« Dr.ヒロシの日記 | トップページ | 頂きました »

2011年10月15日 (土)

禊川@古典フレンチ

私たち夫婦は10月が結婚記念日なので、先週京都にお祝いがてら遊びに行ってきました。京都ではだいたいフレンチかステーキを食べに行くんですが、今回はフレンチで。

久々に先斗町の「禊川」さんに行ってきました。

こちらは花街ご用達のお店でして、接待やごはん食べ(芸舞妓さんを食事に連れて行くことを「ごはん食べ」と言います)によく使われるお店です。一見さんお断りだと思います(入口からもう「一見さん」ではまず入りにくい雰囲気を醸し出しています)

京都は斬新な創作フレンチを出すお店が多い中、こちらのお店のシェフは「古典的なフレンチ」を頑なに守っているそうです。こだわりがあるんですね。

今回はランチを頂いてきました。ざっと料理写真を並べます。

Imgp5686Imgp5687_2Imgp5688アミューズから温かい前菜、フォアグラのリゾット。

ここのアミューズは毎回ほぼ同じなんですがプチトマトのクリームチーズが入ったものが私はお気入りです。2~3個、ワインのつまみにつけてほしいくらいです。

Imgp5689Imgp5690_6Imgp5691_2続いてスープ。こちらのスープはカプチーノ仕立てが多いです。今回はキノコのカプチーノ。

魚はイサキとホタテのグラタン。お口直しにミントのソルベが出た後に和牛の赤ワインソースのステーキと温野菜。

Imgp5692_2Imgp5693Imgp5694で、こちらの〆は鮭の一口お茶漬け。これが美味しいんですよ。デザートは和栗のクリームブリュレ。プティフルは禊川さんお得意のチョコレート菓子

。禊川さんはチョコレートでも有名なお店です。結婚記念日ということでプレートをサービスしてくださいました。ありがとうございます。

お料理屋さんに行ったときは、料理写真は1枚くらいしか掲載しないんですが、今回はいつも仲良くさせていただいているフレンチレストランの廣岡さんご夫妻が「私たちも仕事が入ってなかったら一緒に禊川さん行きたかった」とのことだったので、ご参考までに全種類の料理写真を掲載しました。

禊川さんは一品一品が少なく見えるんですが、意外と濃厚なのでお腹がいっぱいになります。今回は「ガッツリ目のメニューで」とあらかじめお願いしていたのでこんな感じですが、お店の客層が年配の方が多いので、普段はかなりあっさりとしたメニューが比較的多いような気がします。こってりしたメニューがお好きな方は予約の際に伝えておくといいかと思います。

ちなみに、禊川さんで私が一番好きなメニューは「お雑煮」だったりします。お正月の限定メニューですがお願いすれば作ってもらえますよ。

先斗町の名店なので、どなたかに紹介でぜひ食べに行ってみてください。オススメです。

« Dr.ヒロシの日記 | トップページ | 頂きました »

食べ歩き・旅行日記」カテゴリの記事

当院ホームページ