« 今年の診療がはじまりました | トップページ | 院内のお花 »

2016年1月 9日 (土)

京都花街のオールドフレンチ@先斗町禊川

京都も南座に歌舞伎役者の招きが上がると年末の気分を掻き立ててくれます。

Image2_5

京都の花街、先斗町にある知る人ぞ知るフレンチの名店「禊川」さん。

毎年季節のご挨拶を頂くので贔屓にしている芸舞妓ちゃんたちとご飯食べに使ったり、主人と京都に来た際に立ち寄ります。

こちらは一見さんお断りで先斗町歌舞練場の近くにあるのですが、小さい白い提灯に「禊川」とお店の名前が書いてあるだけなので知らない人は何屋さんか分かりづらいです。

京都の一見さんお断りのお店は、最初は気を使いますがご贔屓になると痒いところまで手が届くような気配りがあります。

さて、お料理です。今回は「ちょっと濃い目のガッツリしたものを」とお願いしていたので、禊川さんでは「スペシャリテ」的なメニューを出して下さいました。

Image2_4
冷たい前菜に出た海老のゼリー寄せ。

Masago3_2

私の大好きなフォアグラとリゾット。

このゼリー寄せとリゾット大好きなんです。禊川さんは15年以上のお付き合いですが今までスペシャリテとして何度か出た定番の中で一番好きなメニューです。

そして、魚料理・肉料理のあとは禊川名物の出汁のきいた鮭茶漬け。

Tea_3

この鮭茶漬けが食べたくて禊川さんに来ると言っても過言でない美味のお茶漬けです。

Tea_4

〆のデザートの後のプティフルのチョコレートはシェフのご自慢の一品で芸舞妓さんのファン多し。お持たせで持っていくととても喜ばれます。良い器で頂く上質な紅茶もいいですね。私たちはコーヒーが飲めないので紅茶にはちょっとこだわってます。裏メニューでココアもありますが今回はレモンティーで。

鴨川を眺めながら優雅なひと時を過ごせ、生け花から調度品、何か国語も操れるスタッフの皆さんの対応など、さすが花街を代表するフレンチの名店で学ぶものも多いです。

Masago3_3
特にしつらいに関しては医院リフォームの際の参考にしています。

シェフ、スタッフの皆さんいつもありがとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

« 今年の診療がはじまりました | トップページ | 院内のお花 »

食べ歩き・旅行日記」カテゴリの記事

当院ホームページ