« 【スタッフコラム】今週の担当:津呂 | トップページ | 【スタッフコラム】今週の担当:岡田 »

2021年10月23日 (土)

みかんの時期になってきました

10月も残りわずか、季節外れの30度超えが続きクーラーをつけていた翌日に20度前後の気温と寒暖差に身体がついていきません。

我が家も急いで冬の布団や冬物衣料を引っ張り出してきました。週末はこたつの準備をしないとなぁと考えています。今年は秋がないんでしょうか…。

10月20日は「恵比寿講」、ご存じですか?

10月は「神無月」と言って日本中の神様が出雲大社に集まります。一方で出雲には赴かない留守中の土地を守る神もいます。その代表が恵比寿様や大黒様になります。

留守番をして下さる恵比寿様や大黒様に感謝し、五穀豊穣や大漁、家内安全を祈願したのが「恵比寿講」という行事です。地域によっては11月20日のところもあるようです。

全国のえびす神社などはこの時期に秋まつりを行う所が多いですね。有名なところでは「長野えびす講煙大会」と言って花火が打ち上げられたり神楽が奉納されるそうです。

コロナの影響で各地の秋まつりが中止になっていますが来年から再開してもらいたいものですね。

私は個人的に夏祭りよりも秋の地域のお祭りが風情があって好きです。

ーーー

和歌山と言えば「みかん」。愛媛と並ぶみかんの大生産地です。医院周辺もみかん農家さんが多くこの時期みかんを差し入れに頂くことが多くなります。

驚くことにこの周辺は「みかん」は買うものではなく「頂くもの」なんだそうです。

「〇〇さんの山のみかんは今年美味しい」等そんな話題で盛り上がります。それくらいみかんに縁のある土地柄です。

みかんも時期によっていろいろな種類があるのですが、今は出始めの「早生みかん」です。

私もこちらに引っ越してくるまで「早生みかん」は見たことがありませんでした。まだ青い小さい実のみかんでちょっと酸っぱいです。生産地周辺でしか出回らないらしく都市部ではあまり流通していないかもです。

今年も先日患者様から早生みかんの差し入れがありスタッフと一緒に初物を頂きました。お心遣い本当に嬉しいです。

私は神戸出身なのですが、神戸の給食にはよく「冷凍みかん」が献立に出てきてカチカチかシャーベット状になったみかんをよく食べたものでした。

みかんの産地である紀南地域にはそもそも「みかんを冷凍する」という習慣がないらしく、主人に「冷凍みかんは歯がしみるからあんまり好きじゃなかったわ」と言うと「みかんなんて冷凍するん?」と不思議がられました(笑)

そんなわけで、この冬もみかんでビタミンチャージしたいと思います。

ーーー

診療所です。

今年初めから福利厚生の一環でオフィス宅食サービスを取り入れています。

会社負担でおかずを買い取りスタッフがワンコインで買えるサービスです。都市部の企業ではよく見かけるサービスですが田辺では初だったらしいです。

今の宅食サービスがメニューが飽きてきたので別の会社に変えてみようかということで試食品を取り寄せてみました。

637_20211022094201

主に野菜を中心としたおかずのサービスに力を入れているとの事で、今まで使っていたところと違い生野菜のサラダや果物が充実しているみたいです。

コロナで食生活が乱れている方が多いので野菜を積極的に摂りましょう、というのがコンセプト。

456_20211022094201

今まではハンバーグや煮物系のおかずが中心だったのでラインナップが新鮮。ドレッシングが美味しかったです。ちょっとしたデザートが選べるのも女子的には嬉しいかもです。

現在契約している宅食サービスが年内で契約満期なので年明けからお試しでこの会社を使ってみる予定です。

開業医と言っても従業員数の少ない個人経営の自営業。従業員数が100人以上の大手企業のようないろいろな手厚い福利厚生までとはいきませんが、私たちが出来る範囲の中でスタッフに福利厚生をと考えております。

今週もかなり混み合っております。手術が立て込んでおり虫歯・入れ歯・小児歯科などの一般歯科治療の予約が困難になっております。

大変申し訳ありませんが口腔外科処置優先となりますので、お急ぎの場合は近隣の一般歯科への受診をお願いする場合がございます。ご理解ご協力の程お願い申し上げます。

スタッフ一同頑張りますのでよろしくお願いします。

« 【スタッフコラム】今週の担当:津呂 | トップページ | 【スタッフコラム】今週の担当:岡田 »

とりあえず診療日記」カテゴリの記事

当院ホームページ