« 医療はきれいな仕事だけではありません。 | トップページ | ディスオーパに関する質問 »

2009年7月20日 (月)

作家さんいろいろ

私の周りには芸術派の方が多いです。

まぁ一番身近なのは実母ですが…。

母はもうかれこれ20年近く陶芸をしていまして、私が和歌山に引っ越すことになったのを機に自分の地元島根県へ帰郷。そこで窯をつくり窯元・ギャラリー「笑杷」をしています。

山奥の朽ち果てた大きな民家を激安月2万で借りて自分で再生して結構和モダンなお洒落にリフォームしていて「知る人ぞ知る」といった感じです。母の作品を作る工房、母の作品ギャラリーと音楽会や展示会など催し物ができるレンタルスペースになっています。

自分の母の事を褒めるのは小恥ずかしいですが、結構名前の通っている陶芸作家でして、ヨーロッパの芸術賞を受賞していたり、神戸や各地でもよく個展をしていたりしてます。母の作品は意外と高くて私には手が届きません(苦笑)日本芸術倶楽部というHPに母のかなり昔の作品が掲載されてます。よろしかったらこちら。地元のフリーペーパーなどで「隠れ家ギャラリー」等でよく紹介されたりしているので島根県安来の方はご存知の方もいらっしゃるのでは?

母からは「HPを作ってくれ」「ネット販売したいから手伝って」と言われるのですが、なかなか身内のものは手が回らなくて…。ちなみに母は全くPCが触れないので受注が入ったら私が代行しないといけないのでさすがに今の仕事をしながらでは無理なので「もう少し落ち着いたらね」となだめすかしてます。母さん、ゴメンね!

ちなみに当院で飾っている花器の一部は母の失敗作を失敬してきているものも何点かありますよ。ごつごつしている花器は母のものです。

母は多趣味というか、お茶・生花の師範を持っており、お琴も小さい時から習っていて地味に腕が良かったり、和裁・洋裁の資格も持っていて多芸な人です。見習わなくては。

田辺に来てからも結構芸術派の方とお知り合いになる機会も増えました。

Imgp1907

当院の看板や私達夫婦の名刺(これは経営関係や業者さんにしか配ってないので…)のデザインをしてくださっているイラストレーターの佳矢乃さん。基本的に媒体(広告のイラストなどのこと)や服飾デザインをされていらっしゃるので看板などのデザインはされていないようですが無理をお願いして当院の看板デザインをしてもらいました。

神戸にいるときは巻き髪にジャケットなどを羽織ってスカートにヒールかパンプスでブランドのカバン片手に「キャリア女性」風(いわゆる神戸風)の服装をしている事が多かったのですが、田辺に来てからは家と診療所の往復だけなので全くお洒落する事がなくなり、Tシャツに適当なパンツ、穿きやすいスニーカー、髪はひっつめるだけ…と女を捨て気味で…さすがにこれではダメ!と(苦笑)

こちらに来てからは「キャリア」系の服装は浮くのと通勤に電車を使わない、繁華街には行かない(というか、ない)、業者と会うときは基本的に診療所で白衣なのでジャケットなどを必要としなくなったので自然と服装が変わってきました。

あまり安物でテロテロな物を着ていると、さすがに狭い街なのでどこで誰に会うか分からないので、こちらに来てからはナチュラル系の自然素材のものを着る事が多くなりました。

私が気に入っているのが佳矢乃さんデザインの洋服ブラント「PASHiA」。雨がパシャパシャの「パシャ」なんだそうで。

素材がこだわっているので洗濯機で洗っても型崩れしませんし(←ここ、主婦には重要)、同世代の方が作られているので「私達の年代」が着て楽でお洒落なもの(子供がいて忙しくてもお洒落でいたい30代主婦の方に最適ではないでしょうか?)

一枚だけでも十分にお洒落に着こなせるようにデザインされているのでさっと引っ掛けてジーパンだけもOKのモノや、ワイドパンツもゴムで楽チンでデザインもかわいいので白Tシャツか簡単なシャツを羽織るだけで十分「お洒落」に見えます。

上の写真は佳矢乃さんデザインのもの。白いワンピースとカバン、佳矢乃さんのデザインです。(モデルが私なのと診療室の片隅ですみません!)下にひざ下のジーパンとインナーにタンクトップを合わせてるだけですよ。(さすがに外に出る時は二の腕隠しにカーディガンを羽織ってますが)あと佳矢乃さんのデザインのシュシュも持っていて自宅で髪を束ねるのに使ってます。当院のむし歯の日のイベントにスタッフに被せていた三角巾状のもの(言い方が古い…苦笑)が実はシュシュなんです。

佳矢乃さんのデザインのお洋服はネットショップ「PASHiA」で購入できますよ。

次の新作も秋冬で一枚でさっと着れてお洒落なトップスとパンツものが欲しいです。(←コラムで催促ゴメンナサイ)

芸術派の方は自分の思いを形に出来てうらやましいですね。

皆さん頑張って下さいね!

« 医療はきれいな仕事だけではありません。 | トップページ | ディスオーパに関する質問 »

当院ホームページ