« 今週のコーディネート | トップページ | ホームページ更新作業中2 »

2011年2月26日 (土)

プレゼント

みなさん、こんにちは。やっと通常診療にもどりました。みなさまにはご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんでした。看護&葬儀疲れがやや出ていますが、なんとか白衣を着ている間はプロなので頑張ってます。ご心配およびあたたかい励ましのお言葉等、お気遣いありがとうございました。

実は、先日ひとつトシをとりました。やっと後厄を抜けました(ってトシがばれますね…笑。実は米倉涼子さん・ほしのあきさんと同じ学年です)女の30代の前厄・厄年・後厄の3年間はかなりキツイと聞いてはいましたが、ホントにこの3年は人生の中でもかなり大変な3年間でしたね。無宗教な私はあまり迷信じみたことは信じないタイプなのですが、さすがに30の厄の間は厄神さんにお祓いに行ってました。もうこれでしばらく楽になることを祈ります。この週末に「厄明け」のお参りに行く予定です。

Imgp4165

お誕生日ということで、姉妹のように仲良くさせてもらっている親友からプレゼントをいただきました。私がこっそり好きな「マトリヨーシカ(ロシアの人形)」のセットやワイングラス、お菓子や地味にコレクションしている猫グッズ…等々。やっぱり女の人が選ぶプレゼントって可愛いですね!本当にありがとうございます。大切に使わせていただきます。

Imgp4168Imgp4112もうこのトシになるとあまりお誕生日を迎えてもオバチャン一直線なのであまり嬉しくはないのですが、主人がお誕生日のお祝いをしてくれました。お誕生日ケーキのろうそくの数がかわいくないです(苦笑)

結婚してから主人は毎年私の誕生日に着物好きな私のために祇園町で着物を誂えてくれるんです。ちょうど先日の誕生日プレゼント用に誂えた着物が届きました。

写真ではわかりにくいですが、今回は薄紫の雪輪の小紋と黒の絞りの帯です。私ははんなりしたやわらかものの着物が好きなので、長年お世話になっている祇園町の呉服屋さんのお母さんにコーディネートはすべてお任せです。私の好みもよくご存知ですし、やはりプロの方に見立ててもらうのが一番ですね(現在販売中の春夏の「美しいきもの」の別冊の京都着物特集の小冊子に今回いつもお世話になっている呉服屋さんが載ってました)毎年新調した着物で「京おどり」「都をどり」にいくのが結婚してからの定番になってます。

「京おどり」「都をどり」のチケットは知り合いのお茶屋さんを通してもう手配できました。桜満開の時期は京都はとにかく混むのでそれを避けていつも八坂さんの桜が終わったころに見に行っています。各おどりを見ると春が来たと感じますね。今年は上七軒の「北野おどり」も行く予定です。私の場合、舞をみるというより三味線を聴きに行っています。あと京おどりは少しマイナーなので花街関係者が多く来訪されてるので客席が着物姿の方が多くて華やか。ほかの方の着物を見るのも楽しみの一つです。

2月は父の危篤で看病と葬儀で本当に大変だったので、主人が「よく頑張ったご褒美に」ということで2月は全予定がキャンセルになった分、3月4月は少し気晴らしをさせてくれるそうなのでまた旅行レポなどを掲載できると思います。

では、オバチャンになって初コラムですが年を重ねた分もっと読み応えのあるコラムを発信できるよう心がけたいと思いますので今週もお付き合いください。

« 今週のコーディネート | トップページ | ホームページ更新作業中2 »

当院ホームページ