« 蜂窩織炎 | トップページ | Dr.ヒロシの日記 »

2011年10月 9日 (日)

通院

「全身性エリテマトーデス」という変わった膠原病を患っている私は毎月第一月曜日は神戸の神大系列の「膠原病リウマチセンター」に通院してます。田辺には専門医の先生がないので通院が大変。(いちおう白浜に「リウマチ科」を標榜している病院はあるんですが、私は個人的に神大に知り合いの先生が多いので神戸で診てもらってます。田辺の方は近畿大学の免疫内科まで通院されてる方が多いですね。どちらにしても遠いです)

ちょうど私が通院する前の日の日曜日の朝の健康番組で「リウマチ特集」をしていたので「ああ~、勝手に来ちゃう初診の人多いだろうな」と予想してたんですが大当たり。膠原病リウマチ科の受付は紹介状を持ってない初診希望の方であふれかえってました。

私の主治医は「リウマチ特集」をしていたのを知らなかったようで「なんだか今日は紹介状を持ってない初診の人が多くて…」とぼやいていたので「昨日テレビで特集してたんですよ」というと「あーどうりで。今日は昼メシ抜きの夕方コースやね」と苦笑いしてました。

大学病院や総合病院の「リウマチ科」や「免疫内科」「血液内科」などの特殊科はかかりつけ医の紹介状を持ってないと診てもらえない可能性が大です。「紹介状がないと診れません」の一点張りで帰される可能性が非常に高いので二度手間を防ぐために一度通院前にその病院の「地域医療連携室」に電話をして相談してみましょう。お近くの症状に合った開業医さんをまず紹介してくれるかもしれません。

もしラッキーにも大学病院・総合病院でその日に診察可能になっても開業医さんの紹介状がないと初診料とは別に¥2100診察料金がかかります。これは、大規模病院が特殊な病気を主に取り扱うところなので一般開業医と差別化しているからですね。

医療現場にいる身として痛いほどよくわかるんですが、医療従事者は本当に不足しています。若い先生方に限らず、かなりご年配の先生方までもが超過勤務でヘトヘト状態です。大きな病院は開業医では手におえない高度医療を提供する場所なので、むやみやたらに「大きな病院がいい」と思いこまずに、まずはお近くのかかりつけの開業医さんに行ってみましょう。

ここだけの話、大きな病院では軽症の場合「こんな症状で来るな」と露骨に嫌そうな顔をされる先生が多いのが現状です。それくらい、大学病院・総合病院の先生は外来患者・入院患者・論文などに追われて死にもの狂いなのでピリピリしています。お互い嫌な思いをしない為にも信用できるかかりつけの先生をみつけておくべきですね。必要があれば大きな病院へ紹介状を書いてくれますからご安心を。

ぶっちゃけて言いますが、「水戸黄門の印籠」ではないですが、紹介状あり・なしでは医師をはじめスタッフの対応が雲泥の差です。大きな病院には必ず紹介状を持っていきましょう。

医療には役割分担がある、というのを理解していただければ幸いです。

さて、今月はステロイドが少し減量になったんですが、たった0.5ミリ減量なだけなのに体は正直で非常に敏感に感知します。

減量したその日から暫くはものすごい倦怠感&高熱。「ステロイドが減ってる」と副腎が気づくまでこの症状が続きます。私の場合は減量時はいつもこんな感じ。人によっては全く減量しても症状が出ないという方もいますしね。人それぞれ。

やっとステロイドが1日10ミリ以下になったので、ムーンフェイスもややマシになってきました。1年前の(ステロイド1日20ミリ)写真を見るとムーンフェイスでひどいアンパンマンです(苦笑)さらに2年前の写真(1日30ミリ)になるともう横綱です(笑)最近は小デブくらいでしょうか。MAXステロイドの量の時から10キロくらい痩せたので…。ステロイドは太るといいますが、本当に太ります。体重管理しっかりしてくださいね。

噂によると5ミリ前後になって半年くらいになると元の顔に戻ってくるとのこと。

晴れて5ミリ以下になったら恥を忍んでステロイド服用前のガリガリ状態→MAXステロイド時の横綱→アンパンマン→小デブ→元の顔の写真を公開します。

ビフォーアフターで結構笑えますよ(苦笑)まるで別人です。

病気だから仕方ないですけどね、副作用の強い治療で審美的な変化があるもの(たとえば抗がん剤で頭髪が抜けるとか、ステロイドで太っちゃうとか)は女性的には嫌ですよね。自分が経験しているからこそ、臨床現場で白衣を着ているときにそのような患者様の気持ちがよくわかるのでよい人生経験をさせてもらったと最近は割り切ってます。

いつまで現場に立てるかわかりませんが、私なりに患者&白衣の立場を両方経験している身として患者様のお役にたちたいと思っています。

« 蜂窩織炎 | トップページ | Dr.ヒロシの日記 »

患者の目線から-SLE患者として-」カテゴリの記事

当院ホームページ

リクルート/採用情報

  • 詳細はまさご歯科口腔外科クリニック・リクルートをご参照下さい。


  • ■2018年度・新卒歯科助手
    2018年度の新卒歯科助手求人は募集はありません。
  • ■2018年度・新卒歯科衛生士
    2018年度の新卒歯科衛生士の求人は7月1日にエントリー予定です。しばらくお待ちください

当院掲載書籍紹介

  • まさご歯科口腔外科クリニックが日本の歯科100選-2012年-に紹介されました。2011年12月1日より全国書店にて販売中!