« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月

2021年11月28日 (日)

【スタッフコラム】今週の担当:早田

おうちハロウィン、クリスマス♪

 今年も残り一ヶ月半を切りました。年々一年が過ぎるのが早く感じます。つい最近、年越しした気がしたのになあ…月日が経つのが早く感じるのは、それだけ元気で忙しく、充実している証拠なのかな、と健康でいられていることに感謝です。

 さて、イベント好きな私は先月末のハロウィンの日、去年とほぼ同じご飯のメニューになりましたが、SNSで見かけた、ハロウィンっぽいミイラ風のウインナーを真似して作ってみました。(写真の奥の方に写っている怪しげなものです。)

Image4_20211126205101

出来栄えは…インスタで見たのと何か違う…(笑)と不気味な見た目になりました(母にも怖がられました…)が、少しハロウィンの気分を味わえました。

ハロウィン前は、あれもしたい、これもしたい!と料理アプリでハロウィンメニューを調べては、やる気に満ちていましたが、いざ当日になると面倒臭さが勝ってしまいました。そんなものですよね(笑)

 ハロウィンが終われば、街も一気にクリスマスムードへ。その切り替えの早さがなんだか面白いです。

私も世間の雰囲気にまんまと流されて、頭の中はもうクリスマスです。

先日、ダイソーで可愛いクリスマス飾りを購入したので、旦那さんとああだ、こうだと言いながら、一緒にツリー風の額縁の飾りを作りました。

完成品がこちらです。

Image5_20211126205101

センスのない2人が作ったので、飾りも付け過ぎていたりで、思っていた感じのオシャレな感じの出来上がりにはならなかったのですが、自分たちで手作りしたものは愛着が湧いて、可愛いです。

雑貨屋さんとかで売っているクリスマスの小物って本当に可愛いですよね。クリスマスなんて一瞬なのに、ついつい飾りなどを買ってしまいます。癒しの可愛いものに囲まれて、その季節を楽しんで、ホッとできるような居心地のいい空間作りを楽しみたいです。

 さて、今週のお花は、ナデシコと、ヒぺリカム、紀菜館に沢山売られていて、初めて見たリュウカデンドロンと言うお花を選んでみました。

Image2_20211126205101

毎年冬頃は、和の花や枝物の販売も増えてきてた気がするので、次回のお花担当の時には、どんなお花が販売されているのか楽しみになります。

ーーー

以上、早田のコメントでした。かぼちゃスープ私も大好きです。いつもかぼちゃの煮つけをたくさん作ってスープにリメイクしてます。                             

2021年11月27日 (土)

小雪

本格的に寒くなってきましたね。

自宅の近くに毎年寒くなると「石焼き芋」の車が通ります。「今日は安納芋だよーホカホカだよー」的なアナウンスが面白い石焼き芋カーなんですが、いかんせん車の速度が速い。

「あー、近くに来た!」で財布をもって外に出たらあっという間に向こうの方に行ってしまってます。

車で追っかけるのもなぁ…と毎回断念してしまい、昨年は近くに通りかかっているにもかかわらず買えずでした。

今年も週末に初石焼き芋カーが通りがかったのですが、やはり高速でした(笑)

この地区では売る気はないのかなぁ。とにかく車の速度早すぎ(苦笑)

