« 2021年5月 | トップページ

2021年6月

2021年6月13日 (日)

【スタッフコラム】今週の担当:岡田

近況

 今年は長梅雨、と予報されてましたが晴れてるときもたくさんありますね!そろそろカラッと毎日晴れてくると思うので紫外線に気を付けていきます。

さて、先日いくみさんの方でも書いて頂いてましたが28回目の誕生日でした!

今は友人たちに直接会う機会も少ないためか、たくさんメッセージが届いて感無量でした。また、こんな歳でも誕生日プレゼントをわざわざ選んでくれていたりワクワクできて嬉しかったです。

いくみさんチョイスの水筒、実は私ももともと同じようなサイズのものを持っていたのですが最近蓋が壊れてきつつあってまた買わないとなぁ。。と思っていた矢先だったのでたくさん愛用していきたいと思います!

両親とは個室でILOHAさんのランチコースをいただいてきました。

お肉か魚か、メインを選べたのですが魚派のわたしはイサキのポワレをいただいてとても美味しかったです。

111_20210612204901

28歳もいろんなことにチャレンジできたらと思います。

最近まだ数回しかしてませんがゴルフの打ちっ放しにハマりそうです。

遠くまで気持ちよく飛ばすことができるとスカッとでき、距離を保って屋外で一人でも楽しめますし、意外と汗をかいたりして今後も楽しめそうかな、と思っているところです。

卓球でもそうですが、まずはフォームが大事だと思うのでまだまだコースを回るなんて夢のまた夢の話ですがいつかしてみたいです。

987_20210612204901

 今週のお花は黄色いカラーと紫?ピンク?のような名前不明なお花です。

今回は花の色味で購入を決めました。今後も色んな変わったお花を生けて行きます!

ーーー

以上、岡田のコメントでした。ゴルフ、良いと思います。20代は自分のしたいことにいろいろ挑戦して経験を積んでいくと良いかと思います。がんばって!

2021年6月12日 (土)

入梅

6月11日は「入梅」です。

742_20210608083601

「入梅」と書いて「にゅうばい」と読みます。入梅とは雑節のひとつで、二十四節季・五節句と並んで季節の移り変わりを掴むために設けられた昔からの暦日の事を言います。

入梅は「芒種(先週書いた田植えをする日)以降の最初の壬の日」や「立春から数えて135日目」と言われていましたが、現在は「太陽の黄経が80度に達した日」とされておりだいたい6月11日あたりを指すそうです。

「梅の実が熟し、梅雨に入るころ」と言い入梅あたりが梅雨入りとされていました。昔の農家の方たちは梅雨に入る前に田植えを済ませておかないといけないのでこのような暦日が発達したらしいです。

この時期に水揚げされるイワシを「入梅イワシ」と言いますが脂がのって美味しいですね。

イワシよりも何よりも紀州はこの時期は梅の収穫時期。「紀州南高梅」と言うだけあって当院の周囲は梅農家の方が非常に多く、梅雨前には一家総出で梅拾いです。地元新聞にも頻回に「梅拾いアルバイト」が出るのはこの地域のこの時期の風物詩です。

私はこちらに引っ越すまで知らなかったのですが「みなべ高校」の生徒が開発したから「みなべ高校(南部高校)が作った梅=南高梅」と命名されたそう。高校生が開発した梅ってすごいですね。

6月あたりから「梅が始まるから忙しくてしばらく通院に来れない」と言う方が激増するのがこの辺りではデフォです。そして梅が終わった時期に「梅が終わったから疲れて痛い」と予約が殺到します。

こちらで開業して15年、そんな感じで季節を感じるようになりました。

梅拾いの方、大変ですが体調気を付けて下さいね。

ーーー

紀州の梅のお話を書きましたが…。こんな梅の産地ど真ん中に引っ越してきて実は最近まで梅干しが食べれませんでした。

酸っぱいってご飯のお供になる?とずーっと食わず嫌いだったんです。ある日主人用に作った梅おにぎりが残ってもったいなかったので仕方なく食べてみたら…食べれる→なんか美味しいかも!ということで遅まきながら梅干しデビューを果たしました(笑)

梅干しさん、食わず嫌いでゴメンナサイ!今年は「The めっちゃ漬かったしょっぱい梅干し」にチャレンジしてみたいと思います。梅酒は飲めるのに梅干しは食べれないという矛盾、解消できました!

