実感しました。昔はお正月と言えばみんなでテレビを囲むというイメージだったのですが。

BSで放送していたヒロシのぼっちキャンプをかけ流したり、2時間サスペンスを主人と「犯人はあの人だ、いや違う」と犯人捜しをしていたら休みが終わっていました。

寝正月と言うのも、まあいいもんでした(笑)

ーーー

診療所です。

年が明けましたので、事務方はこの時期から昨年度の確定申告の書類整理に追われます。最近は早田や寺尾に現場実務の事務作業を手伝ってもらっているのでだいぶん助かっています。

うちの顧問税理士T氏は毎月労務と経理の定期監査をしに来院されるのですが「ご自身たちでお金の流れの把握をしないとダメ」という主義なので丸投げNGで一緒に確認をして処理をするタイプ。ある程度毎月整理しているとはいえ年度末の書類整理が結構大変なんです。毎年この時期になると「会社員の勤めの時がいかに楽だったか」と半べそをかきながらの処理となり自営業の大変さを思い知らされます。

顧問税理士T氏とは私が20代半ばに某開業医に勤めていた時からのお付き合い(その医院に上司と一緒にT氏は新人税理士として同行されていた)。

そのご縁がきっかけで開業前からのすべての経理労務関連全般をお願いしています。彼がいなかったら金銭的な面で開業はできていませんでした。そんなわけで彼とはかれこれ知り合ってから20年以上。主人よりも付き合いが長いので私の性格を完全に把握されておりツーといえばカーですべてを言わずとも適切に処理をしてもらえます。

この春で開業して16年目になりますがスタッフ達、顧問税理士T氏、歯科材料店さん、技工所さん…もちろん患者様、いろんな方に支えられて今があると本当に感謝です。今年は新しいメンバーも増えますので気持ちも新たに頑張りたいと思います。皆さまよろしくお願いいたします。

そう、春から新メンバー入職のためスタッフ達と指導要綱を昨年秋から作り始めていました。

Photo_20220107221601

確定申告で年明けからバタバタするのが分かっていたので早め早めに作り始めていました。年末までにスタッフ達にたたき台を作ってもらったのでそれを確認してタイプアップをする作業を行っています。

新卒をお預かりするという事は、その方の社会人としての大切な人生のスタートをお預かりする事です。

新卒採用をするという事は責任をもってきちんと育ててあげないといけないと私は考えております。

「歯科衛生士」だから、「歯科助手」だから…ではなく社内のスタッフみんなで役割分担をして全員で育てて、「チームで仕事をする」という事はどういうことかを学んでもらえたらと思っています。

その第一歩として全員で指導資料を作成しています。

年明けからまた中身を精査してお迎えが出来る準備を進めていきたいと思います。

では、週明けもかなり混みあうことが予想されますがスタッフ一同頑張りますので今年もよろしくお願いします。

2022年1月 2日 (日)

2021年のリフォームとメインテナンス

マイホームを建てたらメインテナンスが大事と言いますが、それは診療所も同じ。

多くの患者様の出入りがありますし、なにより医療機関であるのでキレイに保ちたいものです。

ということで、当院では毎年なにかしらのメインテナンスを行っております。

主人と私がこの診療所の開業前の建築に関わった時には、いろいろ訳あってもう図面は完成しており工事も最終工程でかなり建築が進んでいました。

「歯科」について知識のない設計士さんだった、私たち夫婦の実際の臨床現場の意見が全く入っていない設計であったため、診療所部分が臨床目線からみた時に非常に導線が悪く使い勝手が悪い状況での引き渡しでした。完成時からリフォームしないとこれはちょっとスムーズな診療は難しいかも…という心配が確信にかわるのに時間がかかりませんでした。

そんな訳で自分の理想する診療所への作り替えのリフォームを毎年少しずつ行うことになりました。

開業してすぐはさすがに予算がなく大掛かりにリフォームが出来なかったのですが、開業3年目に私が好きなテイストをデザインするデザイナー兼設計士さんに依頼して診察室内装をオシャレに変えてもらい、そこからは毎年細々としたカスタマイズを繰り返して11年目にやっと念願の待合室を全面改装するまでになりました。

