« 努力は報われる | トップページ | ゴーストライター »

2009年6月11日 (木)

一番地域情報に詳しい「歯科コンサルト」は?

さて、通常は週末のみ更新なのですが、土曜日に当院の会計事務所の担当の方が月例の会計監査と経営チェックにお見えになるので今日は内勤して来訪時に提出しないといけない経理関係や事務関係の書類を作ったり整理したりしてます。

途中で数字で目がチカチカしてきたので、息抜きにコラムを書こうかなと。

こちらの地域には歯科材料店さんはたぶん私の知る限り2件しかありません。田辺西牟婁周辺(新宮手前くらいまで、串本なども含む)はこの材料屋さんですべて賄っているようです。現在は歯科材料は通販でも買えますが、やはり保障をつけてもらいたい大型機械などは歯科材料店さんを通して購入することになります。

当院は開業3年目ですが、主人ももともと神戸でずっと診療をしていたのでこちらの歯科医師の先生方とあまり交流がないのと、私自身も神戸の時は兵庫県歯科衛生士会に在籍して副会長の方に可愛がってもらっていたのでよく衛生士会の仕事を手伝っていたのですが、引っ越してからは衛生会に入会していない(今は医院がいっぱいいっぱいで衛生士会の仕事まで手が回らないので…スミマセン)ので、ほとんど地域の歯科情報が入ってきません。

では、どのようにして地域の歯科情報を入手しているのかといえば、歯科材料屋さんと仲良くして雑談をすることです。当院の担当している歯科材料店の方はとても勉強されていて経営のことなど詳しく話していて楽しく筋のある方です。こちらも本気を出して話さないと負けてしまうくらいに博識な方です。

その方と診療終了後や昼の休憩の時に時間があればよく話をします。

昨日も、昼休憩前に材料店の方がお見えになったので「今後の地域における歯科医院のあり方とは?」や当院の地域における歯科医院としての立ち位置について相談に乗ってもらって非常に参考になったのと「間違った方向性ではないんだな」と経営方針の再確認が出来て非常に有意義な時間を過ごす事が出来ました。

当院の歯科材料店の方は個人情報保護の観点から他院の情報を闇雲に流したりはしませんが、地域の歯科医院の現状について良くご存知です。あからさまに「チクリ」のような情報は流さないので安心してこちらも相談できるのと、間違っていないのかや「ここをこうしたらいい」などのかなりピンポイントにツボにはまるアドバイスをして頂けます。

一番、地域の情報を知っていて「どうすれば経営改善できるのか」を知っているキーパーソンは歯科材料店の方かもしれません。地域の情報をいち早く知っているのは歯科材料店の方ですので、「歯科コンサルト」として一番信用できる存在だといっても過言ではありません。

歯科材料店の方の対応を受付スタッフに任せきりで「注文の御用聞き」だけにしている先生も多いですが、材料店の方はいろいろな情報をご存知です。本当に役に立つ情報を持っているのは意外と歯科材料店の方だったりします。

忙しいときは仕方ありませんが、少し手が開いたら悩み事を歯科材料店の方に打ち明けてみると何か解決の糸口が見えてくるかもしれません。

紀南歯科器材の鈴木様には本当にお世話になっています。これからもアドバイス宜しくお願い致します。

歯科医院経営というのは一人では出来ません。患者様があり、スタッフがあり、そしてこのように支えてくださるブレーンや業者の方があってこそです。

最近経営について悩んでいたと言うのは事実です。ですが、このたび親身になって相談に乗ってくださった経営関係の皆様(ネッツトヨタVista works研究所の大原様、IBM人事のシニアマネージャーの間宮様、当院接遇担当の空心の山根様、そして会計事務所の亀岡合同総研の高橋様)には深く感謝致します。

当院でお世話になっている方のリンクを今日整理致します。当院の運営にご協力いただいている会社の方達は非常に心優しく、厳しく、そして親身な方々です。読者の方々には宜しければ当院の経営のブレーンである方々のHPやブログをご覧下されば幸いです。皆さんアツイ方々ばかりです。

その方達や患者様、スタッフあっての「まさご歯科」です。

日ごろの感謝にかえて。

今日のヒトコト…人はひとりでは何も出来ない。

« 努力は報われる | トップページ | ゴーストライター »

当院ホームページ