この時期は紀南の主婦の方々は、いわゆる「梅仕事」をされる方が多いです。自家製梅酒や梅シロップ作りが盛ん。患者様からもよく頂きます。田辺市は「梅酒で乾杯条例」なんてものもあるんですよ。梅が身近な土地柄です。

ーーー

歯科助手の津呂のお母様からスモモを頂きました。

648

私と同じ名前の品種のスモモです。お気遣いいただきありがとうございます。旬の味美味しく頂きました。ごちそうさまでした。

診療所です。

好評のコンクール特売、来週までとなります。今年は選べるプレゼントにしたところ反響があったようです。今後の販促の参考にしたいと思います。毎月、待合室ではお待ちの患者様に少しでも楽しんでいただければとスタッフが各種販促企画を行っております。来月の販売品に関して現在考案中です。お楽しみに!

歯科衛生士の求人(2022年度新卒・第二新卒・既卒・午後からのパート)が6月中旬にインディードに掲載されます。それに連動して当院ホームページも更新致します。

歯科衛生士学科のある大学・短大・専門学校にも順次求人を掲載する準備を行っております。良いご縁がありますように。

今週も混みあいますがスタッフ一同頑張りますのでよろしくお願いします。

ーーー

☆歯科衛生士リクルートのお知らせ☆

2021年6月下旬より2022年度新卒予定歯科衛生士および既卒歯科衛生士のリクルートを開始します。

近日中にインディードと当院ホームページにリクルートを掲載予定にしております。

歯科衛生士になりたい方は田辺には歯科衛生士養成機関がないので和歌山市内か県外に出てしまいます。こんな時期なので資格を取ったら感染者の少ない地元での就職を希望されているUターン希望の学生のみなさん、早めに就職先を決めて学業に専念しませんか?

またこの時期は新卒で入社した歯科医院が合わない…で退職される方が多い時期です。第二新卒での就職をご検討中の方で当院に見学および面接ご希望がございましたらご遠慮なくお問合せ下さい。面接日、入社日考慮可能です。

もちろん第二新卒以外の既卒の方も大歓迎です。

詳細は近日中に掲載予定ですが早めに求人内容を知りたい方はご遠慮なく当院までご連絡下さい(まさご歯科口腔外科クリニック 「歯科衛生士求人の件で」でお問合せ下さい)

スタッフ一同ご応募お待ちしております。

2021年6月 5日 (土)

【スタッフコラム】今週の担当:津呂

成長の記念に・・・

 

今年の梅雨入りは例年より早く、長い梅雨になる予感ですが、晴れた日には夏の気配も感じられる季節になりました。

 

私自身、当院に入社して丸3ヵ月が経ち、少しずつ独り立ちさせて頂いています。引き続き、これからも患者様のお力になれるように頑張りたいと思います。

 

最近、小学1年生の娘の下の歯がグラグラし始めました。

 

同級生のお友達の中には、もう既に何本も乳歯が抜けている子も居て、娘も初めて歯が抜けるのを心待ちにしています。今にも抜けそうで抜けない歯に、どのタイミングで抜けるのか、私もドキドキしています。

 

私が幼い頃、乳歯が抜けると、上の歯を床下へ、下の歯を屋根上へ投げるように教えられ、その時は意味も分からず、その通りにしていました。

 

気になって調べてみると、この風習は昔から言い伝えられている、おまじないらしく、『続いて生えてくる永久歯をその方向へきちんと導いてくれるように』という願いが込められているようです。

 

この乳歯を放り投げる風習はアジアの国々に多く、欧米では乳歯を枕下に置いて寝ると、歯の妖精「トゥース・フェアリー」がやってきて、代わりにコインを置いていくようです。妖精は綺麗な乳歯しか持って行かないらしく、子ども達のむし歯予防に一役買ったとか。世界各地で乳歯に関する言い伝えがあり、面白いですね。

 

最近では抜けた歯を乳歯ケースに入れて、保存しておく親御さんも多いようで、私も娘の歯がいつ抜けても良いように、こんな可愛い乳歯ケースを用意しています。

 

111_20210604113901

 

飾っておくだけでも楽しくなるような可愛い表情。

 

実は当院にもこんなにも仲間が揃っているんです。

 

456_20210604113901

 

ちょっとしたプレゼントにも喜ばれそうで、個人的にもオススメです。

 

受付には他にも見ているだけで楽しくなるようなアイテムが沢山揃っているので、来院された際はぜひチェックしてみて下さいね。

 

今週のお花はこちら。

987_20210604113901

 