待合室のリフォームですが、開業当初は3人くらいしか患者様が待つスペースがないような極狭待合室なのに、何故か待合室よりも広い患者様用トイレ…というような謎設計だったのが非常に気になっており、せめてトイレを最低限のスペースにして狭苦しい待合室にゆとりを持ったスペースを確保したいという希望がありました。

3年目の改装の際にお願いしたデザイナー兼設計士さんが建築の仕事自体を辞められてしまったので、今回は新しい方を立てずに工務店の方と一から私が細かく打合せをして作り直すことにしました。このリフォームにあたり、お洒落な都会の医科・歯科の開業医の診療所を見学に行ったり、診療所建築の書籍などでかなり調べたりと初期の頃のように悔いがないようにかなり勉強し頑張りました。

非常にリフォーム代は高くつきましたが、今の待合室の形に作り替えることができ満足しております。

やはり自分が納得いくまで打ち合わせをし工事現場に足を入れないと希望のリフォームは出来ないですし、建築をしてはいけません。

そして昨年は開業してから唯一触っていなかった洗浄室のリフォームを行うことにしました。

ありがたいことに増患で洗浄室が手狭になっていたので主人の院長室の一部を削って洗浄室拡張工事となりました。その際に合わせて診療室クロス張替、天井の張替、パテーションの作り替え、各種ペンキ塗り替えなども併せて行いました。

工期およそ2週間。

456_20211230081001

思った以上に大掛かりです。旧洗浄室・院長室をすべて撤去しスケルトンにした状態からの作り直しです。

今回は洗浄室を日々の業務で実際に使うスタッフに設計のアドバイスを貰いたいという事で歯科助手の寺尾に一緒に設計から立ち会ってもらいました。洗浄室の図面作成立ち上げはすべて寺尾案です。

寺尾がスタッフ達にヒアリングをして使いやすい形になるように意見を取りまとめてくれました。

業務の導線は今回は歯科材料店さんなどと詳しく打ち合わせをして無駄がなく楽な導線にこだわりました。

9865_20211230081001

洗浄室の中の流し台などはすべてカスタマイズの特注品です。

Photo_20211230081002

清潔に保てるようステンレスメインで作業台等を作ってもらいました。コロナもあり消毒滅菌をさらに強化する事ができたので、この時期に洗浄室を直しておいて本当に良かったです。寺尾さん、図面監修本当にありがとうございました。

Photo_20211230081001

診療室も細かい所を合わせてリフォーム。

ビフォーアフター画像がないので分かりにくいですが、天井もすべて張替で段差天井は建具に合わせたダーク色に張り替えてます。正面は今流行りのアクセントクロスを採用し汚れが目立たないダーク系の濃い色の壁紙に張り替えました。照明もダウンライトをいくつか増設しています。

診察室も今どきの流行を取り入れた新しい感じに生まれ変わりました。

ちょうど年末に工事をしたので工事をして丸一年になりますが、リフォームをしたことがだいぶん前な気がするくらいに馴染んでいます。

ーーー

そして夏には汚れが目立ってきていた外壁と木で作っていた外装が朽ちてきたのでそのやり変えを。

最近インスタなどで「外構工事ってホント高い」と嘆き記事を見ることが多いですが…外構工事ってホント高いです!請求書を見て目が飛び出ました(苦笑)

外壁塗装も前回5年前に行ったのですが、白壁なのでやはりそれくらいのスパンでの塗り替えが必要なんですね。気にしなかったらいいのですが、壁が薄汚れていると何だか全体が汚らしく見えるので多少コストがかかってもこまめに塗るようにしています。

5326_20211230081001

足場を組んでの作業になります。足場があるとなんかすごく「リフォームしてる!」感がありますね。あいにく塗装をお願いした時期はなぜか長雨。なんやかんやで半月以上足場がありました。

外回りもこの際に不具合は直そうという事で外壁ダウンライトのやり直しやらいくつか直しました。

キレイになった外壁と外構はコチラ!

