« 南部ロイヤルホテルバイキング@蘇州(Dr.ヒロシレポート) | トップページ | 激ウマ「ポン酢」@備長の郷 »

2010年6月20日 (日)

大学授業漬け@インターネット受講

Imgp3007

私は今、医療系(臨床心理学関係です)某通信大学の3年生です。

臨床現場で仕事をしていると歯科は「患者様と向き合う」ということに非常に遅れている科であることを日々実感します。特に当院は「口腔外科」なので症例によっては「口腔ガン告知」などのシビアな診断を主人がくださないといけないので、その際は患者様や患者様のご家族の方々の精神的なフォローなども必要です。その専門知識をつけないと…と開業してから常に感じていました。

もっと患者様に専門的な知識をつけて対応をしたいと思うようになり「認定心理士」と「産業カウンセラー」の資格を取るために大学に入学しました。世間では「受講したら簡単に取れる」カウンセリングの資格みたいなものが多いですが、私が働くのは「医療現場」。やはり大学できちんとした医療業界で通用する資格を取っておきたかったので三十路半ばですが大学生になることを決めました。すでに医療系学校を卒業しているので教養科目は免除なので3年編入が可能だったのでその点は少しラッキーでした。

私の所属している通信大学の受講生のほとんどが「看護師」か医療系資格保持者です。医療の世界は結構勉強熱心な方が多いんですよ。私の友達の同じ年の神戸大学病院勤務中の看護師の友達も数名、学校は違うのですが同じような「心理学系」の通信大学に通いながら仕事をしています。

医療職も30過ぎて中堅~ベテラン世代になってくると「若手」の時に見えてこなかった「患者様の心の奥のひだ」が見えてきてしまうんですよね。若手の頃は「若さの勢いパワー」でなんとかなったものが、年をとってそれなりに経験を積んでくるとそれでは逃げられないことに気づくんです。正面から向き合わないといけない事実をどう受け止めて患者様と接するのか。必ず「中堅になるとぶつかる壁」があるんです。その壁をどうのりきるのか…、で、ある人は通信大学などで心理学などの学校に入学して「今の自分に足りない何か」を求めて勉強・補填する人もあり、それを見てみぬふりをして「なんとなく日々に流される」人もあり…です。

ですので医療の世界では30過ぎると「勉強熱心系」と「その日をつつがなく系」の医療者に完全に分かれる傾向があります。

私も神大時代の良き看護師友達に刺激されて大学入学の運びになったわけです。

では、通信大学とはどんな感じで授業があるんでしょうか。

主に自宅学習と年数回の現場実習です。

地方なのでなかなか授業を受けに行くことが出来ないので基礎医療系の講義(医療には「基礎」と「臨床」という2分野に分かれます。大雑把に言うと「基礎」は主に座学中心、「臨床」は実習中心の科目)はすべて「インターネット授業」を受けています。実際に大学で行われている授業を地方在住者のために録画してインターネットで流してくれるシステムです。予備校の「サテライト授業」みたいな感じです。

この「インターネット授業」、基礎科目の選択する講座によって異なりますがコマ数が非常に多い…。1コマ1時間半×7~10時限、それに各コマごとに試験があり、最後に総合試験があるので1講座受講するのにかなり時間がかかります。

通信大学だと楽では?というイメージがあるかもしれませんが学生ではなく、一応社会人で仕事・家事(私の場合は闘病も)などをこなしながらの勉強になるので学生のように「勉強にかかりっきり」になるのが難しく時間調整が非常に大変です。私はとりあえず同じ医療分野なのでまだ何とか勉強についていけてますが、当院のスタッフも通信大学に通いながら仕事中、スタッフは全く違う分野の「法律系」なので勉強がかなり大変そう。「教科書読んでもチンプンカンプンなんです」とぼやいています。

このような基礎科目の「インターネット授業」をあと残り7講座、「カウンセリング実技」など臨床実習系や実技系は「スクリーニング」といって指定会場に行き実習・実技講習があるんですが、それがお盆や年末年始などの長期休暇時期に集中して何講座かあります。

それだけではありません。他にも自宅学習で「テキスト課題」といって事前に教科書を読んでそれに対するテスト問題や小論文などを書いて合格をもらわないと単位が取れません。

通信大学はかなりスケジュールがタイト&キツイです。

「通信だから楽~」は絶対にナイです!!かえって通学のほうが楽かもしれません。かなり泣きそうになりながら勉強しているのが本音。

昨日も一日中「免疫学」のネット授業を朝から晩まで7コマ(1コマが1時間半なので7コマで10時間くらい…)全授業を聴講しました。医学的な専門内容なので難しいですし「ぶっ通し」で受講したので、さすがに疲れました。「免疫学」は自分の持病である「自己免疫疾患」などが学べるので興味があったので比較的楽しく受講できました。

今日も何かしらネット授業を聴講予定です。

勉強漬けで脳みそが許容量オーバーで大変ですが、より良い医療を当院で患者様にご提供できるよう「あっぷあっぷ」ですが頑張ります!

若いうちにもっと勉強しておけばよかったと後悔する今日この頃です(苦笑)

« 南部ロイヤルホテルバイキング@蘇州(Dr.ヒロシレポート) | トップページ | 激ウマ「ポン酢」@備長の郷 »

当院ホームページ

リクルート/採用情報



  • 2020年度の新卒歯科助手求人は募集はありません。

  • 2020年度の新卒歯科衛生士求人募集はありません。