« 技工士さん来訪 | トップページ | らじまが9月号取材 南和歌山医療センター放射線科 »

2011年9月 4日 (日)

Dr.ヒロシの日記

パソコンが苦手なDr.ヒロシに代わり口述筆記するコーナーです。

Dr.ヒロシの日記

---

みなさん、こんにちは。毎度ネタのないDr.ヒロシです。僕は筋金入りの理系人間で文系は全くダメなんですよ。僕に来る歯科医師会や何かしらの原稿はうちのゴーストライターが書いてくれてます(苦笑)え?もちろん原稿料取られますよ、ディスカウントして1000円くらい(笑)夫婦でもそこらへんは彼女は「ビジネスだから」とちゃっかりしているというか、しっかりしてます。

さて、しっかり者のうちの嫁さん。かなり男前です。僕ら夫婦は性格的に僕が女的で嫁さんが男的です(笑)実際に僕と嫁さんを知っている先輩にもそれは言われたことがありますのできっと傍から見てもそう見えるんでしょうね(苦笑)普段彼女はあまり表には出てこないんですが、裏で仕切っている医院の黒幕(?)です。

なにが男前かって?武勇伝はいろいろあるんですが、そのひとつは物品の発注です。

嫁さんは「経費削減の鬼」なので、いろんな歯科材料のカタログを各社集めていて常に価格のチェックをしていて使用する物品の値段は頭に入っているようです。うちは何でもかんでもディスポ(一回使い捨て)なのでとにかく材料費は通常の医院の倍はかかるんですよ。それをどこまでコストカットできるかに嫁さんは命を懸けてます(笑)

特に手袋。うちは患者さん一人一人に使い捨てなので毎日すごい量の使用量になります。特に僕はラテックスアレルギーなのでノンラテックス&ノンパウダーの一番高い手袋を使ってるんですよ。嫁さんの計算では僕の手袋1組当たり50円、だそうで。患者さん一人を診ると必然的に50円かかるわけです。ぶっちゃけ手袋を1日はきっぱなしで交換しない先生がほとんどなんで、うちがどれだけ経費がかかっているのかお分かりいただけると思います。他にもディスポの紙トレー・紙コップ・紙エプロン・器械カバー等で患者さん一人を診察すると100円かかるそうです。「絶対に清潔診療を」、これは嫁さんが何が何でも譲れないこだわりなのでギリギリに経費削減して捻出しているわけです。

何かしら彼女はいつも電卓を持ち歩いて叩いてます(笑)「あきんど」ですね~。商売をするにはそこまでしないといけないのかぁと彼女をみて納得。彼女の口癖は「費用対効果」(笑)

これだけディスポを使ってるわけですから、発注管理がものすごく大変。特に発注に関しては彼女の男前の性格がモロに出ます。僕は競馬が好きですが、彼女は競馬などのギャンブルはしませんが実は僕以上に危険なギャンブラー(笑)

歯科材料屋さんは期間限定で年に数回セールをするんですよ。手袋とか1箱あたり100円くらい値引きがあるんです。それをセール中に他医院に取られないよう買い占めるんです。先日も「円高還元緊急タイムセール、数量限定!早い者勝ち」があって一気に「タイムセール中の在庫全部ください。15カートンですか。了解です。じゃあそれ全部(1カートンは20箱入り)」という発注。

届いた荷物の量に唖然。誰か引越しするんですか?状態です。運び込むのに大変でした…。

嫁さんいわく「300箱で1箱あたり100円の値引きでこれだけで3万円違うんよ」とのこと。たしかにそう考えると…お得ですよね。セール中の発注額は何十万単位になるので気前良いなぁと我が嫁ながら感心するというか呆れるというか…。逆に歯科材料屋ができそうな勢いの在庫です(笑)うちの医院の2階はほぼストックルーム状態です。

どうせ使うものですし、使用期限のないものなのでストックしていても大丈夫なんですけどね。うちは大きなストックルームがあるからできる男前発注ですが、もしストックルームがなかったら嫁さんはどんな作戦をとっていたでしょうか?

ここまでケチ…いやいやシビアにならないと医院経営は成り立たないんですね。僕は全く経営はノータッチで臨床に専念させてもらってるんで助かります。

開業は夫婦でするのがいいですよ。

---

以上、Dr.ヒロシのコメントでした。

こんな風に文字になると私は「あきんど」根性丸出しですね(苦笑)恥ずかしい…

« 技工士さん来訪 | トップページ | らじまが9月号取材 南和歌山医療センター放射線科 »

Dr.ヒロシの日記」カテゴリの記事

当院ホームページ

リクルート/採用情報



  • 2020年度の新卒歯科助手求人は募集はありません。

  • 2020年度の新卒歯科衛生士求人募集はありません。