« いろいろ…あった1週間 | トップページ | 春の訪れ@都をどり&京おどり »

2010年4月17日 (土)

Dr.ヒロシの日記

パソコンが苦手なDr.ヒロシにかわり口述筆記するコーナーです。

Dr.ヒロシの日記

---

14日・15日と2日間にかけて当院にNHKの取材でカメラが入っていました。(詳しくは嫁さんの記事を見てください)

僕は通常は診療業務がメインなので、医院の広報関連は嫁さんが一切の窓口をしています。

嫁さんが入院中などで留守の際や僕宛に取材依頼が来た場合は容赦なく「すべてお断り」してるんですが、嫁さんは経営や接遇の講師の方やメディア関係の方と懇意にしているのでその経由でよく取材依頼が来るんです。

今回も「主に医院の場所提供とスタッフの接遇研修風景がメインだから私たちは映らないよ」と言うので安心していたら、なんと!僕のインタビューがあるとのこと。

Imgp2720

聞いてないよ~~~(泣)

しかもインタビュアーの方は外国女性の方@英語。(通訳してもらえましたが)

質問されても頭の中が真っ白になって言葉がでなくて何度も取り直し。しまいにはNHKのディレクターの方に

「先生、数秒しか使わないカットなので大丈夫ですから緊張せずにしゃべってください」

といわれる始末(苦笑)

嫁さんに映らないところでプロンプ(小声でセリフを教えてもらうことを「プロンプ」と言うそうです)してもらってカミカミでなんとか乗り切りました。

嫁さんは「私はあくまでも『まさご歯科』のプロデューサーなので裏方に徹します」とディレクションばかりしてるので現場の「シキリ」はしますが自分は絶対にメディア露出しません。ずるいなぁ…。

15日も診察風景でカメラが入ったので心臓が飛び出そうなくらいドキドキでした。

スタッフはずっとカメラを回されていても平気で「女優」状態だったのですごいなぁと感心。女の人は肝っ玉が据わってますね。僕はダメです…。

嫁さん、恥ずかしいので取材はもう勘弁してください(苦笑)

---

以上、Dr.ヒロシのコメントでした。

取材については明日まとめて記事をアップしますのでしばらくお待ちください。

« いろいろ…あった1週間 | トップページ | 春の訪れ@都をどり&京おどり »

Dr.ヒロシの日記」カテゴリの記事

当院ホームページ