« Dr.ヒロシの日記 | トップページ | 歯科医院の経営と「歯科ブログ」の運営について »

2010年12月 5日 (日)

美味しいネギ味噌@マルヤス味噌

Imgp3683

職業柄、患者様から地域色豊かなものを頂くことが多いです。(お心付けは基本お断りしているのですが、「せっかく先生たちのために持ってきた」とおっしゃられる方が多いので、そういう場合はありがたく頂くことにしています)

先日、頂いたのが愛媛のネギ味噌で「マルヤス味噌」。なんだかレトロで心温まるパッケージですよね。白味噌よりもマイルドで優しい風味で、白菜のお味噌汁を作ったのですが「ホッとする」味でした。ネギ味噌というからにはネギの風味が強いのかな?と思ったのですが、ネギ味ではありませんでした。味噌をといたときにネギの繊維がたくさん出てきたので原材料にネギをたくさん使っているようで身体によさそうです。

お味噌はなぜかいろんな患者様から頂くことが多いです。他の患者様に自家製の白味噌と赤味噌のセットを頂きました。田辺に来て初めて知ったんですが、金山寺味噌なるものもよく頂きます。最初食べ方が分からなかったので主人に教えてもらいました。全国各地、いろんなお味噌があるんですね。お味噌は発酵食品で身体にいいので、お昼と夜は自炊の際は必ず作るようにしています。

あと先般、マルチョウ水産さんの梅干も頂きました。ぼってりとした肉厚の梅干で美味しかったです。

みなさん、お心遣い本当にありがとうございます。感謝しております。この場に代えてお礼申し上げます。どうぞお気遣いなさらないでくださいね。

さて、この時期からは患者様から「みかん」プレゼントの時期になります。患者様はみかん山をもってらっしゃる方が多いんですよ。各山毎に味が違うようで「みかん品評会」のようになります。みなさんご自身の山の自慢のみかんをプレゼントしてくださるので、本当に甘くて美味しいです。

田辺に引っ越すまで知らなかったんですが「みかん」ってたくさん種類があるんですね。私的には「みかん」というと「こたつで食べる小さいオレンジ色のみかん」しかイメージがなかったのですが、田辺ではまだ青い時期の「みかん」から、私の想像する「みかん」、ネーブル、きよみ、その他いろいろなみかんがあって「こんなにさまざまあるんだ」と驚きました。お陰さまで冬場から春にかけてはビタミン摂取が出来て助かります。

冬になると「みかんの産地に引っ越してきたんだな」と実感が湧きます。和歌山といえば「みかん」ですね。

都会では「おすそ分け」という風習があまりないので、最初は「こんなに頂いて申し訳ない」と恐縮していたのですが、それが田辺のコミュニケーションの一環だということに慣れてきたので私たちも「おすそ分け」など頂いたり差し上げたりするようになりました。

「ありがとう」と言って頂くと、お互いなんだか温かい気持ちになりますね。都会ではなかったことです。

たまに、誰か昼の休憩中や休診中におみえになって留守の場合はドアノブや玄関先に「おすそ分け」がおかれてあったりして「誰から??」とビックリすることもありますが(後日「先生、食べた?」と受診の際に言われるので分かるのですが…苦笑)

だんだんと田辺にも馴染んできた今日この頃です。

« Dr.ヒロシの日記 | トップページ | 歯科医院の経営と「歯科ブログ」の運営について »

食べ歩き・旅行日記」カテゴリの記事

当院ホームページ