« 【スタッフコラム】今週の担当:大江 | トップページ | 新卒国家資格者の新人教育について »

2014年4月27日 (日)

Dr.ヒロシの日記

パソコンが苦手なDr.ヒロシに代わり口述筆記するコーナーです。

Dr.ヒロシの日記

---

みなさん、こんにちは。ツツジをめでて夏を待ち遠しく思うDr.ヒロシです。

さて、うちの医院は嫁さんが英語のHPをつくっているせいか、外国人の方が多いんです。

アメリカの方はもちろんフィリピン、イギリスの英語圏の方から、ロシアの方まで。ロシアの方は名前が日本語ではありえない発音です。ぶっちゃけ、読めません(苦笑)

先日、初診でお見えになったブラジルの方。

日本語ダメで英語のみとの事。

嫁さんが個室で問診を英語で取って、診察は僕にまわってきました。カルテには「英語のみ」と記載が。嫁さん、ヒアリングは出来るんですがスピーキングが苦手。カタコト英語なんです。他のスタッフ達は英語な方がお見えになると何故かさーっと周りからいなくなります(苦笑)

僕の大学病院時代からの隠れた特技。

英語だろうがロシア語だろうが、日本語で押し通す(笑)

レントゲンの説明などもオール日本語。

嫁さんに診察途中で「めっちゃ日本語やん!この方、英語のみやで」と呆れられましたが、ジェスチャーとかなんかで通じちゃうんですよね~。

僕も一応ヒアリングは出来るんですが、嫁さん同様スピーキングが苦手なんですわ…。(書くのはまだイケるんですが)

他にもイギリスの方がお見えなんですが、この方もジェスチャー日本語で通じます(笑)

まあ、言葉が通じなくても万国共通、ってことですね~。

---

以上、Dr.ヒロシのコメントでした。

通じてるのか通じてないのか分からないんですが、なんとなく日本語で押し通しても診察できてるのがスゴイです(笑)

« 【スタッフコラム】今週の担当:大江 | トップページ | 新卒国家資格者の新人教育について »

Dr.ヒロシの日記」カテゴリの記事

当院ホームページ

リクルート/採用情報



  • 2019年度の新卒歯科助手求人は募集はありません。

  • 2019年度の新卒歯科衛生士求人募集はありません。