5434_20211230081001

特に外回りは大きく変えていないので変化が分かりにくいかとは思いますが現状維持を保つことができました。

診療所がある海蔵寺周辺は「海蔵寺通り」と言って街並み保全地区に指定されており和風建築風の外観をという縛りがあります。そんなわけで白壁と瓦の外観になっています。

3436_20211230081001

もし私が初期からこちらの外観建築から関われたらこの「街並み保全」の縛りがあった場合にどうデザインをお願いしたんだろう?たぶんこの形にはなっていなかったかな。

以上が2021年に行ったリフォームになります。

これで待合室、診察室、洗浄室、外壁、外構と診療所でリフォーム可能な場所はすべてリフォーム完成しました。開業当初が残っているのは外観のみですべて新しい設計に置き換わりました。

最初からきちんと設計にかかわっていたらここまで遠回りはしなくてよかったんですが、結果的に15年かけて良いものが完成してよかったです。

今後診療所を開業される先生方は悔いのないようきちんと設計士の方と工務店の方とで相談し自分の思い描くものを作って頂ければと思い、うちの今までの診療所建築失敗談を折々に掲載してきました。

特に息子・娘が都会に勤めに出ていて遠方から数十年ぶりにUターンで帰ってくる「親子継承」の場合は「継ぐ方」はなかなか遠慮をして意見が言えないという場合が多々あります。何十年も重いローンを担い今後その医院で中心となるべく「継ぐ子供」の意見が最優先だと思います。

今は親世代のような設計はしません。時代は変わっています。

親子であるがゆえの甘えで親任せになったり、親の意見が強くなったりしがちですが負けずに自分の意見を通して下さい。

設計士選び、工務店選び、設計、建築は親世代が決めるのではなく、必ず子世代が決めて下さい。建てるのは子世代です。親世代ではありません。でないとこのようにもう一軒診療所が建つくらいのリフォーム代が後々にかかってくることになります。大げさではなく分院が建てれるくらい、それくらいリフォーム代がかかりました。

私たちが背負ったこのような継承建築の苦労を新しく未来のある若い先生方に負ってもらいたくはありません。

むしろ継承などせずに自分が好きなところに誰の遠慮もなく建てることをお勧めします。今は田舎に帰ってきたとて若先生の医院が流行るとはいいがたい時代です。配偶者や子供がいる場合は特に住み慣れた土地での開業をお勧めします。ゆかりのない土地に引っ越してきた奥さんと子供が本当に本当に苦労します。親を継がないといけないという事はありません。

まあ、それくらい開業するという事は苦労を背負うという事です。せめて建てる時は自分の思うように建ててほしい、そんな気持ちです。

ということで、最後は話がそれて熱く語ってしまいましたが昨年のリフォームレポでした。キレイな状態を維持し患者様に気持ちよく通院してもらえるよう今後もメインテナンス頑張ります。

 

2022年1月 1日 (土)

迎春

新年あけましておめでとうございます。

Hp2r39_20211229102001

昨年は大変お世話になりました。

本年もスタッフ一同よりよい医療を提供できるよう主人、スタッフ共に努力してまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

ーーー

令和4年の最初の七十二候は「雪下出麦」。ゆきわたりてむぎのびる、と読みます。

重い雪の下で少しずつ芽をのばしていく麦。暖かくなる春を待っています。麦は別名「越年草」とも呼ばれ、秋に種がまかれ雪や露にも耐え年を越し初夏に収穫を迎えます。

大晦日から元日にかけて108回突く除夜の鐘。なぜ108回かと言うと、諸説ありますが、月の数、二十四節気、七十二候の数を足したものなんだそうです。知りませんでした!

その他にも1月は「睦月」と言いますが、睦月の季語で面白いのが「嫁が君」。

正月の三が日は「鼠」は忌み言葉になるので鼠の異称である「嫁が君」を使います。鼠は多産なことから古来より子孫繁栄のシンボルとされていて、白い大黒鼠は豊穣や福徳を司る大黒天の使いです。正岡子規も「行灯の油なめけり嫁が君」と詠んでいます。

御年始の季節の言葉を調べるだけでもいろいろエピソードがありますね。勉強になります。今年も季節に合ったちょっとした豆知識を調べてお伝えできればと思います。お付き合いください。

ーーー

年末年始、皆様はどうお過ごしでしょうか。

こちらのコラムにもありましたように年末に岡田の挙式に参列してきました。

3436_20211230074701

田辺市の世界遺産「紀伊山地の令嬢と参詣道 」の一部、国の名勝「南方曼陀羅の風景地 」の一部である闘鶏神社での挙式でした。

闘鶏神社は、御祭神の中に熊野三山(熊野本宮大社、熊野那智大社、熊野速玉大社)が勧請されており、かつて険しい熊野詣が困難な人々はここに参拝することで三山参詣に替えたと言われています。

