« 【スタッフコラム】今週の担当:岡田 | トップページ | 【スタッフコラム】今週の担当:早田 »

2022年1月29日 (土)

アミラーゼ妖怪

本当に寒い日が続きます。

私は趣味で散歩がてらカメラ片手にブラブラするのが好きなのですが、最近は寒すぎて全く散歩に出れずにいます。

毎回コラムの冒頭に一枚何か季節の写真をと掲載をしているのですが、この真冬だとあまりきれいな被写体もなく…で写欲がなかなか湧いてきません。

5326_20220122151101

ということで、近所の天神崎の写真を。もう寒い冬空という感じですね。

そろそろ梅の開花時期なので楽しみにしています。

1月25日から29日までを季節を表す七十二候で「水澤腹堅」(さわみずこおりつめる)と言います。

寒さが厳しく水が流れる沢さえも凍り、堅く厚い氷がはるという意味です。それほど寒い時期だと表現しているそうです。

二十四節気や七十二候はこちらに記載する際に辞書などで調べたり、どんな使われ方をするのか茶道の歳時記を見たりするのですが、この「水澤腹堅」はあまり使われないようでほとんど掲載がありませんでした。

川の水や沢さえも凍る、凍てつく様が字面の方さから感じます。冷え込みが厳しいのでみなさま、体調を崩されないようにして下さい。

ーーー

先日、マツコの「かりそめ天国」を見てました。マツコさんはあんかけが好きなんだけど数口食べるとあんがあっという間にスープになってしまって悲しいんだとの事。

Img_5406_20220122141801

実は…主人もなんです!

主人と私と同じタイミングで中華丼やカレーうどんを食べていると、主人の分だけ数口でシャバシャバ!あんが早い段階からサラサラの液状になります。主人は麺やご飯から食べる派、私は野菜から食べる派。主人は「僕は野菜を最後に食べるから野菜から水分が出るんだ」と謎の見解を申しておりましたが…。

なんと!唾液中のアミラーゼの量であんかけのあんがサラサラになってしまうんだとか!!

アミラーゼとは?膵臓で作られる食物の消化を助ける酵素です。唾液中のアミラーゼが多いとあんかけなどのデンプンを「糖」に変えてしまうのですぐにあんがサラサラになってしまうそうです。

そうやったんや!

…というか私たち一応プロの「口の専門家」やん(笑)

あー…なんか何の授業だったか忘れたけど唾液系の授業でそういえば習ったような気がするような?と主人と話していたら、同業者の先生が番組で詳しく解説してくれていました。先生ありがとう!勉強になりました!

唾液のアミラーゼの研究の第一人者、神奈川歯科大学大学院環境病理学講座教授の槻木恵一先生のコラムに唾液について詳しく書いてあるのでご参考までに。

あんかけのあんサラサラ問題にはカテキン入りの緑茶を飲みながら食事をするといいそうです。カテキンって糖の吸収を抑えるって言いますもんね。

ただ、マツコさんの強力なアミラーゼにはカテキンも太刀打ち出来ませんでした。うちの主人もたぶん同じかと。

槻木先生にマツコさんが次の対策カモーンしていたので続編楽しみにしています!

5326_20220122141801

ちなみに、かりそめ天国の番組内でマツコさんが「我こそはアミラーゼの猛者、かかってこんかい」と挑発していました。うちのDr.ヒロシもマツコさんに負けないアミラーゼ妖怪なのでこっそり応募してみようかなぁ。

唾液歯科医師・槻木Dr VS 妖怪アミラーゼ口腔外科医・Dr.ヒロシ 番組的には美味しくないですか?(笑)

画像出典:マツコのかりそめ天国Twitterより

ーーー

診療所です。

コロナ再燃、田辺もご多分に漏れず感染者が多い模様。コロナに罹患すると味覚異常を起こす方がいます。対処療法にはなってしまいますが亜鉛がいいそうです。

受付にもサプリがございますのでご相談ください。

2月からは新しい企画品も販売になります。現在スタッフで準備しておりますのでお楽しみに☆

では今週も混みあいますがスタッフ一同頑張りますのでよろしくお願いします。

« 【スタッフコラム】今週の担当:岡田 | トップページ | 【スタッフコラム】今週の担当:早田 »

とりあえず診療日記」カテゴリの記事

当院ホームページ