« Dr.ヒロシの日記 | トップページ | 今週のコーディネート »

2013年9月22日 (日)

久保、1.6歳児検診レポ

久保が初めて役所の1歳6か月歯科検診の保健指導を行ったのでそのレポートです。

---

先日、田辺市が主催している「1歳6か月歯科検診」の保健指導に行かせてもらいました。

入社してから毎年6月には中学校歯科検診に行って保健指導(歯磨きお姉さんのことです)をしているのですが、初めての1歳6か月歯科検診保健指導は、する前から緊張しっぱなしでした。

本番数日前にいくみさんの前で練習した時はもうグダグダで「こんなので無理~、できっこない!」という状態でした…。なので当日までは家でひたすら練習しました。

そして、本番当日。洋先生と市民会館まで行き、そこで先生とは別々に。中はもうすでに検診に来たお母さんと子供たちでいっぱい。市役所の人に少し説明をしてもらい、準備バッチリ。最終確認を行い、保健指導が始まります。

まず7~8人を1グループで4グループに分けて順番に講演をしました…が!

Masago_2
練習と全然ちがーーーう!!(焦)

子供たちはギャン泣き、お母さんたちはその世話で大変、質問をしてもぜんぜん反応なし(泣)っていう感じだったのでこのままでいいかなぁと思いながらも、何とか聞いてくれるお母さんたちに1歳6か月児のお口の中のことや虫歯について、あとは仕上げ磨きやフッ素についてお話ししました。

そして、なかなか聞いてくれなかったお母さんたちにも後で分かるようプリントもお手製で作ったので何とか伝わったらいいな、と思います。

Masago_3
グループを重ねるごとにプチ情報なんかを付け加える余裕も出来てきました。

初めての1歳6か月歯科検診と保健指導で、分からないことだらけで不安もいっぱいでしたが、改めて小児の口腔内やフッ素についても勉強できたので良い経験が出来たと思いました。

そして一度チャレンジしてみて、次はこうしようとか改善点も見えてきたので、次はもっと上手にできるよう頑張ります!

1歳6か月小児歯科についてかなり勉強したので、ぜひぜひ何でも聞いてくださいね!

現場では質問タイムを設けたんですが、あまり質問がなくてちょっとさみしかったので…(笑)

---

以上、久保の初保健所検診保健指導レポでした。

保健指導は数をこなして体で覚えていくものです。場数をこなすとアドリブで指導できるようになるので頑張りましょう!

今後、久保や新しく入社する新卒歯科衛生士さんにも、検診やいろんな場所に行ってもらう予定です!「いろいろ応用の効く歯科衛生士」になれるようなんでも体験させるのが私の指導方針です。

« Dr.ヒロシの日記 | トップページ | 今週のコーディネート »

とりあえず診療日記」カテゴリの記事

当院ホームページ