南方熊楠は熊野の植物研究をしたのが闘鶏神社の森とのこと。ちなみに熊楠の妻は闘鶏神社の宮司の娘さんなんだそう。

5434_20211230074701

冬の凛とした空気の中での挙式は神々しかったです。詳しくは岡田のコラムをご覧ください。

岡田さん、結婚おめでとう。末永くお幸せに。

最近はもう結婚式に参列することは少なくなりましたが、ピークの頃はよく着物で参列していました。着物で行くとご親族さんにも喜ばれますし華がありますしね。

あの着物とあの帯を合わせて…ならあの帯揚げと帯締めかなぁと組み合わせを考えるのも楽しいです。普段は自分で着物の着付けをするのですが、結婚式の場合は美容室で着付けと髪を結ってもらいおめかし出来るのでワクワクします。おしゃれできる機会ってなかなかないですもんね。

独身時代、神戸に住んでいるときは着物のオフ会などで着る機会があったので着物はよく着ていました。田辺に来てからは茶道を習い始めたので折々に着物をきてお稽古に参加します。…が、昨年はコロナでお茶会もなくなり全く着ませんでした。

着ていないと着付けも忘れてしまいますし、着物もお手入れしたいし…で今年こそは茶会がなくても着物を着よう!と目標を立てておきます(笑)

ちなみにコロナになる前に猫の帯と空色の着物を誂えていたのですが、まだ開けていません…。今年こそはこの着ていない着物にも袖を通したいと思っています。

みなさんは今年の目標はなにか立てられましたか?

ーーー

このコラムは通常時は土曜日が私担当、日曜日はスタッフが輪番で担当しているのですが、今週は診察が休みなのでスタッフコラムもお休みです。というわけで、明日も私の駄文にお付き合いください。

 

2021年12月26日 (日)

【スタッフコラム】今週の担当:早田

今年ラストコラム

もうすぐクリスマス!(このコラムが掲載される日にはクリスマスは終わっているのですが…)若いころに着ていたサンタ服が出てきたので、今年はサンタ服着ようかなあ、とか、クリスマスは何を食べようかなあ、とか私の頭の中は完全にお花畑状態で…クリスマスが楽しみです。

先日、先生、いくみ先生がコロナ禍で忘年会が出来ない代わりに、と松島園さんのステーキ弁当を買って下さりました。

5434_20211226150801

本当にここのステーキは美味しくて、あまりの美味しさに、会話をすることを忘れてしまう程、みんな夢中で味わっていただきました。

Image1_20211226150801

さらに、デザートにはクリスマスの可愛いホールケーキをいただき、美味しさと可愛さに癒されました。

クリスマスのプレゼントに、フェイラーの素敵なハンカチまでいただいて、大人っぽくてかわいくて、とてもお気に入りです。先生、いくみ先生、いつも良くして下さり、本当にありがとうございます。

2021年のスタッフコラムは今回の私でラストになります。

今年は年末年始のお休みスタートが早めで、いつもよりお休みも長いので、12月最後の一週間は自宅で大掃除や、家事に力を入れたいなあと思います。また、ドラマが好きな私は、ドラマや映画などが7万本以上見放題の、動画配信サービス「Hulu」にも最近登録したので、昔好きだったドラマや、見てみたいドラマが沢山あり、忙しくなりそうです!

ゆったりとのびのび、お正月休みを過ごしたいと思います。

今年も一年、患者様、先生方、スタッフのみなさん、本当にありがとうございました。来年も精いっぱい頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します。少し早いですが、みなさん、良いお年をお迎え下さい。

今週のお花は、ガーベラファーム西浦さんから、ガーベラを沢山いただいたので、可愛く飾らせて頂きました。

Image2-003

西浦さん、今年も沢山可愛いガーベラをいただいて、本当にありがとうございました。

ーーー

以上、早田のコメントでした。まさご歯科2021年ラストコラムは早田が締めてくれました!   

こちらこそ、早田さん今年もお世話になりました。津呂さんの指導に始まり診療所の各種業務本当に助かります。来年もよろしくお願いします。

2021年12月25日 (土)

本年度の診察終了しました!