石焼き芋、今年こそは食べたいです。

ちなみに私は今流行りの「ねっとり系」ではなく「昔ながらのほっこり系」の焼き芋にバターをのせて食べるのが好きです。

ーーー

11月22日から二十四節気の「小雪」(しょうせつ)に入ります。

たびたびこちらでも紹介していますが、二十四節気とは太陽の動きを元に一年を24等分(約15日ずつ)し、それぞれに季節を表したものを言います。

そろそろ北国や山間部で雪がちらつき始めるころ。

平地ではまだ雪には程遠いですが、この時期に降る雨のことを「木の葉しぐれ」と言うそうです。晩秋から初冬に降る雨をさし、木の葉を舞散らす雨だからという意味だそう。

ちょうどこのコラムを書いている日もしとしと雨が降っています。

二十四節気をさらに細分化して季節の移ろいを表した七十二候では、11月22日から26日までを「虹蔵不見」(にじかくれてみえず)。

太陽の角度が低くなることで陽射しが弱まり曇り空が多くなるので虹はしばらく見れなくなる、という意味。こちらには対があって4月中旬に「虹始見」という言葉があります。

なんとなくどんよりとして冬を迎えるなという感じの語録になりますね。

ーーー

カメラを片手に主人と先日散歩した時の写真を。

456_20211125121801

ところどころ真っ赤に色づいてきています。

最近は「The 紅葉」という写真より↓のような「ちょっとした見落としそうな秋」を撮るのが何となく好きです。

Photo_20211125121801

少し進んではしゃがんで小さい秋の写真を撮っているので主人に「早く先に行こうよ」と言われます(苦笑)

各所で秋を撮影していますので写真の整理が出来次第順にアップしていきます。

ーーー

診療所です。

来春に新卒の歯科衛生士さんが入社するので、みんなで役割分担をして指導資料の作成を始めました。

来春なのに今から?と思われるかもしれませんが、意外と日時が過ぎるのが早いので何事も早めに準備です。

歯科衛生士の岡田が中心となって衛生士業務全般を、早田が洗浄滅菌関係と診療室のことを、寺尾が接遇・社会人教育全般、津呂が受付まわりや在庫管理についてと役割分担をしました。

今までは私が資料を作っていたり指導を行っていたのですが、最近は何事もスタッフと共有したほうが良いなという事で全員参加型に移行しています。

なんせ最後に新卒の歯科衛生士が入社したのが岡田でもうかれこれ7~8年前になるので、以前の資料も指導内容も古くなっています。この際なので今の状況にあった教育をと思い見直し中です。

入社予定のFさんに「まさご歯科に入社してよかった」と思ってもらえるよう、みんなでお迎え準備をしています。

年末になり近隣の歯科医院の先生方からの駆け込み手術の依頼などが増えており、小児歯科(ケガをのぞくお子様の虫歯治療全般)、入れ歯や虫歯などの一般歯科、各種歯科検診の受付が困難になっております。紀南地区に口腔外科専科の開業医が当院のみになるので手術予約が優先になります。お問合せの際に予約のご希望に添えない場合がございます。何卒ご理解ご協力の程お願いします。

今週もかなり混みあっておりますがスタッフ一同頑張りますのでよろしくお願いします。

2021年11月21日 (日)

【スタッフコラム】今週の担当:岡田

今年のふるさと納税

11月も下旬になってきました。この時期になると・・・!そうです!ふるさと納税がやっと届きました☆

今年はハマチまるっと一匹分です!

66656_20211119223501

届いた際、大きな発泡スチロールで届いてびっくりしました。開けるとパッキングされていましたが頭まではさすがにないやろ・・・と勝手に思っていたので本当に驚きました。(笑)

届いてすぐの夕ご飯はハマチのお刺身をさっそくいただきました♪

骨の部分なども入っていたのでフードプロセッサーで砕いてつみれにして食べたりなど、アレンジして食べれているので余計に料理が楽しいです!

一応、短大時代も自炊の寮生活でしたし、社会人になって実家暮らしの際もときたま料理をしていたので今のところレパートリーに困ったりはないです。でもこれが一生続くからこそ主婦の方々の悩みの種になるんだな~と理解できました(笑)

Photo_20211120080701

最近の料理はこんな感じです。

柄が入っている食器は母の友人がわざわざ遠方に住んでおられるのに私に結婚祝いとして送ってくださいました。Sさんありがとうございました。

最近、コラムを読んでいただいたり、新聞にも結婚の名前掲載されていたのもあって、患者様から声をかけていただくことが多く、とてもありがたいです♪

『あれ、、名前変わってないから同姓同名かと思った!』という声も聞かれるのですが

正式な書類上は変わってますが、まさご上は皆さん呼び慣れてもいるのでこのままでいくつもりです。

これからもまさご上では岡田呼びでよろしくお願いいたします!

