« 「編集」さん | トップページ | Dr.ヒロシの日記 »

2011年6月 4日 (土)

唇周りのイタイもの

疲れたりすると唇の周りが赤く腫れ上がる、腫れないけどチクチク痛い…ってないですか?

「口唇ヘルペス」です。

私も口唇ヘルペス持ちなので、ちょっと疲れたりして免疫力がさがると一気に唇の周りにヘルペスができます。これがイタイのなんのって…。私の場合は「赤く腫れ上がる」タイプなので唇が「明太子」状態になります。

なんでなるの?というとちゃんと説明しないとだめですね。ということで、めずらしくまじめに口腔外科的なお話を。

口唇ヘルペスって?

①症状

唇の回りが赤く腫れて水ぶくれが出来る。

まずはじめに皮膚がぴりぴりしたり、むずむずしたり、チクチクした痛みを感じる事が多い。過労やストレス、風邪、冷たい風に当たった時、日光に長く当たったとき、胃腸が弱ったとき、免疫力が落ちたとき、生理等を契機に神経節などに潜んでいたウイルスが暴れ出して再発する。特に、風邪で発熱した後などに口唇ヘルペスは“ねつの華”とも言われる。このような症状が現れてから数時間で患部が赤く腫れて、その後水ぶくれが出来る。通常患部は一箇所。その後かさぶたになって10-14日程度で治ることが多い。何度も再発している人は、唇周辺の熱感、かゆみ等の違和感で起きるなと自覚出来る。通常は再発する度に軽症化する。ただ、免疫力の低下している人では何度も再発して治りにくいです。←私もそう。

②原因

単純ヘルペスウイルスの仕業。

単純ヘルペスウイルスは人から人への接触感染によってうつり、非常に感染しやすいことをまず覚えておいてください。患部に触った場合など指に付いたヘルペスは3時間程度は感染力があると言われている。水ぶくれの中には大量のウイルスが増殖しており、そこから次のような経路で感染します。

患部を手で触れる。
発症している人が使ったウイルスのついたグラスやタオルから。
キスをして患部や唾液から。

知ってました?感染するんですよ。コレ知らない人結構多いです。チューなどでむやみに感染を増やさないでください(苦笑)かなり威力がすごいです。

③治療

Imgp4753

患部を清潔に、安静にするだけで自然に治ることも多いです。腫れ・水ぶくれなどの症状が出たら、出来るだけ早めに「抗ウイルス剤」を使用する方が治りが早いです。

当院の場合は、口腔内のケアを行って患部を清潔にして軟膏を処方してます。私もヘルペス持ちなのでよく塗ってるんですが効きますよ。市販でも「口唇ヘルペスの薬」は薬局で売ってますが成分の処方量がぜんぜん違うので口腔外科で処方してもらいましょう。

まぁ、とにもかくにもヘルペスは疲れるとできます。なのでヘルペスが出ると「体が休めというサインですよ」と患者様にもご指導させてもらってます。

口唇ヘルペスは「何科に行っていいかわからない」という方、結構いらっしゃいます。内科に行って「口腔外科に行ってくれ」と紹介状を持ってこられる方も多いです。口唇ヘルペスは口腔外科の診療領域になりますので、こんな症状が出た方はどうぞご遠慮なくご予約くださいね。

« 「編集」さん | トップページ | Dr.ヒロシの日記 »

とりあえず診療日記」カテゴリの記事

当院ホームページ