12月22日を季節を表す二十四節気で「冬至」と言います。

冬至は有名なのでみなさんお耳にされたことはあるかと思います。一年で一番昼の長さが短くなる日のことです。

66656_20211224090801

朝はなかなか明るくならず、夕方は日が落ちるのがすっかり早くなりましたね。

冬至は最も太陽の力が弱まるため「死に一番近い日」と言われていました。

そんな冬至のあたりに芽を出す植物があります。一見枯れたような草で「夏枯草」と言います。その植物そのものがタイトルになっているのが12月22日から25日までの七十二候の「乃東生」(なつかれくさしょうず)です。夏枯草の別名なんだそう。

冬ですべての活動が停止したような中で、たとえ枯れた感じに見えたとしても新しい命の芽吹きを始める夏枯草は昔の人たちのちょっとした希望だったのかもしれませんね。

冬至と言えば「かぼちゃ」。先日スーパーに買い物に行ったらやたらかぼちゃが売り出し中だったので「あ、冬至か」と気づきました。食物が乏しくなる冬に栄養価が高く風邪予防になるという理由で冬至にはかぼちゃを食べるんだそうです。

その他にも「ん」がくつ食べ物を食べると縁起がいいんだとか。

「にんじん」「キンカン」「かんてん」「れんこん」…などなど。そういえばカボチャも「なんきん」ですね。

なぜ「ん」がつく食物が縁起がいいのかは諸説ありますが、いろは歌の最後が「ん」なので一陽来復のように開運だ、という説目あるそうです。

冬至に関してはいろいろエピソードがありすぎて書ききれませんが、重苦しい冬を乗り切る先人の知恵がたくさん詰まっています。

ーーー

12月24日午前診察で本年度の診察を終了致しました。

5434_20211226211301

職業柄まだスタッフ全員での会食は難しいと判断したので、忘年会の代わりにステーキ弁当にしました。ここのお肉ほんとに美味しいんです。お肉はやっぱりテンション上がりますよね☆

デザートにはクリスマスケーキを。

3436_20211226211801

今は洒落たケーキが多いので、かえって昔ながらの「The クリスマスケーキ」が新鮮に見えます。砂糖菓子のサンタさんってなんだか懐かしい。

私からささやかですがスタッフ達にクリスマスプレゼントを渡しました。みんな今年もいろいろありがとう!

456_20211224090801

開業してからずっと年末にはリフォームをしていたのですが、今年は年内にいろいろリフォームを済ませてしまったので本当に久しぶりに何も業務のないお正月です。

2021年は洗浄室のリフォームから始まり外壁塗装・外構やり直しでした。何やかんやと今年もたくさん手直ししました。

医院は生き物なので常に手入れをしていかないといけません。建てた時はもう全く分からず知らぬ合間に設計が進んでしまい、実際に開業したら診療室がほぼ不具合だったので毎年少しずつ自分の好みに合うようにバージョンアップをしてやっと完成形に近づいてきました。今年のリフォームレポートをしようしようと思いつつまだ出来ていないので年末年始にまとめてアップしたいと思います。

年明けは1月6日から診療開始になります。

若い頃は年末は29日まで1月は4日から診療をして休日診療などもこなしていたのですが、近ごろ夫婦二人でそんなにガツガツ働かなくてもいいかなと思うようになり今年は近隣医院よりもかなり長め休みをとりました。

普段の診察がかなり忙しいのでスタッフ達も年末年始はゆっくり休んでもらいたいという気持ちもあります。出来る限りホワイトな環境で仕事をしてもらいたいといろいろ業務改善中です。

そんなわけで、週明けから診療が長期休みになります。休みの間にお痛み等がございましたらお近くの歯科医院さんへの受診か歯科医師会休日診療所への受診をお願いしております。ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが何卒宜しくお願い致します。

…ということで今回が本年度最後の私の担当コラムとなります。(といっても来週もいつも通りに更新しますが)

来年は新卒の歯科衛生士スタッフが入職予定です。人手が増える分患者様への対応をより充実できればと考えております。

本年もいろいろとお世話になりました。来年もより良い医療を提供できるよう努力いたしますのでよろしくお願いいたします。

«【スタッフコラム】今週の担当:岡田

当院ホームページ