Img_5579_20211119223501

お花は多分ですが南天です。

実家にもあるので思い出して購入してみました。

ーーー

以上、岡田のコメントでした。岡田のふるさと納税、渋いですね!私、魚捌けないので尊敬です!

私もそろそろふるさと納税決めないとです(焦)

2021年11月20日 (土)

街路樹色づく

11月ももう後半。テレビでカニ解禁のニュースを目にしました。もうそんな時期なんですね。自宅でカニを食べようと思うと何かと準備が大変なので旅館のカニコースを食べに行きたいです。

私は焼きガニが大好きです。雪の降る日本海側の温泉宿でカニコースが食べたい…

でも田辺からは大阪に出るまでで2時間はかかってしまうのでなかなか日本海側に旅行はハードルが高めになります。

そういえば、コロナ前に社員旅行で天橋立にカニを食べに行きました。

3436_20211119113201

たしか2~3年前のことですが、もう随分前のことに思います。またみんなで気兼ねなく旅行に行ける日が来ると良いですね。

11月12日から16日までを七十二候では「地始凍」(ちはじめてこおる)と言います。

朝晩の冷え込みが厳しくなり地面が凍って霜柱が出来る頃が由来だそうです。冬の冷気で氷点下になると地面が凍り始めサクサクと音が鳴る霜柱。氷点下になると現れるそうです。比較的温暖な南紀ではあまり見られないかも。

11月17日から21日までを「金盞香」(きんせんかさく)。「きんせんか」とは水仙のこと。

かつて中国では黄色の冠部を金の盃、それを囲む花弁を白銀の台にたとえて水仙の花を「金盞香」と呼んでいた名残りなんだそう。冷たい風が吹く野山で水仙が咲き始める時期。茶花でもこの時期からよく水仙が床の間に飾られているのを目にします。凛とした姿が冬の厳しい寒さによく似合います。

今週も季節の言葉をひも解いてみると、その風景が脳裏に浮かびます。本格的な冬に近づいてきましたね。

ーーー

温暖な南紀もやっと街路樹が色づき始めました。自宅から診療所までの通勤路の車窓から見える景色も冬準備のようです。

456_20211119093201

自宅周りで見つけた小さい秋です。

古い空き家に這う蔦も色づいてます。茶道でこのような色がついた枯草や蔦をこの時期生けることが多いです。

Photo_20211119093201

色づいた木の葉のことを「照葉」と言います。

茶道の先生曰く照葉と椿一輪を生けることで季節感を表すんだそう。

「侘び寂び」ですね。

茶道をするまでは照葉なんて見向きもしなかったのですが、色づいた蔦の這う壁などを見かけると「すてきな照葉。生けたいな」と思うようになりました。

開業して10年目くらいまでは毎週私がお花を買ってきたり茶道の先生のお宅でお花を頂いて診療室や待合室に生けていました。

最近はスタッフの生け花の勉強の一環で完全に任せていますが、たまに自分でも生けたくなる時があります。

職場で生けて「人に見てもらい褒められる、素敵と言われる」経験をするのはいいものです。

スタッフ達にもその体験をしてもらいたくてここ何年か輪番で生けてもらっています。

なんでも経験、若いうちに経験しておくことで良かったと思うことが多いです。「まさご歯科でこれを経験させてもらってよかった」と後に思ってもらえるようスタッフには出来るだけいろいろな経験をさせてあげたいと考えております。

ーーー

診療所です。

先週スタッフたちと物販棚の入れ替えをして保湿グッズをあるだけ全部出して販売しました。いろんな種類が出ているので患者様に「見ていて楽しい」とご好評頂いているとのこと。歯医者さんに来るのは気が重いので少しでも待合室にいる間だけでも和んでいただければ。

