« Dr.ヒロシの日記 | トップページ | 今週のコーディネート »

2011年8月15日 (月)

湯の峰温泉へドライブ

お盆は田辺白浜方面は帰省や観光客でごったがえしなので街中に外出しようものなら…大渋滞に巻き込まれて移動だけで終わってしまいます。

私たちはお盆は暑いし人も多いのであまり出歩かないんですが、さすがに「引きこもりばかりも」ということで、混雑を避けて湯の峰方面にドライブへ行ってきました。

さすが田辺の秘境方面だけあって空いてます。

Imgp5486

湯の峰温泉の周囲には「川湯温泉」「わたらせ温泉」「本宮大社」などもあり、温泉めぐりができて熟年カップルには「しっぽりと、のんびりと療養・休養」旅行が味わえていいかも。若い人ならちょと遊ぶところがないから物足りないかな。

Imgp5485秘境・湯の街といった風情がなんともいいですね。

湯の峰は温泉の源泉が熱いらしく、「ゆで卵」「とうもろこし」「さつまいも」を近くの売店で買って茹でることができます。

前に来た時に「卵」を買って「ゆで卵」を作ったんですが、貧乏性の私たちはインフレした卵(生卵なんですがすごく高いんですよ…笑)は今回食べずでした。

湯の峰はよくブラブラっとドライブがてら行くんですが、こちらの温泉には今まで入ったことがなかったんですよ。「湯の峰の湯は湯治治療に来る人がいるくらいいいお湯」とのこと。公衆温泉があるんですがあまりにもレトロな雰囲気で入るのに勇気がいるので何となく入る勇気がなくて(苦笑)

今回は勇気を出して入ってきましたよ。なんと、公衆温泉は一人250円と激安。脱衣場にクーラーなどはありません。これまたレトロな大きな扇風機が回ってます。湯船とカランがあってヒノキ風の浴槽があるシンプルな浴室。不思議にお湯が青い感じなんですよね。とにかくお湯が熱いです。「風呂は熱くないといや」というこだわりのある主人でさえ「ここの温泉熱すぎて湯あたりした」というくらい熱いので入るときは気を付けてくださいね。

ここには「つぼ湯」といって、まぁ簡単に言うと「貸切家族風呂」みたいなものがあるんですが(だれか昔の偉い方が湯治で傷を癒やしたらしい風呂)いつも順番待ちの大人気です。私たちが行った時も2時間待ちでした。今度観光シーズンを避けてぜひ「つぼ湯」もレポートしてみたいと思ってます。

湯の峰・川湯・わたらせ・本宮あたりは、食事ができるところがあまりありません。私たちはそっち方面に行くときは夏場は本宮の道の駅の「古道弁当」を食べてます。(本宮に以前レポートしたハンバーグ屋さんがあるんですが、夏場は「エコ」のためかクーラーがかかってないので暑さに弱い私たちは夏場はそこで食事はしないんです)

古道弁当。これで700円って安くないですか?

Imgp5484


古代米と白米、ゴマ豆腐、てんぷら、煮物がついてます。味は至ってシンプルですが素朴で美味しいですよ。夏は限定でこれまたお値打ち値段で「鮎」が食べれるそうです。(たしか「鮎どんぶり」が800円くらいだったかな。二人ともが鮎が食べれないので食べなかったんですけど)

避暑地としては最高にいいところなので、もし田辺白浜に旅行に来られた方は少し足を延ばして行かれてみてはいかがでしょうか。

« Dr.ヒロシの日記 | トップページ | 今週のコーディネート »

食べ歩き・旅行日記」カテゴリの記事

当院ホームページ