« 骨粗しょう症の変った薬「ボナロン」 | トップページ | 遅ればせながら「土用のうなぎ」 »

2010年8月16日 (月)

花壇リフォーム

毎度毎度リフォーム好きな当院ですが、もうかなりリフォームをしてしまったので大きく触れるところがあまりないので、今回はプチプチリフォーム。

なぜにそんなにリフォーム好きかというと、「常に新鮮できれいな医院の状態で患者様をお迎えしたいから」です。一応、私たち夫婦から患者様への「おもてなし」の一環として、です。なのでこまめにリフォームや専門業者への院内清掃をよくかけています。

以前少し触れましたが、今回は医院入口横の植木鉢に和風の小ぶりな木を植える予定にしています。

当院をご存知の方はお分かりかと思いますが、患者様入口と従業員入口が隣同士にあるのでどちらから待合室に入っていいか分かりづらかったので、前回リフォームの際に従業員入口を格子で隠して植木鉢を置いて従業員入口を目立ちにくくしたのですが、格子越しに従業員入口が少し見えるので、たまに入口をまだ間違えられる患者様がいらっしゃるようです。

というわけで従業員入口の目隠しということで木を植えることにしました。

…が、この木の選定が結構難しいんです。

当院の庭の手入れをすべてお願いしている植木屋さんの新緑園さんと相談しているのですが、植木鉢が小さいので植えられる木が限られてくるんです。しかも私のこだわりで「和風の木」とお願いしているのでなかなか植木鉢に合うくらいの小ぶりな木を探すのが難しいようで。

できれば季節のお花の咲く木がいいんですけどね。スペースがあれば萩とか紫式部とかの和風の草木を植えたいんですが…ウチは狭いのでなかなか。何が植わるかはお盆明けにまた植木屋さんと要相談です。当院は草花が好きな患者様が多いのでお楽しみに!

まだ真夏ですが、花壇のモミジが若干赤くなってきているのを発見しました。立秋を過ぎたので暦の上では秋に近づいているんですね。早く涼しくなってもらいたいものです。

« 骨粗しょう症の変った薬「ボナロン」 | トップページ | 遅ればせながら「土用のうなぎ」 »

当院ホームページ