« 「初釜」に行ってきました | トップページ | 卒業研究、始動! »

2011年1月23日 (日)

Dr.ヒロシの日記

パソコンが苦手なDr.ヒロシに代わって口述筆記するコーナーです。

Dr.ヒロシの日記

---

みなさん、こんにちは。最近、あまりコチラにまじめなネタを提供していなかったので、今日はちょっとまじめに医療の話です。

「口腔外科」というと「切った・縫った」「血まみれ」「手術」というイメージが強いと思います。でも、僕は基本的に患者様の同意と納得がないと外科処置は行いません。(緊急や救急、外傷、腫瘍摘出は除きますよ)

いわゆる自費の手術(インプラントとか歯周外科手術とか…)のことです。まぁそれなりに外科一筋でやってきてますからそれらの処置はできますが、こちらから患者様に無理やりということは僕は好みませんし、「うちの医院ではこんなことをしています」といった症例写真をここに載せることは僕が反対しているので嫁さんも症例については記事として掲載していません。

患者様の口の中は「オーダーメイド」です。一概に「これがいい」とも言えません。それにここは不特定多数の方が読まれています。もちろん当院の患者様も多く読まれています。医療関係者だけが見る学会誌や症例報告というわけではないので他の方の症例を載せても誰に対して訴求しているのかわからないですし、血まみれや骨がむき出しの症例写真を果たして一般の方が見たいのか?僕なりに疑問を感じるからです。個人情報や倫理的なこともありますしね。

一応、当院では自費診療が治療上適応する方にはこちらから説明はするのですが、基本的に僕から患者様へは説明しません。嫁さんから患者様に説明してもらうようにしています。よほど患者様の予約の都合が合わない場合は僕からしますが、基本的に嫁さんからすべて説明するシステムにしています。

「男性の先生から膝を詰められて話をされるとイヤでも断れない」「イヤといえなくて結局手術して切られた」等々…という話を患者様から聞きます。

ですので、うちの医院では極力説明は嫁さんからするようにしています。いくつか治療の選択肢を用意して患者様にどの治療でいくのか、患者様自身で選んでもらうスタイルをとっています。保険診療だろうが自費診療だろうが僕の治療には変わりありません。

口腔外科専門だから必ず切られるのでは?と思われがちですが、僕は外科処置は好きですがめったやたらに切ったりしません(笑)

それと、これも「口腔外科だからすぐに歯を抜かれるのでは?」と思われがちですが、当院では無理な抜歯はしません。僕が診断して歯周病でもう完全に残せない歯、絶対に抜かないといけない歯は別として、患者様が望まない抜歯は基本行いません。

よく歯周病が進行していて「どうかなぁ。抜歯適応だろうなぁ。でもなぁ、この歯がなくなると患者様も食べにくいだろうなぁ」というグレーゾーンの歯がありますが、一応患者様に説明して「これは抜きますか?置いておきますか?」と抜く場合のメリットデメリット、置いておく場合のメリットデメリットを説明して患者様に治療方針を決めてもらってます。でないと「まだかめる歯を抜かれた」と言われかねないですからね。デメリットも承知の上で「持つところまででいいので、先生抜かずに置いておいてほしいんだけど」といわれる患者様が多いのが現状です。

医師サイドからするとホントは抜歯してインプラントをしたり歯周外科をしたりというのは理想なのですが、患者様にもいろいろ事情があります。金銭的なこともそうですが、都合で長期間通院に通えない、今は治療するだけの余裕がないので症状だけ取って欲しい等々。ですので、僕から急性症状以外は治療は押し付けないようにしています。もちろん、患者様が望む範囲での最良の治療は提供します。

嫁さんも僕の方針に基づいて自分の担当である歯周病を治療をしています。

よく歯医者に行くと自費診療を薦められて断りにくかったということを聞きますが、当院ではカウンセリングは無料ですし、必ず患者様のご意向を聞いてから治療を行いますので無理な自費診療をこちらから押し付けることは絶対にありませんのでご安心くださいね。

僕には遠慮して聞けないという方が多いので、何か分からないことや治療方針、治療金額のことなど疑問点や質問がありましたら嫁さんにお気軽に声をかけてください。僕より彼女のほうがまだ社交的なので気さくに応じてくれると思います。彼女に声をかけたからといって「インプラントしましょう!」「切りましょう!」なんてがめつい勧誘はしませんのでご心配なく(笑)

---

以上、Drヒロシのコメントでした。

当院では保険診療・自費診療の違いを説明した上で患者様が望まれる場合でしかインプラントや歯周外科の出血を伴う手術をメインとした自費治療を行いません。無理にこちらから提案してサジェストするようなことはしませんし、カウンセリングは無料で行っています。カウンセリングを聞いたからといって自費にする必要は全くありませんのでご遠慮なく、です。ご安心してご相談くださいね。なぜかみなさん主人には聞かないのに、私には聞いてこられるケースが多いです(笑)主人はそんなに恐そうに見えますかね?

ちなみに、うちのDr.ヒロシは患者様から「先生、早くインプラントの手術してよ」と痺れを切らして催促されるまで手術をしません(苦笑)ああ見えてかなり慎重派なDr.ヒロシです。

« 「初釜」に行ってきました | トップページ | 卒業研究、始動! »

Dr.ヒロシの日記」カテゴリの記事

当院ホームページ

リクルート/採用情報



  • 2019年度の新卒歯科助手求人は募集はありません。

  • 2019年度の新卒歯科衛生士求人募集はありません。