« 年末年始の休診のお知らせ | トップページ | 【スタッフコラム】今週の担当:寺尾 »

2021年12月 4日 (土)

晩秋を感じて

金曜に和歌山県では震度5弱の大きな地震がありました。

震源は御坊市と言って当院の所在地である田辺市から近い所です。田辺市は震度4でした。

私はその日在宅していたのですが、揺れる前にゴゴゴという地響きがしたと思うと強い横揺れが15秒ほど続きました。

私は阪神大震災の被災者です。

自宅前は映像でも有名な長田区近くの街全体が火事の、あの近くで「火が出たぞ」と誰かの怒号でとにかく寒空の早朝に着の身着のまま家族で逃げたのですが、それはもうあたりは瓦礫と火の海で悲鳴など筆舌にし難い地獄絵図でした。

避難所生活も心身ともに辛かったです。命が助かったのが奇跡です。

そんな経験があるので地震だけは今でもとても苦手で、少し揺れるだけで当時の恐怖がフラッシュバックします。いわゆるPTSDですね。本当に記憶がよみがえり動悸が止まらなくなり息苦しく冷や汗と手が震えます。1月17日の阪神淡路大震災の震災関係の追悼映像も未だに見れません。本当に怖いです。

私自身も怖いのですが、地震があった際に飼い猫がすごくパニックになりどう対処していいか分かりませんでした。幸い津波がなかったので避難はいらなかったのですが、今後避難となった際にまず猫をどうしようか…自分の命より猫が私は大切です。ペットの防災についてもいろいろ考えさせられる地震でした。

ーーー

話題を変えて。

11月27日から12月1日までを季節を表す七十二候では「朔風払葉」 (きたかぜこのはをはらう)と言います。

紅葉が過ぎ、北風が木の葉を散らす時期になってきました。朔風とは北風、つまりは木枯らしのことをさします。

木枯らしが吹きすさび葉が落ちた木々が続く冬景色は寂しげに見えますが、土に落ちた木の葉は「望み葉」といい土の中で肥料になり巡り巡って春を迎える植物の栄養になります。

季節のめぐりを感じますね。

なんだか色味のない言葉が多いので、今回は私が先日主人と各地を散歩して「小さい秋」を見つけに行った写真を。

456_20211202114501

某所山間部へ主人と紅葉狩りに。

5434_20211202114501

銀杏の絨毯。田辺市にも有名な大銀杏があります。11月の津呂の記事に掲載しています。前までは地元の人のみぞ知る的な大銀杏だったのですが最近はSNSの普及で大混雑しているみたいです。

Photo_20211202114501

立派な紅葉。一番見ごろでした。

9865_20211202114501

上を見上げるとこんな感じ。

花の時期も紅葉も見ごろはほんの一瞬。でもほんの一瞬の儚さだからこそ美しさが増すんですね。

診療所前の小庭の紅葉は色づくのにもう少しかかりそうです。今はツワブキが咲き始めました。ほんの猫の額ほどの小庭ですが花が咲いたり色づいたりと毎週楽しみにしています。

ーーー

診療所です。院内も早田を中心にクリスマスディスプレイに変更しました♪

12月になったので物販の新しい企画が始まります。今回は津呂が担当。

Img_5406_20211202114501

その他、ちょっとしたクリスマスプレゼントに最適な歯ブラシのプチギフトや自分用のプレゼントにちょっぴり高級なケア用品なども取り揃えております。

待ち時間の間にどうぞ☆

年末年始の休診のご案内を年内の間トップに掲載しております。

すみません、今年は年内早めに診察を終了します。その加減で12月中の予約が現段階ですべて埋まっており予約がほぼ取れない状態になっています。外科処置以外で診察をお急ぎの方は近隣の一般歯科医院へのご案内になる場合がございます。何卒ご理解ご協力の程お願い申し上げます。

かなり混みあっておりますがスタッフ一同頑張りますのでよろしくお願いします。

 

« 年末年始の休診のお知らせ | トップページ | 【スタッフコラム】今週の担当:寺尾 »

とりあえず診療日記」カテゴリの記事

当院ホームページ