« よく行くカフェ…田辺市「…ti」さん | トップページ | 6月4日むし歯のイベント実施!レポート(準備編) »

2009年5月31日 (日)

医院リフォーム① 院外の庭リフォーム

Imgp1733 当院の医院入口には小さな庭があります。

開業当初はとりあえず庭まで手が回らずに寄贈で頂いたツツジと椿を植えていたのですが、椿は伸びたい放題で義親が適当に剪定してしまったために坊主のようになり、ツツジもボサボサ。私が体調不良で半年休んでいる間に誰も庭の手入れをしなかったので庭は荒れ放題。しまいにはキノコまで生えてしまい、患者様から「キノコ生えてて気持ち悪い」まで言われる始末。

復職してからあまりにも庭がひどい状態なのが気になり、一番最初にリフォームで手を入れたのが医院の顔である庭でした。昨年は田辺市内にあるワールドスタイル様にお願いして医院のシンボルツリーである山紅葉を植えていただき、ブロック塀で囲ってあるだけの殺風景な花壇をお洒落な外壁材で庭を囲ってもらい、医院入口周りとスタッフ入口を区別するために格子戸の衝立を作りその前にも鉢を置いて萱を植えてもらっていました。

植物は生き物です。昨年は萱もまっすぐに生えておりキレイだったのですが、今年は横に生えてきて医院入口にまで伸びて来て患者様が手を切られたりして危険だったので、植え替えることとなりました。その際に山紅葉を植えている回りの草も生い茂ってきて手入れが大変になってきたのと少し飽きてきたので、院内改装のプロデュースとデザインをお願いしているbauHAUS labo.の鈴木氏にお願いして庭の植木の入れ替えを先週週末に行いました。

夏場は涼しくすっきりと、をイメージして今回は庭はあっさりとした感じで仕上げていただきました。

  Imgp1735Imgp1737少し小さな写真で分かりにくいかと思いますが、リフォーム前の写真を撮り忘れてしまい比較がしにくいので申し訳ないのですが、花壇の周りの下草がかなり伸びてきていたのでそれを取り除いてもらい、和風建築でよく植えられている苔のような草を植えてもらいました。まだ元気な草はもったいないということで植木職人さんが紅葉の周りに残してくれました。あとは、女性患者様も多いので緑ばかりでは…と植木屋さんの配慮から「ダンドウツツジ」という品種のかわいい小花も何種類か植えていただきました。少し雰囲気が変わったのでまた患者様からご好評いただけると思います。

Imgp1736 また医院入口左側の鉢に植えていた萱ですが、個人的には生け花の際に役立つのと斑入りの萱は珍しいので気に入って入るのですが、上記にもありますように患者様が手を切られて怪我をされたこともあり、新しいものと植え替えました。紅葉の一種だそうです。秋に紅葉して散ってしまうらしいので、散ったらまた植え替えましょうとのこと。巨大化した萱がなくなった分、医院入口周りがすっきりしました。萱はかわいそうなので別の鉢に入れて育てています。医院のどこかに置ければいいなと置き場所を検討中です。

まずは、医院外回りのリフォーム第一弾として医院花壇の改装を行いました。本格的な改装は7月に入ってからです。6月はむし歯の日のイベントとリフォーム最終打ち合わせと重なり大変ですが、患者様がより快適に医院で過ごしていただけるよう、そして待ち時間削減対策として色々と検討している毎日です。

随時、医院リフォームについてご報告いたしますね。

« よく行くカフェ…田辺市「…ti」さん | トップページ | 6月4日むし歯のイベント実施!レポート(準備編) »

当院ホームページ