« Dr.ヒロシの日記 | トップページ | 車椅子実体験 »

2010年3月21日 (日)

餅まき大会初体験@救馬渓観音

Imgp2534   Imgp2538

田辺では「餅まき」はおめでたいことやお祭りなどでよく行うそうですね。地元ではない私は「餅まき」の習慣はこちらにきて初めて知りました。

今日、救馬渓観音の「厄除け餅まき」に主人が連れて行ってくれました。私は「餅まき」初体験ですが主人は高校まで田辺育ちなので「餅まき」は慣れたもの。「餅まきはほんとに久しぶりで血が騒ぐわ」とやや興奮気味。

午後3時からの「餅まき」に参加したのですが、15分ほど前に救馬渓観音に到着するともうすでに皆さんゴザ持参で場所取りをして各自マイビニール袋やマイカゴを手にスタンバイ状態。あまりの人の多さと熱気にかなりびっくりしました。

私:「何?この異様なまでの熱気は?一体どうしたらええん?(写真を撮ろうとカメラ片手に持ってる状態)」

主人:「いい?餅が降ってくるからそれをキャッチしようとせずに下に落ちた餅を拾うんやで。写真なんか撮ってる暇ないから止めとき」

と餅まき事前レクチャー。境内の鐘が鳴ると餅まき開始とのことです。場内アナウンスとともに鐘がなると皆さん戦闘体制。厄男・厄女の方達が壇上から餅をどんどん放り投げてきます。餅だけじゃなくパンやお菓子なども。餅の袋の中に色紙が入っていると後ほど景品と交換してくれると言うシステム。

私、開始早々に餅まきの写真を撮っていたら第一波の餅攻撃をもろに食らってしまいました。顔面に多数の餅が当たったかと思うとその落ちた餅をめぐり色んな人が餅争奪戦(笑)しばらく状況理解ができずにいましたが、皆さん我を忘れたかのように地面の餅をバーゲンのように奪い合っているので遅まきながら事態を理解した私も写真撮影を中断し戦闘参加。

でも、慣れてないので全然取れないんです。

落ちた餅はどこからともなく手が出てきて取られてしまいます。ふと横にいた主人を見ると一心不乱で餅を拾ってます。しかも早くて上手。下を向いて餅を拾っている主人の頭に飛んできた餅が多数当たって「痛っ!」と言いながらも必死で餅をかき集めていました(苦笑)さすが地元民!

なんとかかんとか、私も5個餅を拾う事が出来ました。その中に奇跡的にピンクの色紙の入った餅が!

景品交換所に行くとお酒を頂けました。ちなみに赤の色紙がカップヌードル、青・緑がティッシュペーパーかトイレットペーパー、黄色がエコバック?、ピンクがお酒、銀・金が特賞で大きな箱(中身不明)が貰えるそうです。

主人も赤の色紙の入った餅を取ろうとしたらすさまじい争奪戦だったそうで色紙入りは手に入れられなかったので悔しがっていました。

Imgp2540 家に帰って餅の数を数えてみたらなんと35個。主人あの短期間で30個も餅を確保していました!「こんなの少ないよ」と不満げでしたが…。

右の写真は今日の戦利品です。

私達は夫婦二人暮しなので餅35個を食べきるのは至難の業ですね。

頑張って食べたいと思います。

餅まきにエキサイトしすぎて疲れた一日でした。

追記)うちも医院の2階から「餅まき」ならぬ「歯ブラシまき」をしたいと主人に提案したら却下されてしまいました…。残念!

« Dr.ヒロシの日記 | トップページ | 車椅子実体験 »

田辺あたりのお店情報」カテゴリの記事

当院ホームページ