« 【スタッフコラム】今週の担当:寺尾 | トップページ | 【スタッフコラム】今週の担当:津呂 »

2021年7月10日 (土)

初蝉・救馬渓観音の紫陽花②

先日、茶道のお稽古の際に庭から蝉の鳴き声が聞こえてきました。

初蝉。

まだ梅雨と言いつつも梅雨のわずかな晴れ間に鳴く蝉の声を耳にすると7月という季節が夏の始まりであると実感します。

夏の始まりと言えば、昨年の今ごろ朝顔を育てていました。

朝顔と言うと小学生が学校で育てていて終業式に「重い重い」と鉢を持って帰っているイメージがあります(笑)何か無性に夏を感じるものを育ててみたいという欲求に駆られて朝顔の鉢を二鉢買い求めました。

ちょうどコロナで「朝顔市が出来なくなり、行き場のなくなった朝顔の鉢を助けて下さい」という活動を見かけたので救助の一環もかねて、もあります。

毎日生命力の塊のような大輪の花をたわわに咲かせる朝顔、朝に水をやる際に何色が咲いたか楽しみにしていました。今は品種改良されて一鉢に何色もの花が咲くんですよ。

感染予防のためどこにも遊びに行けない中、ひと夏目を楽しませてくれ9月末くらいまで毎日花が咲き続けました。

今年は朝顔どうしようかなぁと思案中です。

最近このような季節を感じられる植物、物事、自然に心惹かれるようになってきました。季節感、大切にしたいと思います。

ーーー

さて、先週の私の記事に救馬渓観音の紫陽花園の事を書きました。もう少しお付き合いください。

最近若い方の間で紫陽花が流行っているようでニュアンスカラーや小洒落た新種も多く出回っていますが、私は昔ながらの「The 紫陽花」というような古典的な紫陽花が好きです。

876_20210709114801

紫陽花の青は吸い込まれるような底深さがあり、日本画で描きたくなるような繊細さを兼ね備えています。梅雨の長雨の湿りや滴りを含みながら紫陽花の底知れぬ青と山々の緑陰のコントラストはまさに日本の夏前といった趣。

9865_20210709114801

毎年定点観測のようにこのお地蔵さんを撮影しています。このお地蔵さんの周りはいつも青の紫陽花です。

637_20210709114801

同じ青でも限りなく白に近い青さもあったり、紫に近い青があったり。

1356_20210709114801

土壌の成分によって色が変わるらしいですがどの株も同じ色はなく目に飽きないです。憂いを含んだ雨粒をまとった花弁を集めて咲く紫陽花は、多感な年頃の少女のような可憐さと儚さを感じます。

「今年も紫陽花園に行けた」という毎年の年間の恒例行事を無事に行うことができた達成感を得て山を下りることができました。年々、息が上がり筋肉痛も増してきます(笑)

ーーー

診療所です。梅雨が明けたら夏本番、ということで7月からビタミン特売行っています。

内容は…診療所に直接お立ち寄りください☆

今回は特に国産のリポが目玉商品になっております。40代から60代にかけての美意識高い系の方や梅拾いで日に焼けてしまって困っている方などがお買い求めになっていますよ。この夏は焼いてしまったらビタミン補給でシミ・しわを予防しましょう!数量あるだけになります、お早めに!

ボーナス時期ということもあり、ビタミン以外にも「自分へのご褒美」系のケア用品も多数展示販売を行っております。待ち時間にどうぞ。

大雨の影響で足元が悪くなっております。お気をつけてご来院ください。オリンピックで急な休日が増えたため予約が取りづらくなっております。ご了承ください。今週も混みあっておりますがスタッフ一同頑張りますのでよろしくお願いします。

ーーー

☆☆歯科衛生士リクルートのお知らせ☆☆

In

2021年6月より2022年度新卒予定歯科衛生士および既卒歯科衛生士のリクルートを開始致しました。

歯科衛生士になりたい方は田辺には歯科衛生士養成機関がないので和歌山市内か県外に出てしまいます。こんな時期なので資格を取ったら感染者の少ない地元での就職を希望されているUターン希望の学生のみなさん、早めに就職先を決めて学業に専念しませんか?

またこの時期は新卒で入社した歯科医院が合わない…で退職される方が多い時期です。第二新卒での就職をご検討中の方で当院に見学および面接ご希望がございましたらご遠慮なくお問合せ下さい。面接日、入社日考慮可能です。

もちろん第二新卒以外の既卒の方も大歓迎です。

今回は初の歯科衛生士パートも同時募集しております。

詳しくは まさご歯科口腔外科クリニック リクルート をご参照ください。

スタッフ一同ご応募お待ちしております。

« 【スタッフコラム】今週の担当:寺尾 | トップページ | 【スタッフコラム】今週の担当:津呂 »

とりあえず診療日記」カテゴリの記事

当院ホームページ