« かわいい患者?さん | トップページ | 器具の滅菌について »

2010年5月30日 (日)

「明石焼き」

Imgp2773_2田辺にないので 神戸に行くと無性に食べたくなるものがあります。

それは「明石焼き」。地元では「玉子焼き」とも言います。

たこ焼き風ですが、たこ焼きではないんですね。名前の通り「玉子焼き」に近い味です。卵液にお出汁をたっぷり入れ中にタコを入れます。

焼きあがったものはお出汁に漬けて頂きます。お好みでソースを塗ってもOKですが、主人いわく「ソースを塗るのは邪道」らしいです。(私はソースをたっぷりつけてお出汁につけて食べる派です)

本当は明石のディープな商店街「魚の棚(うおんたな、と読みます)」まで行って食べたいところですが、三宮に「たちばな」という明石焼きの専門店があるのでそこでよく主人と食べます。

主人、実は大の「コナモノ」好き。たこ焼き・お好みは毎日でもOKというくらい大好きなんです。屋台などで「たこ焼き」を見かけると必ず買って食べてます(笑)

主人はちなみに田辺では万呂のAコープの所にある「たこ焼き屋」がお気に入りのようで、よく休日のお昼などに「たこ焼き買いに行こうよ」と催促されます。

日曜昼下がりなどによく出没しているので見かけたら「たこ焼き好きですね」と声をかけてあげてください(笑)

---

Dr.ヒロシのコメント

嫁さんはたこ焼きを買うとき「いっぱい塗ってください」と言ってソースをボトボトになるまで塗ってもらってます。見ているほうが喉が渇きそうです。ちなみに僕はソースは少なめ・マヨネーズ抜き派です。

« かわいい患者?さん | トップページ | 器具の滅菌について »

食べ歩き・旅行日記」カテゴリの記事

当院ホームページ