今年の新製品はコチラ。

Photo_20211119113201

ペットが舐めても大丈夫なハンドクリームとボディークリームです☆

普通のハンドクリームってペットが舐めると有害な成分が入っているものが多いんだとか。

ハンドクリームを塗った手でペットを撫でたりすると毛にクリームが付き、それを毛づくろいの際に舐めることにより弊害があるとのこと。

飼い主のハンドクリームの成分を舐めて蓄積することで口腔がんのリスクがかなり高くなるんだそうです(ネコは口腔がんが多い!)

口腔がんの悲惨さは人間でたくさんみてきたので…ネコには罹ってほしくない!

我が家もネコが4匹いてハンドクリームを塗ると舐めたがる子がいます。自宅にいる時は出来るだけハンドクリームは塗らないようにしているんですが手がガサガサ。なんとかならないかなぁ…ということで調べていると自然の成分のみで出来ていてペットが舐めたとしても無害なものを見つけました。

実際に私も買って使ってみたところ、ベタベタした感じの使用感ではなくサラっとしておりすぐに肌に馴染む感じ。サラっとしすぎなのであまり効果がないのかなと思ったのですが保湿力があるようでガサガサしにくくなりました。

なによりもネコを触っても大丈夫・舐めても無害というのが安心です。

週明けより販売しますのでご興味のある方はどうぞ!おススメです。

祝祭日の関係上、いつも以上に予約が入らない状態です。手術優先になりますので虫歯・入れ歯・小児歯科はお近くの一般歯科への受診をおねがいしております。ご迷惑をおかけしますがご理解ご協力の程お願いします。

今週も混みあいますがスタッフ一同頑張りますのでよろしくお願いします。

2021年11月14日 (日)

【スタッフコラム】今週の担当:津呂

秋の散策

早いもので11月も半ば。

ここ最近は仕事が終わり、外に出るとすっかり日が暮れ、今まで以上に1日が終わるのが早く感じられる気がします。

先日のお休みの日、お天気が良かったので中辺路の方までドライブに行ってきました。

毎年この時期になると訪れている、大銀杏へ。

3436_20211112142201

私が訪れた時は、まだ紅葉の時期には早過ぎたようで、葉は色付いていませんでしたが、陽の光に照らされた大銀杏の木が綺麗で思わず写真を撮りました。

近くを散歩されていたご近所の方のお話では、紅葉の見頃は11月下旬~12月頭ぐらいとの事でした。

またタイミングが合えばリベンジしたいと思います。

Photo_20211112142203

帰る途中、ふと見下ろした足元には沢山の落ち葉。

落ち葉の他にも道端に栗が落ちていたりと、秋の深まりを感じることができました。

この他にも秋の食べ物といえば「さつまいも」。

Photo_20211112142201

祖母の畑で子どもたちが掘ったさつまいもを使って、スイートポテトも作りました。

もうすぐ12月。

本格的な冬が訪れる前の短い秋を満喫したいと思います。

Photo_20211112142204

今週のお花はアスターです。

調べてみると、アスターの花は恋占いに使われることもあるそうで、恋愛に関する花言葉が多くつけられたといわれているようです。

ちなみにこちらの紫色の花は、『恋の勝利』『私の愛はあなたの愛より深い』という花言葉らしいです。

こんな風に何気なく選んでいるお花でも、色々調べてみると奥深く面白いですね。

もっとお花の事も勉強していきたいと思います。

ーーー

以上、津呂のコメントでした。大銀杏、私たちも昨年観に行きました!スイートポテト美味しそう!お芋大好きです!

