« Dr.ヒロシの日記 | トップページ | 今週のコーディネート »

2013年5月 5日 (日)

医療って地味だし大変なんです

どこまで続くか真面目記事のコーナーです。

今回は「医療って意外と地味で仕事がキツイ、大変」です。

最近、医療ドラマや医療系の漫画が流行ってるようですが、実際の医療現場の反応は?というとあんまり評判が芳しくありません。

だって、ハッキリ言ってしまうと、ドラマは大げさに作ってますが、医療の仕事って意外と地味なんです。なので現場の人間からしたら「そんなのないし(苦笑)」ってなるわけです。

それに診察以外の雑務がとても多いですし、患者さんとの人間関係(これが一番大変)など非常に心理的にもしんどい仕事なんです。

夢を壊すようですが、こちらが一生懸命治療をしても素直に「ありがとう」と言われる仕事では絶対にありません。

一般の人からしたら「なんか医療って派手」「ありがとうって言われる仕事」に思われるかもしれませんが、実は医療って言うのは日々淡々で激務なルーティンワークですし、最近はモンスター患者も多くてホント大変なんです。

コレが医療の実際。テレビドラマみたいにはいきません。

医療職の人が好んで見たり読んだりする「医療モノ」は日々淡々なことをそのまま変な脚色をせずに、というモノが受けてるみたいです。

医療関係者に人気の「麻酔科医ハナ」。現役麻酔科医の先生が書いてるので実にリアルに「これアルアル」の細部が書かれてますが、派手な手術シーンなどは全くありません。しかも主人公はどこにでもいそうな3年目のちょっと落ちこぼれの医者で医局で「こき使われ」まくり。忙しすぎて食事は医師控室でカップラーメンばかり(笑)このリアルさが医療者に受けてる理由かと。

逆にあんまり話題になってない医療漫画「GUY」ですが、実際にアメリカに渡米した日本人医師の↓本が原作らしいです。アメリカでの移植医療を取り上げてます。良く取材をして書かれてますが…。

う~ん、アメリカの医療は日本人にはあまりピンとこないというか…。なんか登場人物が全員「熱い絆で患者を助ける正義のヒーロー」過ぎて違和感。感情移入できないんですよね。

そりゃ、アメリカ医療はすべて自費診療ですから「サービス業」なので日本の医療とは全く別物と思ってもらった方が良いです。

こんな性格も良くて医療技術も飛びぬけてスタッフみんなに愛されるなんて「神」みたいな医者や医療職っていないです。だいたい医療人で長く続けられる人は変わった人が多いんで「どこか抜けて」ますから、こんな人がいたら天然記念物級です(苦笑)


「医龍」も医療技術は一品でも人間性に問題アリの主人公とか教授選に汚い手を使う、VIP患者やコネ患者にはへコヘコしてるなど「医療のばっちい」部分もあえて書いてリアリティがまだあるのでエンターテーメントとして読むには面白いです。

まあ、そんなこんなで前置きが長くなりましたが、医療という仕事は地味で肉体労働。ホワイトカラーと思われがちですがそうではありません…。体の弱い方やメンタルの弱い方は医療職は向きません。

毎日日々診察業務をこなし、常に患者さんや他のスタッフに頭を下げ、食事も規則正しく食べる暇がなく、雑用は山積み。の割にはみなさんが思うほどお給料は良くないんです(苦笑)

しかも医療現場は危険がいっぱい。血液や体液には未知の病原体が潜んでるので感染と隣り合わせですし(医療現場では大便などの排泄物より血液の方が不潔)、臭いですし、汚いですし、医療訴訟と隣り合わせなので毎日細心の注意を払いながらビクビクですし、患者さんには理不尽に何かしら言われ今は「お医者様は神様です」ではないのでストレスもいっぱい。

実際に「いっぱいいっぱい」になっちゃって自殺しちゃう医療資格者、すごく多いです。

「ブラックジャックによろしく」の主人公の研修医の斉藤先生があるオーベン(指導医)に言われたことが「医療のすべて」を語ってます。

「患者を助けようとしすぎたり、患者に感情移入しすぎると、逆に患者を殺すよ。医療はもっと割り切って仕事をしないと患者だけでなく自分も殺してしまう」的なことを言われてます。

よく患者さん同士の噂話で「あそこは無愛想」とか「親身になってくれない」という声をききますが、そういった先生や看護師さん、医療職の方々はおそらく医療と言う仕事自体に精神を擦り減らしてしまって「自己防衛」してるんです。

たぶん患者さんが「怖い」んだと思います。

正直に書くと、私も患者さんが怖いです。

ベテランになって責任が重くなるほど医療の仕事は怖くなります。

そういった「自己防衛」な先生に当たってしまったら「この先生、医療の仕事に疲れてるんだな」と思って可哀想だなと思ってあげてください。

そして自分と波長というか気の合う先生を探した方がお互いの精神衛生のためにいいと思います。

主治医を替えられることは意外と医師は気にしないもんですから(患者が多すぎて実際に一人の患者さんにそんなに感情移入していられないのが現状。なので合わなかったら遠慮なく先生を替えても大丈夫なんです)

医療職って「聖職」みたいに思われがちで、医療者には「聖人君子」的なことを求められがちですが、医療者も人間です。

医療人はスタッフ不足の中、これでも必死に頑張ってます。それを少し分かって頂けると幸いです。

« Dr.ヒロシの日記 | トップページ | 今週のコーディネート »

とりあえず診療日記」カテゴリの記事

当院ホームページ

リクルート/採用情報

  • 詳細はまさご歯科口腔外科クリニック・リクルートをご参照下さい。


  • ■2018年度・新卒歯科助手
    2018年度の新卒歯科助手求人は募集はありません。
  • ■2018年度・新卒歯科衛生士
    2018年度の新卒歯科衛生士の求人は7月1日にエントリー予定です。しばらくお待ちください

当院掲載書籍紹介

  • まさご歯科口腔外科クリニックが日本の歯科100選-2012年-に紹介されました。2011年12月1日より全国書店にて販売中!