« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »

2022年5月

2022年5月29日 (日)

【スタッフコラム】今週の担当:寺尾

名建築さんぽ

もうすぐ6月ということで日中は少し暑いなぁ~と思う日も増えてきましたね。朝夕はまだ寒いなぁと思う日もありまだまだ油断はできないですね。寒暖差で体調崩さぬよう皆様お気をつけ下さい。

穏やかな気温、新緑のきれいな季節ということで写真を撮りに行きたいなぁと思う日々なのですがなかなか出かけられずにいる今日この頃です。

最近は就寝前に写真が多めの本を読んでいます。

Photo_20220528110101

この本は建築物と食べ物という組み合わせで25か所ほど紹介されています。

1日1か所を読んで寝るというスタイルで、「今日は頑張ったなぁ」という日は特別に2か所分読んでパワーチャージしています()素敵な建築物とおいしそうなご飯やスイーツに癒されております。

実際に見てみたいなぁと思うのですが、すべて東京にある建物なのでなかなか遠いですね…

落ち着いたら、関西にある名建築を見に行きたいなぁと思っています。行きたいなぁと考えているのは、以前テレビで見た芦屋市にあるヨドコウ迎賓館と大阪府立中之島図書館です。

そしてこの本の続編、京都編も購入したのでこちらも今後読み進めていくのが楽しみです。

Photo_20220528110102

今週のお花は花びらの形がかわいいカーネーションとアルストロメリアでした。

ーーー

以上、寺尾のコメントでした。私も東京憧れます。京都の長楽館おススメです!

2022年5月28日 (土)

口唇ヘルペスはどこまでも

見渡す限りの梅山が広がる南紀は青梅の収穫真っ最中です。

Photo_20220524084401

地元新聞の広告欄に「梅ひらいアルバイト募集」がたくさん出始めると、もうすぐ「梅雨だなぁ」と感じるようになりました。

この時期の長雨を「梅の雨」と書いて「梅雨(つゆ)」と言いますが、「梅雨」の由来をご存じですか?

諸説あるのですが、もともと中国の言葉であるらしく

◇梅の実が熟す頃に降る雨を中国の長江流域では「梅雨(ばいゆ)」と呼んでいた

◇「黴が生えやすい時期の雨」という意味で「黴雨」と呼んでいたが、黴では語感が良くないので同じ読み方の「梅」の字を当てて「梅雨」になった

とのこと。

その言葉は江戸時代に伝わり、いつしか「梅雨(ばいゆ)」がこの時期の雨の「露」に似ていることから日本では「梅雨(つゆ)」と呼ばれるようになったんだそうです。

「梅雨」という言葉が伝わる前まではこの時期の長雨を「五月雨(さみだれ)」と言っていたそう。

青々とした梅の実にしとしと降る雨、五月の新緑を濡らす雨、どちらもこの時期の風情を感じる言葉です。

梅農家のみなさま、大変な時期ですが頑張って下さいね!

ーーー

金曜日の「かりそめ天国」でマツコさんが年中口唇ヘルペスに悩まされているとの事。厚化粧されているので分かりませんがいつも口周りがただれていて痛いそうです。

あまり知られていませんが、「口腔外科」でも口唇ヘルペスの治療が出来ます。

口唇ヘルペスは通称「熱の花」と言いますね。

「単純ヘルペス1型ウイルス」に感染すると体内の神経節にウイルスが住み着き、疲れやストレスなどで抵抗力が落ちると活動をし始め口唇周りがピリピリと痛み出し水疱を作ります。やっかいなのは何度も再発するところです。

書くいう私も頑固な口唇ヘルペス持ちです。

ちょっとしたストレスや疲れで盛大に口唇ヘルペスの花が咲きます。

口角が切れ、口まわりはじくじくと潰瘍が出来て爛れ痛みに悩まされます。私は持病で免疫抑制剤やステロイドを服用しているので健常者の方よりも難治性です。

年明けに久々に口唇ヘルペスが出来たと思ったら盛大に花が咲いてやっと小康状態になったと思ったらまた再発の繰り返し…でもう半年ほど悩まされてます。

マスク生活なので目立たなくていいですが、口周りはいつも真っ赤に腫れておりお化粧すら難しい状態です。

チクチクした痛み…と表現されるヘルペスの痛みですが、剣山で神経を突いているような不快な自発痛であまりの痛みに夜中目が覚めることもあります。

職業柄、口唇ヘルペスに関する各種症例報告や論文を読み漁り自分の身体で各種治療(ゾビラックス内服やバルトレックス内服やら考えられるものすべて)をいろいろ試していますが…どの治療法も正直言ってどれもイマイチぱっとしません。というか、ほとんど効きません(個人差があります、私の場合)。

