« 久保、New白衣 | トップページ | ストイック »

2011年11月23日 (水)

乾くんです…主訴多し

やっと冬らしい気候になってきましたね。

冬場になると増える主訴。それは「口腔乾燥症」。中年女性の方の訴えが多い疾患の一つで口の中がカラカラに乾いて粘膜が引きつったり不快感を感じる症状です。

原因の一つに更年期のホルモンバランス異常やストレス、薬の副作用があげられますが、病気の場合もあります。

「シェーグレン症候群」です。

免疫疾患の一つで、実をいうと私も「シェーグレン」です。(免疫疾患「全身性エリテマトーデス(SLE)」と併発してます)

シェーグレンの口腔乾燥は更年期やホルモンバランス、ストレスなどの口腔乾燥症との違いがいくつかあります。これは実際に患者様に問診を行ったり口腔内所見を診ないと一概に「これがこうだからシェーグレン疑い」とは言いにくいんですが、特徴的な症状がいくつかありますので、シェーグレン疑いの場合は口腔外科でも簡易診断で生検(リップバイオプシーといって唇の組織を一部採取して検査に出すとシェーグレンの方の場合特殊な検査結果が出ます)ができますし、さらに詳しく調べようと思った場合は免疫疾患を診れる総合病院に血液検査等の依頼と紹介状を書くこともできます。

私自身、シェーグレンでものすごく口が渇くので「口腔乾燥症」の辛さは患者様と同じくよく分かります。お話をされるだけでも気持ちが落ち着くと思いますのでご遠慮なくご相談ください。シェーグレン以外の口腔乾燥症の場合は「コレ」といった特効薬や治療法がないので対処療法がメインの治療になりますがしないよりはした方がマシです。

この冬場の乾燥が強い時期に口の渇きが気になる方は火曜午後のカウンセリング外来にご予約を頂ければゆっくり状況を確認してから診察が可能です。もし気になる方は受付に「口が渇くのでカウンセリング初診希望」とお申し付けください。一人で悩まないでくださいね。

予約受付はこちら(完全予約制になっておりますので、お手数ですが必ずご予約をおとりになってからご来院ください)

まさご歯科口腔外科クリニック 0739-22-0829

« 久保、New白衣 | トップページ | ストイック »

とりあえず診療日記」カテゴリの記事

当院ホームページ