 

2021年11月13日 (土)

いなみ町に行ってきました

田辺もほんのり街路樹が色づきはじめてきたような気がします。

11月7日から11日頃を七十二候では「山茶始開(つばきはじめてひらく)」といいます。

「山茶」でツバキと読ませていますが、実は「山茶花」は「サザンカ」のことをさしています。ツバキ科の山茶花の開花は冬の始まりの合図です。

うちの診療所の小庭にも山茶花を植えていますよ。そろそろ咲くかと思います。山茶花は寒さに負けずに鮮やかな花を咲かせるため、花言葉は「困難に打ち勝つ」「ひたむき」なんだそう。運気があがりそうですね。

ちなみに11月11日は「こたつ開き」の日というのはご存じでしたか?

「こたつ開き」の日は別名「亥の子の日」とも言います。

亥の月(旧暦10月)の最初の亥の日をさします。亥の子の日は「亥」が重なるので「玄猪」とも呼ばれ、多産の猪にあやかり亥の子(猪の子)に見立てた「亥の子餅」を食べ無病息災・子孫繁栄を祈願します。

亥は陰陽五行説で火を制する水に当たるため、亥の月亥の日に火を使い始めると火事にならないとされていました。そのいわれから「亥の子の日」にこたつや囲炉裏に火を入れる習慣ができ「こたつ開き」の日と呼ばれるそうになったそうです。

我が家は極度に寒がりな主人がいるため「こたつ開き」の日よりも早々にもうこたつが出ています(笑)

ーーー

地元新聞に「いなみ町の町民が有志でコスモスを植えてそれが見頃」と載っていたのでドライブがてら観に行ってきました。

自宅近くの上富田町でコスモスが咲いたと新聞記事に出た時にカメラ片手に場所を探しに行ったのですが見つからずだったのでリベンジです。

私も紀南地区に引っ越して15年ですがいなみ町は通過ばかりで立ち寄ったことがない街です。診療所の患者様でいなみから通院されている方も多いんですよ。

阪和道の「いなみ」インターから降りて下道を走ってみました。

インター周辺は昔懐かしい感じの田園地域。小さな産直市場の隣の川辺の空き地の一角にコスモスが植わっていました。前日に地元新聞に掲載されたので一眼レフを持って撮影している方たちがチラホラ。

777_20211112141701

コスモスって…なんか撮影しにくいなと前々から思っていたのですが、先週のスタッフコラムの寺尾のコメントで「コスモスは風に揺れるから撮りにくい」とあり「ああ、それでなんか上手く撮れないんだ」とすごく納得しました!

876_20211112141701

花が風で正面を向いてくれません(苦笑)

ちょうど写真を撮っているときに「特急くろしお」が通過しました!

5434_20211112142601

コロナで「特急くろしお」が減便されてし日中は2時間に一本しかないのでレアです!

この畑は地元のみなさんがいろんな花を育てているらしく季節によって目を楽しませてくれているとの事。コスモス畑の中にある案山子も手作りなんだそう。この日もベンチに地元の方たちが持ち寄りでお菓子やお茶をもって談笑されていました。古き良き田舎の風景で和みました。

畑から国道に出る途中に「いなみ町」のシンボルがあります。

「かえる橋」です。

637_20211112142201

1995年に総工費9億円(!)をかけて作られた橋で町民の方曰く「税金の無駄遣い…賛否両論」な橋なんだそうです。

Photo_20211112142202

なぜにいなみ町でかえるなのかと調べたら町のイメージキャラで「考える」「人にかえる」「町をかえる」「古里へかえる」「栄える」の5つの「かえる」に願いを込めたキャラクターなんだそう。

阪和道のいなみIC周辺を通るとほんの少しかえるの頭が見えるので気にはなっていましたが、近くで見るのは初めてです。

いなみ駅や町中にいろいろかえるがいるらしいと後から知りました。今度いなみ周辺に行った際にいろんなかえるを探してみたいと思います。

紀南地区もまだまだ知らないところがたくさんあるのでカメラ片手にドライブに行ってみます。

みなさん「紀南地区、ここがおススメ!」がありましたら教えて下さいね!