梅雨時期の定番のお花、紫陽花です。

 

憂鬱な雨の日でも、この時期だけの綺麗なお花を見て、少しでも気分を晴らして頂けたらと思います。

 

ーーー

 

以上、津呂のコメントでした。開業した15年くらい前は抜歯をした子は「軒下に…、屋根に…」と言われる親御さん多かったです。抜歯ケース、色々取り揃えてます☆

 

 

 

 

 

6月は歯の衛生週間です

6月5日からだいたい21日あたりを二十四節気で「芒種(ぼうしゅ)」と言います。

「芒」というのは稲や麦など穂先の針のような部分をさします。「芒種」は穂の出る植物の種をまく季節、いわゆる田植え時期の頃だそうです。

田植えの水田に映える稲の苗の緑の美しさ、情景が目に浮かびます。「早苗・若苗・玉苗」という言葉の響きがこれから育ち実りゆく命の尊さを感じます。

田植えの画像を持っていないのでこの時期の緑の写真を。

734_20210604113401

梅雨でますます蒸し暑さが続きますが、バテないように気を付けましょう。

ーーー

6月は歯の衛生週間です。「6月4日=虫歯の日」にかけたもので毎年このシーズンに歯科業界は歯の啓発を行っています。

昨年今年はコロナでなくなっていますが、毎年この時期は歯の衛生イベントにかり出されます。主人も田辺に引っ越してからは毎年お手伝いをしてました。私は田辺ではお手伝いはしていないのですが神戸時代は10年ほどずっと毎年歯のイベントの手伝いをしてました。

歯にトラブルが発生すると歯医者通いが長くなるので日頃からお手入れしてくださいね。

そんなわけで、うちの医院でも歯の衛生グッズこの時期はいつもよりラインナップを充実させております。

742_20210604113401

開業して以来10年以上続けている企画、6月の歯科衛生週間時期に歯周病治療薬「コンクールシリーズ」の特売が始まりました。

コンクールシリーズをお買い上げの方に歯ブラシや歯磨き粉・歯間ブラシなどをセットにした福袋をプレゼントしております。かなりお得なのでこの時期に買い置きをされる方、治療以外でわざわざ買いに来られる方も多いです。「今年もやっていると思って」と毎年のリピーターの方もいらっしゃいますよ。

今年の企画はすべてスタッフにお願いしました。今年のコンクール企画の責任者は早田でサポートが寺尾です。

昨年の販売実績を元に販売目標数の設定と経費を差し引いた医院側の純利益の計算方法を説明し、それを元にした今回の企画立案と企画書作成、スタッフへのプレゼン、企画の実施、企画後の実績の報告など。会社では当たり前のことでも規模の小さい開業医ではなかなかそこまですることはないと思います。

これらは各職場で私を指導して下さった上司や先輩方に教わったことです。職場で経験させてもらった様々なことが今の経営の礎になっています。私も教わった事を後輩たちに伝えていかないとと思い、今年からは一歩進んだ業務内容の指導を行うようにしています。

スタッフたちが今後何かの折に「そういえばこんなことを習ったな」と生きていくうえで役に立てば幸いです。

今週も混みあっておりますが、スタッフ一同頑張りますのでよろしくお願いします。

ーーー

☆歯科衛生士リクルートのお知らせ☆

2021年7月あたりに2022年度新卒予定の歯科衛生士のリクルートを開始します。

インディードと関西の歯科衛生士学科のある大学・短大・専門学校にリクルートを行います。

歯科衛生士になりたい学生さんは田辺には歯科衛生士養成機関がないので和歌山市内か県外に出てしまいます。

こんな時期なので資格を取ったら感染者の少ない地元での就職を希望されているUターン希望の方、早めに就職先を決めて学業に専念しませんか?詳細は7月以降に掲載予定ですが早めに求人内容を知りたい方はご遠慮なく当院までご連絡下さい(まさご歯科口腔外科クリニック 「2022年度新卒の件で」でお問合せ下さい)

またこの時期は新卒で入社した歯科医院が合わない…で退職される方が多い時期です。第二新卒での就職をご検討中の方で当院に見学および面接ご希望がございましたらご遠慮なくお問合せ下さい。面接日、入社日考慮可能です。

スタッフ一同ご応募お待ちしております。

私が上司や先輩に教わってきたことを後輩たちに還元していく。それが恩返しなのかなと思います。

« 2021年5月 | トップページ

当院ホームページ