« 坂本、歯周病治療実習開始!その1 | トップページ | 【スタッフコラム】今週の担当:早田 »

2014年7月12日 (土)

坂本、歯周病治療実習開始!その2

Masago3_2
坂本の歯周病実習をはじめました。歯科助手の西﨑が坂本のために口を貸してくれています。ご協力ありがとう!

歯周病は先の鋭い刃物を使って治療をするのでキチンと施術しないと患者様にケガをさせてしまいます。血もたくさん出るので結構危険な施術です。

歯周病の治療は「職人技」。いくら学校で基礎理論を習っても実際に患者様を診て施術をどんどんして、数をこなして体で覚えていくよりありません。

実技は頭で考えても無理で、まず体を動かし指先で覚えていくしか方法しかありません。

書くいう私も新人時代は患者様を血まみれにして怒られました…。

みんなそうやって医療技術者は成長していくものです。いかに経験を積ませるか、を考えて最近は入社して出来るだけ早くそのスタッフの個性を見極めてその子に合った指導をするように心がけています。

坂本は実技を教えていくと、どうやら施術のポジショニングが苦手な様子。

歯科医師・歯科衛生士って意外と知られていませんが重労働。肩こり、腰痛、首を痛めます。なので最初のポジショニングが長年施術をしていく上てとても大切なこと。うちの主人は特に姿勢が悪いので万年肩こりでピーピー言ってます(苦笑)

最初に変な癖がついてしまわないようにまずは「姿勢」から教えています。

…が、意外と難しい。

変な所に力が入ってしまうようで。坂本も実習が続くと「首と肩が痛いです…(泣)」と言ってます。

Masago_2
スタッフを育てていると、その子その子で「難しい所」に個性が出てくるので不思議です。

最初から完璧にできたら指導者はいりません。みんな最初から出来ないのが「当たり前」なので、いかに先輩に可愛がられて施術を見てもらう、教えてもらうが正しい医療職種の新人の在り方だと思います。

開業してから育てた久保・坂本にとって良い先輩と思ってもらえるよう、私も日々勉強です。

医療職の本当の勉強は卒業後からです。

出来るだけ若い子が育つ環境づくりをしていきたいです。

« 坂本、歯周病治療実習開始!その1 | トップページ | 【スタッフコラム】今週の担当:早田 »

とりあえず診療日記」カテゴリの記事

当院ホームページ

リクルート/採用情報

  • 詳細はまさご歯科口腔外科クリニック・リクルートをご参照下さい。


  • ■2018年度・新卒歯科助手
    2018年度の新卒歯科助手求人は募集はありません。
  • ■2018年度・新卒歯科衛生士
    2018年度の新卒歯科衛生士の求人は7月1日にエントリーしました。

当院掲載書籍紹介

  • まさご歯科口腔外科クリニックが日本の歯科100選-2012年-に紹介されました。2011年12月1日より全国書店にて販売中!