« 卒論漬け&実習漬け | トップページ | いのぶたダービー@2011年 »

2011年5月 3日 (火)

Dr.ヒロシの日記

パソコンが苦手なDr.ヒロシに代わり口述筆記するコーナーです。

Dr.ヒロシの日記

---

みなさん、こんにちは。連休中に1本くらいは記事のネタをくれと嫁さんから雷が落ちたDr.ヒロシです。

ここのコラムは僕の知り合いも結構見てるんですが、古くからの知り合いは僕の性格をよく知っているので「Dr.ヒロシの日記ってまさごっちが書いてないやろ」と言われるんですが、はい、確かに嫁さんがほとんど僕の言ったことを2割り増しくらいで書いてます(笑)よく読んでいただいたらわかると思うんですが一応「僕が書いた」とは一言も書いてないんですよね↑口述筆記になってるんで…(笑)

まぁそんなわけでネタのない僕ですが、嫁さんは国の特定疾患難病の「SLE」で田辺では専門医がいないので毎月1回第2月曜日に神戸の膠原病リウマチセンターに通院してるんですが、いつも前日に神戸に送り届けてます。嫁さんが心配なので…というのはタテマエで僕も神戸に気晴らしに出たいからです(苦笑)僕は田辺生まれではあるんですが、高校までで後は大学卒業してからずっと神戸なので神戸のほうが長いんですよ。なので気分は神戸っ子(笑)

Imgp4469 先般、神戸にいった際に「須磨水族園」のチケットを2枚無料でもらったので行ってきました。神戸に長く住んでいたのに僕は須磨水族園に行ったのははじめて。灯台下暗しで「須磨ならいつでもいけるし」と言いつつ田辺に引っ越してしまったので。

僕はこう見えて小さいときから水族館フェチなんですよ。魚博士になれるくらい魚の知識は豊富です。「ぎょぎょ!」の人に負けないくらい魚の知識はあると思いますよ。旅行に行ったら必ずその地区にある水族館には行くようにしています。嫁さんも病気前まではダイバーの「海女」でよく潜りに行っていたので魚は詳しいです。(嫁さんはSLEと診断がついてからは日光に当たると病気が悪化するんで主治医から「ダイビング?もろ日光にあたるじゃないですか。死にたいんですか?」とダイビング禁止されていて「潜りたい~!」とウズウズしています)

さて、須磨水族園。

Imgp4471 嫁さんは生まれも育ちも生粋の神戸っ子なので「何度も行ったことある」んだとのこと。神戸市内の小学校の遠足などでは必ずコースに組み込まれるそうです。今の水族館の前の建物(今は新しくなったそうですね)から知ってるそうです。ちなみに嫁さん情報では水族園の前にある「鳥光」という老舗の焼き鳥屋さんが美味しいんだそうです。

水族館好きなわりには、僕らは体力がないので大型水族園では最初は「わぁー」「きゃー」とちゃんと見て回るんですが最後になってくると歩き疲れてきて「あー魚いるね」みたいな感じで流しになってしまいます(笑)なので二人とも地方にあるような小さな水族館が好きだったりします。小さい水族館はショーなどもアシカやイルカが失敗するときが多いんですよ。それがご愛嬌で好きだったりします。今まで嫁さんといって一番面白かった水族館は高知の竜馬の銅像のあるところにある小さな水族館(名前失念)でしたね。亀や大きな魚に餌やりができるという超レアな水族館です。オススメですよ。写真撮ってあるのでまたネタがないときにご報告したいと思います。

みなさん右の写真の魚は何だか分かりますか?たらこ唇。

嫁さんが激写してました。いい顔しているでしょ!

来年は「ととけん」にチャレンジする予定です。

---

以上、Dr.ヒロシのコメントでした。毎回Dr.ヒロシの日記を書くのは一苦労です(笑)

« 卒論漬け&実習漬け | トップページ | いのぶたダービー@2011年 »

Dr.ヒロシの日記」カテゴリの記事

当院ホームページ

リクルート/採用情報



  • 2020年度の新卒歯科助手求人は募集はありません。

  • 2020年度の新卒歯科衛生士求人募集はありません。