« 餅まき大会初体験@救馬渓観音 | トップページ | 勉強中ですが…脳の老化(苦笑) »

2010年3月22日 (月)

車椅子実体験

大学病院時代は自分の受持患者様に車椅子の方が多かったので車椅子の扱いはとりあえず慣れています。

当院もバリアフリーですし車椅子用お手洗いも完備していますので、よく介護施設から車椅子でお見えになる患者様も多いです。火曜午後診察が有病者歯科外来になっておりますので、主人が診察・私が介助しています。車椅子の患者様にはこの曜日にご予約をお願いする事が多いです。

どうしても有病者歯科外来に予約が合わない患者様でも主人も車椅子の扱いは慣れてますので私が留守の時でもご安心くださいね。

さて、この車椅子。操作する事はあっても今まで乗った事がありませんでした。

去年入院した際に検査で腰椎穿刺をした後に副作用で激しい頭痛が出てしまい起き上がれなくなってしまいました。その際に検査で外来におりる際に「危ないから」と医師から車椅子指示がでました。看護助手さんに車椅子を押してもらって病棟から外来へ。

私もそうなのですが、車椅子を押し慣れてくると結構早足で車椅子を押しがちになるんです。これが乗ってるほうからするとものすごいスピードでかなりコワイ。例えて言うなら「遊園地のちょっとしたスピード乗り物系」のスリリング感です。特にカーブは恐怖です。遠心力で振り飛ばされそうになります。ガタガタも振動がすごく伝わります。

「もうちょっとゆっくり押して~」と言うのが本音でした。

なんでも自分が経験してみないと分からないものですね。それ以降は自分で車椅子を押す時は気をつけるようにしています。

« 餅まき大会初体験@救馬渓観音 | トップページ | 勉強中ですが…脳の老化(苦笑) »

患者の目線から-SLE患者として-」カテゴリの記事

当院ホームページ

リクルート/採用情報

  • 詳細はまさご歯科口腔外科クリニック・リクルートをご参照下さい。


  • ■2018年度・新卒歯科助手
    2018年度の新卒歯科助手求人は募集はありません。
  • ■2018年度・新卒歯科衛生士
    2018年度の新卒歯科衛生士の求人は7月1日にエントリー予定です。しばらくお待ちください

当院掲載書籍紹介

  • まさご歯科口腔外科クリニックが日本の歯科100選-2012年-に紹介されました。2011年12月1日より全国書店にて販売中!