ーーー

診療所です。

乾燥する時期になってきたので「秋冬バージョン」に物販をみんなで入れ替えました!

456_20211112142201

全員でキャーキャー言いながら休み時間に商品の展示を行いました。みんなですると早いし「これも置いちゃえ!」な感じのノリで楽しくできました。新しいPOPも作成中です。

4月に新卒の歯科衛生士さんが久々に入社するので、全員でマニュアルを作り直しています。まだまだ4月だし…と思っても意外と時間が過ぎるのが早くて後から焦る…というのは嫌なので今から準備しています。

全員で指導をする予定なので誰がどのセクションをどのように担当するのか配分していきます。みんな入社を楽しみにしていますのでFさん国家試験の勉強に頑張って下さい!

連休前でかなり混みあっております。今週もスタッフ一同頑張りますのでよろしくお願いします。

2021年11月 7日 (日)

【スタッフコラム】今週の担当:寺尾

今月のおすすめ商品・○○の秋

今年も残すところあと2か月。早いですね~10月半ばから急に寒くなってきて、衣替えやあったかい寝具を用意したり慌てて冬支度を行いました。そんな中、どこからともなく金木犀のいい香りがして癒されています。これからますます寒くなってきますが皆様体調崩さぬようお気をつけ下さい。

456_20211106203001

今月の企画品は衛生士岡田さんのおすすめ!「クリーニングジェル」と「歯間ブラシセット・1本ずつでの販売」の2本立てです。「クリーニングジェル」は気になる着色ケアにおうちで週1~2回使っていただくホームクリーニング剤です。こちらは高機能シリカの吸着効果によって汚れを落とす歯磨き剤で、研磨剤によって必要以上に歯を傷つけないので安全なケアで白い歯へ導いてくれます。

637_20211106203201

「歯間ブラシ」は今まで同サイズ4本入りでの販売だったのですが、今回初めて4サイズ(SSS・SS・S・M)が1本ずつ計4本入りのセットと4サイズの1本ずつの販売を行います。

4本入りセットはご家族で異なるサイズをご使用の方々や、歯の隙間によって違うサイズの歯間ブラシを使い分けられている方におすすめです。1本ずつでの販売は歯間ブラシデビューの方にもおすすめです。歯間ブラシを使ってみたいけれども、どのサイズがいいのかな?とお悩みの方には岡田さんから最適なサイズをご提案いたします。受付やチェアサイドでスタッフにお気軽にお声かけください。

〈食欲の秋〉

秋といえば食欲の秋ですよね。お菓子売り場では、さつまいものお菓子や「新米で作りました」と書かれたおせんべいを見つけては購入しています。産直市場では「新物」と書かれた安納芋を購入したところ表面に蜜らしきものがにじみ出てきており、レシピより砂糖少なめで甘露煮にしたところとても甘く秋の味覚に感動しました。

〈運動の秋〉

食べてばかりでは体重が気になります()最近はできるだけ毎日ヨガマットでストレッチや軽い筋トレをするように心掛けています。ウォーキングもなかなかできておらず外に出て運動することがなかったのですが、先日誘っていただき数年ぶりに太陽の下で運動する機会がありました。私は超がつくほどの運動音痴なのですが久しぶりの運動はとても楽しかったです。

〈芸術の秋〉

先週のいくみ先生のコラムにきれいなコスモスの写真が掲載されていたのを見て私もコスモスの写真を撮りに行きましたが、風に揺られてブレブレの写真しか撮れませんでした…この写真は9月に撮れた写真です。

777_20211106203201

紅葉やイチョウの写真などもこれから撮りに行けたらなぁと思います。

Photo_20211106203001

今週のお花です。ガーベラファーム西浦様よりたくさんのガーベラと素敵なアレンジメントをいただきました。いつも本当にありがとうございます。

ーーー

以上、寺尾のコメントでした。そうなんです、寺尾の言うとコスモスって風に揺れるので撮りにくいんです!難しい!

