« 人間ドックの結果は…? | トップページ | あそびの手しごと市@海蔵寺にて »

2011年7月 9日 (土)

交通外傷猫めいちゃん闘病日記

主人が拾ってきた交通事故の仔猫のめいちゃんが我が家に来て早いものでもう2週間以上が経ちます。めいちゃんは事故当初は下半身不随で立ち上がることもままならない、排せつも自分でできない状態だったんですが、先生の治療のおかげで順調に回復し、今はある程度歩けるようになったのと頑張ってですが自己排泄も少し自分でできるようになってきました。

ステロイド内服をかなりの量いっていたんですが、先生の判断で減量が開始になりました。猫も人間同様急にステロイドを切ってしまうとステロイドショックを起こすので徐々に減らしていきます。私もステロイド内服中ですが、めいちゃんの方が先に減量でうらやましい~。ちなみに猫はステロイドの副作用であるムーンフェイスはでないそうです(by先生)

まだ手のひらサイズで小さいんですよ。

Photo手のひらに入れるとアルマジロみたいに丸くなります。

写真は主人の手のひらでアルマジロになるめいちゃん。主人にはまだあまり慣れてないのでやや警戒してしっぽを股にはさんでます。(猫は怖がったり警戒してる時にしっぽを股にはさむんですよ)

最近は爪とぎをしたり、おもちゃで遊んだりワンパク盛りです。

目薬を毎日3回さすんですが、目をぱちくりさせるのが可愛くて可愛くて…ほんと親ばかです(笑)

うちに来た当初はまだ下のニャン乳歯(とがってる歯、牙みたいなの)しか生えてなかったのが、いつのまにか下のニャン乳歯が全部生えそろってました。下の牙状のニャン乳歯は事故の時に半分折れてしまってるんですよ。痛かっただろうなぁと思うとかわいそうで。仕事柄か口の中が気になります(笑)

田辺ペットクリニックの主治医の先生いわく、猫は3~4か月でニャン乳歯が生えそろって6か月で永久歯に生え替わるとのこと。

そういえば先住猫の椎茸さんも生後半年くらいに奥歯が抜けたのを思い出しました。ほとんどの場合仔猫が抜けた歯を飲み込んでしまうので見つけたらレアらしいですよ。絶対に飲み込ませないようにニャン乳歯を捕獲します!

最近、自我で出てきて私の姿が見えなくなると「ニャーニャー」騒ぐので大変です。先住猫の椎茸さんはヤキモチの日々。赤ちゃん返りしてます。あっちこっちの猫と育児が大変です。

主人は…拾ってきたくせにほとんど世話をしてくれません(苦笑)

男の人ってそんなもんですねぇ。毎日母性本能をくすぐられながら2匹の猫の成長を楽しんでおります。

« 人間ドックの結果は…? | トップページ | あそびの手しごと市@海蔵寺にて »

当院ホームページ