« 挨拶の発音と声のトーン | トップページ | 患者様に意外と好評、手書き院内新聞 »

2009年5月 6日 (水)

診察台、どこのメーカーがお好きですか?

最近、どこのメーカーのタービンやコントラ・ストレート(歯を削る機械の類)などもコネクター次第で使い回しOKの安価な診察台(チェア)がマイナー各社から出ていますね。値段を見ると通常の診察台の半額以下くらいでしょうか。

大学病院時代は12台チェアがありましたのでカボ以外の各社大手メーカーのほぼ全タイプのチェアが揃っていました。大学の時に一番人気があったのがオサダチェア。シンプルで使いやすいのでチェアが空いているとどの先生もだいたいオサダを使っていました。

デザイン的にはタカラベルモントがお洒落ですし、値段も値引率が大きいので導入される先生方も多いそうですが、なぜか大学時代のタカラチェアの故障が多くストレートやコントラなどを長時間使用するとモーターが熱を持ち熱くなって持てなくなるというトラブルが多かったので、どうしても主人・私共に「チェアだけは絶対にオサダ」と決めていました。

ですので、いくら歯科材料屋さんがタカラの非常に値引率のいいチェアの見積を持ってこられても、タカラの営業の方に薦められても「だってモーターが熱くなるから…」と駄々をこね、頑固に「オサダがいい」と貫きました。

オサダチェアは正直に言うと値引きが殆どありません。ですので非常に割高なのですが長く使うものですし、目先の値引きよりも自分達の使いやすいものを…ということでオサダチェアにしました。当時、和歌山県のオサダチェア担当だった長田電気の大西様(現在は神戸支店の所長さんをされています)にはチェア導入の際にかなり頑張ってもらい大変お世話になりました。

当院は最初チェアの新台が2台、あとは主人の義親が使っていた非常に古いチェアの椅子部分だけ張り替えたもの1台で合計3台でスタートしたのですが、古いチェアは超音波洗浄器がつけられない、まだ滅菌などの概念があまり浸透していない時代のチェアなので各部位の取り外しが出来ず不衛生、なぜか掃除しても掃除しても「古臭い」感じがして患者様を古いチェアにお通しすると露骨に嫌がる方が多く結局使わなくなり、エアー部分が壊れていたため常に機械室でエアーのモーターが動きっぱなしでうるさい事この上ないので修理をお願いしようと見積を取ったところ非常に高額なため放置状態。「患者様が嫌がるので使わない、エアー回りっぱなしでうるさい、電気代がかかる」ということでいつしか使わなくなり荷物置き場に…思い切って開業半年目で廃棄しました。

その場所は破棄してからカウンセリングルームとして活用できたので、思い切って廃棄処分して良かったと思います。この7月にこのスペースに新しくオサダチェアを導入することになりました。もちろん新台です。そうするとカウンセリングスペースがなくなるので倉庫として使っていた小部屋をカウンセリングルームに改装することになりました。

チェアの色目は先生によって好みが分かれるところですが、当院ではどの台も統一して淡いラベンダー色にしています。当院は土足診療ですので、はっきり言うと薄い色のチェアは汚れがかなり目立つため、一年に一度清掃業者の方にチェアの皮の部分の汚れを洗ってもらってワックスをかけてもらっています。

チェアの色を決めるときに担当の営業の方に聞くと「色違いで導入する先生も多いですよ」とのこと。「青い椅子にお座り下さい」「赤い椅子にお座り下さい」などと使い分けが出来るかららしいです。当院はこげ茶で内装を統一していたので前台色がバラバラ…というと統一感がなくなるので一色にしています。

今回、チェアを増台するにあたってオサダの配管なのでオサダチェアは確定していたのですが、今はどんなチェアがあるのかなと調べたら、カボが斬新過ぎるデザインでビックリしました。機械オタクやメカオタクの先生はカボを導入されている先生が多いですね(ドイツ製ですから)。私達はメカオンチなのでとにかくシンプルで使いやすく壊れにくいものを選びました。

チェアは各社特色がありますし、使い勝手の好き嫌いがありますから一概にどこのチェアが良いのかは各個人の感じ方が違うかと思いますが、チェアの雰囲気で医院の雰囲気が確定してしまうといっても過言ではありません。ですので、今後開業やリフォームを検討されている先生はご自身の想像する医院のイメージと合うチェアをショールームめぐりをして探されてはいかがでしょうか。安価だからといって飛びついても、結局は何十年も使うことになるものですから目先の値段に迷わされずに本当に使いやすいものを選ばれたほうがいいと思います。あまりメジャーでないメーカーのチェアを購入して、もしそのメーカーが倒産でもしたら修理部品が手に入らなくなります。メジャーメーカーのもので購入を検討されたほうがいいかと思います。

今回チェア導入に当たって色々資金計画を練っていたのですが、本当にチェアって高いですね…。

開業時に5台以上導入する先生はすごいと思います。当院は…資金繰りに無理があったため開業当時新台は2台しか買えませんでした。高い買い物なので購入の際は無理のない返済計画を。(←何かのCMみたいですね…苦笑)

私個人的には、デザインが良いのはタカラ、使い勝手が良いのはオサダ、機械の性能はカボ、ヨシダは特に良くも悪くもなく、モリタは…私には使いにくかった、といった感じでしょうか。

ケア用チェアはお洒落ですし安くつきますが、審美歯科や矯正歯科などならいいでしょうが、一般歯科の場合タービンが使えなかったりするので普通のチェアを導入したほうが無難です。それだけは確信して言えます。

自分のこだわりを一番反映するのがチェアだと思います。色々ご検討して自分にあったものをじっくり探されるのが良いと思います。

今日のヒトコト…高い買い物は妥協せずにじっくりと

« 挨拶の発音と声のトーン | トップページ | 患者様に意外と好評、手書き院内新聞 »

とりあえず診療日記」カテゴリの記事

当院ホームページ