« 仕事と家事と病気とのつきあい方 | トップページ | 保湿化粧水、置きました »

2010年1月30日 (土)

Dr.ヒロシの日記

毎回ご好評頂いている「Dr.ヒロシの日記」です。パソコンが苦手なDr.ヒロシに代り口述筆記をするコーナーです。今回は「ファッション」についてぼやくDr.ヒロシです。

Dr.ヒロシの日記

---

僕は服装や髪型は全く無頓着なんです。

嫁さんと付き合う前までは全く身の回りのものは気にしてなくて、昔の勤務医だったころの写真を今見ると、自分でも噴き出しそうなほどひどくダサい服装に髪型も繁華街の駅前にある「1900円、激安激早!」みたいな「忙しいサラリーマンのオッサン専用」床屋さんで切っていたので「ヘルメット」状態(笑)

嫁さんに「こんな僕のどこがよかったん?」と聞くと、嫁さんもさすがに写真を見て大爆笑で「こんなんだったっけ?どこがよかったんやろ」と。

ひどいなぁ(苦笑)

ま、結婚して4年目にもなるとこんなもんです、はい。

嫁さんと付き合うようになってからは、初期の頃は嫁さんはきっとあまりの僕の無頓着ぶりが気になったのか色々と服や靴などを勝手にたくさん買い込んできて今までの僕のダサいヨレヨレの服や靴を捨ててしまい、髪も「床屋」ではなく「お洒落系美容院」に連れて行かれて切るようになり「大変身」になりました。

服と靴と髪型を一気に変えたので「劇的ビフォーアフター」のようになってしまい、大学病院では医局の女医さんたちに「先生、一体どうしたの?」とさんざん詮索され、大学が休みの土曜日にバイトに行っていた歯科医院のスタッフにも「先生、オンナが出来たんでしょう?」とひやかされ大変でした。

女の人は鋭いので怖いです(笑)

あんなに付き合い始めは僕の服装や髪型にいろいろ手を焼いてくれていたのに、最近はあまり気にしなくなった嫁さん(笑)さすがにTPOに合わない服装をしていると口を出してきますがそれ以外はもうノータッチ。

いろいろ「あれを着て」「これを着て」とかまってくれていた時が懐かしいです(笑)

あ、今日髪を切ってきました。あまりにも伸びすぎて診療中に被っているオペ用帽子がきつくなってきていたので(笑)僕、髪が多いんです。

週明けの診療はさっぱりしてると思います。

---

以上、Dr.ヒロシのコメントでした。

最近私自身も病気になってから「どうせ自宅から車に乗ってすぐ診療所に行くだけだし」と服装に無頓着になってきているので、主人まで気が回らなくて…(苦笑)

決して主人への愛情が薄れたわけではないんですよ、ほんとに。

たまに、スタッフに「先生、靴下に穴開いてる(大爆笑)」と言われて恥ずかしかったりします。嫁として反省…。(「靴下に穴が開いてたらもう捨てて」といっても「まだもう一回穿けるかも」と捨てるのを惜しがる主人です。なので洗濯物の時にチェックして捨てるようにはしてるんですけど、たまにチェック漏れがあってこんな事態に…)

お互いもっと服装などに気を使わないといけないですね。

身の回りに無頓着になるのは「老化」の一歩なので気をつけます。

自虐夫婦ネタでした(笑)

« 仕事と家事と病気とのつきあい方 | トップページ | 保湿化粧水、置きました »

Dr.ヒロシの日記」カテゴリの記事

当院ホームページ

リクルート/採用情報



  • 2020年度の新卒歯科助手求人は募集はありません。

  • 2020年度の新卒歯科衛生士求人募集はありません。