2021年11月 6日 (土)

霜月

11月になりました。霜月ですね。

777_20211106080401

診療所の事務でお礼状書きがあります。11月に入り候文に「きんもくせい」と書こうとして「さて、きんもくせいって漢字でどう書くのだったっけ?」と調べてしまいました。

漢字では「金木犀」と書きます。

普段PC上で文章を書いているとふと手書きをした際に文字が出てこないことが最近多々あります。

字面はなんとなく覚えていてもいざ書くとなると難しいですね。こういった機会に漢字を手で書いて覚える作業をしております。

金木犀、良い香りですね。

小中学生の時の通学路に大きな金木犀の木があり秋の終わりから冬の始まり頃になると優しい秋の香りがしていたのを思い出します。自宅の近くにも金木犀の木がどこかにあるようで、この時期洗濯物を取り込むときにそこはかとなく香り懐かしさを感じています。

視覚、臭覚といろんな五感がありますが、臭覚は後々まで強く記憶に残るんだそうです。

みなさんは「香りの想い出」はありますか?

ーーー

11月7日は二十四節気の立冬です。暦の上では冬の兆しがくるという意味です。

中国のことわざで「立冬補冬、補嘴空」というものがあり、立冬はその時期に収穫されたものを食べて栄養を補給しなさいという意味だそうです。寒い冬を乗り切るための冬支度をと言ったところでしょうか。

11月2日頃は七十二候では「楓蔦黄(もみじつたきばむ)」。楓や蔦の葉が色づき始めます。和歌山県の高野山はもう紅葉の見ごろだそうですよ。南の海沿いの田辺はまだもう少し先と言った感じです。この頃の俳句の季語には「薄紅葉」「初紅葉」が使われ木々の色づき始めた情景を表していますね。

また10月27日から11月9日の2週間は「読書週間」です。昭和22年に開始され今に至ります。いつもここで書いていますが現代は読書離れが進んでいるのでもっと啓発したらいいのにと思います。

私は伝記を読むのが好きで最近は和歌山にゆかりのある「花岡青洲」を読み直しています。

世界で初めて全身麻酔を成功させた医師ですが、そこに隠された嫁姑の女性独特の確執など人間臭いドロドロがあり青洲先生も苦労したんだなぁと感じます。

青洲先生の流派は積極的に外科治療を行っていたようですが、昔の方はガンの切除や抗がん剤などはないので一体どうされていたんだろう?と不思議です。

和歌山県紀の川市に「青洲の里」という施設があり、実際に青洲が治療を行ったと言われる春林軒が再現移築されています。当時の医療の現場やその頃に使っていたと思われる医療器具なども展示されており興味深いです。

主人と何回もドライブがてら青洲の里に遊びに行きました。近くに産直市場などもあり買い物も楽しいですよ。

今は有料道路が近くまで通ったのでアクセスが良くなったのでぜひ遊びに行ってみて下さい。

「灯火親しむ」という言葉の通り、秋の夜長は読書を楽しみたいですね。

ーーー

診療所です。

11月は「いい歯の日(11月8日)」があるということで、歯科衛生士の岡田が歯の衛生用品を待合室にてピックアップして販売しております。この機会に「歯間ブラシを使ってみたいんだけどサイズが分からない」と言う方に歯間ブラシ各サイズ1本からのお試し販売も行っています。

祝日がある関係で予約がかなり取りづらくなっております。

近隣の一般歯科の先生方からも難しい親知らずの抜歯や良性腫瘍関連の手術依頼も多く入っており、虫歯の治療や小児歯科、入れ歯治療の予約を受けることが難しくなっております。

口腔外科専科ですので手術が優先となりますので何卒ご理解ご協力の程お願いします。

今週もスタッフ一同頑張りますのでよろしくお願いします。

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

当院ホームページ