« 禁断の | トップページ | 医療が進んでも »

2011年9月11日 (日)

Dr.ヒロシの日記&ニャン乳歯抜歯

パソコンが苦手なDr.ヒロシに代わり口述筆記するコーナーです。

Dr.ヒロシの日記

---

みなさん、こんにちは。愛娘の歯も診るDr.ヒロシです。

え?愛娘?子供がいないのでは?と。

いや、娘は娘でも「猫」です。

ある日、自宅で事務仕事をしている嫁さんから診療所にオンコール(救急連絡)。

「めいちゃんのニャン乳歯が抜けそうなのよ。小児用の抜歯鉗子(歯を抜くペンチ)持って帰ってきて」とのこと。僕は昼飯は自宅に帰って食べるんですが、午前診察が終わった後に診療所から表面麻酔、ガーゼ、抜歯鉗子、歯の根の異物をとる小さい鉗子などなどを持って帰りました。

自宅に帰って緊急ニャン乳歯抜歯手術開始。執刀医は僕、第一助手は嫁さん。

Imgp5572

ちゃんと表面麻酔をして嫁さんが抱っこして施術開始。

Imgp5575

緊急処置にて抜歯術終了。

嫁「先生、処置後の投薬は?」

僕「止血だけして様子見ておいて。薬は…まぁナシでいいわ」

初めて猫の抜歯をしました(笑)人間の子供の乳歯と同じ感触でした。可愛い愛娘のニャン乳歯はちゃんと抜歯ケースに入れて保管してます。

ちなみに猫の抜歯は…自費診療です(笑)

---

以上、Dr.ヒロシのコメントでした。

処置より写真を撮るのが大変でした(笑)

« 禁断の | トップページ | 医療が進んでも »

とりあえず診療日記」カテゴリの記事

Dr.ヒロシの日記」カテゴリの記事

当院ホームページ

リクルート/採用情報



  • 2020年度の新卒歯科助手求人は募集はありません。

  • 2020年度の新卒歯科衛生士求人募集はありません。