私を含めて今まで口唇ヘルペスの患者さん達を診ていて気付いたのですが、更年期の年代に発症すると非常に治りが悪いように思います。

やはりホルモンが原因なんでしょうね。

本当にホルモンというのは不思議です。女性だけでなく最近は男性も「男性更年期障害」と言ってホルモンに振り回されているようです。

そしてこの年代は何かと悩み事も多い。抵抗力が落ちてるから体を休めて…と言われても日々の忙しさと年齢による体力の回復力の減少などで心身ともに休まらない。

私もその年齢になってきたのかなぁと最近の身体の不調を思いながら感じています。

若い頃のように無理がきかない身体になってきました。ぼちぼち自分自身の心身の声と向き合いながら日々を過ごせるよう調整しないとなと感じます。

口唇ヘルペスに罹患すると一生治りません。死ぬまで「道連れ」です。ほんと勝手に住み着いて家賃が欲しいくらいですね(苦笑)うまく共存できるようにできたらいいものです。

このコラムは解析すると更年期世代の方によく読まれているようなので、同年代の方どうぞお互い気をつけましょう。

…ということで、最近の気晴らしは阪神タイガースの試合を「あーだこーだ」言いながら主人と観戦することです(スタッフの寺尾も大の阪神ファン。主人はサトテル、私は近本っちゃんと梅ちゃんと青柳さんファンです)負けると腹が立って逆効果ですが(苦笑)

あとは寝る前にアマゾンプライムでボーっと流行物を見流ししているのですが、最近のヒットは「パリピ孔明」というアニメがあまりにもくだらなさ過ぎて元気が出ました(私はアニメオタクではありません…苦笑)。

諸葛孔明がお経風ラップで三国志の物語を教えてくれるという、とても斬新な内容でした(笑)そこまで孔明で遊ぶか?と苦笑いです。気晴らしにはこれくらいぶっ飛んだ馬鹿馬鹿しさがいいですね。

そんな訳で、ヘルペスが悪化しないようお家時間で気分転換しています。

ーーー

診療所です。

6月から毎年恒例の「歯周病治療薬コンクール」の特売が始まります!

もう10年以上、6月の歯の衛生週間に行っている特売イベントはファンの方も多く治療以外で買いに来られる方も多いです。

この時期だけのお得な歯ブラシ付き福袋など用意しております。数に限りがありますのでお早めに☆

新卒歯科衛生士の古里も指導が進み日々出来ることが増えてきています。6月からは患者様ともっとコミュニケーションが取れるような指導を取り入れていく予定です。成長を見守ってもらえたら幸いです。

治療の予約枠がかなり先まで埋まっており、救急以外は治療のお問合せを頂いてもすぐにご予約が取れない状況です。

一日に適切に診察できる人数が決まっております。過剰な人数の予約は治療の質の低下や患者様の待ち時間の増加などご迷惑をおかけすることになります。適正人数の治療にご理解ご協力の程お願い致します。

今週もスタッフ一同頑張りますのでよろしくお願いします。

ーーー

まさご歯科からのお知らせ 

☆2023年新卒歯科衛生士の求人募集を6月1日より開始いたします☆

近畿圏内の歯科衛生学科のある大学・短大・専門学校に2023年度新卒歯科衛生士募集の学校求人を出稿します。

6月1日より当院ホームページのリクルートページにも求人の詳細を掲載いたします。

夏休みには体験入社や医院見学も行っています。

田辺でUターンで就職ご希望の学生のみなさま、ぜひご検討ください。

☆卒後1~2年の第二新卒歯科衛生士 6月より募集開始!☆

卒後すぐ、卒後1~2年以内の第二新卒の歯科衛生士の募集も6月より開始いたします。

現在勤務中の方は面接日・入職日考慮致します。院内見学も可能です。

☆パート歯科衛生士 6月より募集開始☆

定期健診を担当して頂きます。ブランクのある方もOKです!

現在在職中の方は入職時期相談可です(週2回~フルタイムもしくは午後のみ勤務可能な方)

 

まさご歯科口腔外科クリニック (人事担当:寺尾) 0739-22-0829 まで

 

2022年5月22日 (日)

【スタッフコラム】今週の担当:古里

メダカ

まさご歯科に入社して1ヶ月が過ぎました。4月当初はやっていけるか不安でしたが、先生をはじめみなさんのおかげで少しずつですが、動けるようになってきたのではないかと思っています。

最近施術試験に合格し,患者さんの歯周病検査や機械を使ったお掃除をさせていただいています。スムーズにいかずゆっくりな施術ですが、頑張りますのでよろしくお願い致します。

さて、去年の夏休み大阪から帰省すると先住民の金魚の水槽の隣に新住民のメダカがいました。

よく見ると赤や白、黒や水色っぽい様々な色のメダカがいました。どうやら知り合いの方から貰い育てることになったのですが、育て方が分からず金魚と同じように育てたら良いと思い水を頻繁に変えたり、エアレーションを入れたりして育てていましたが、すぐに死んでしまいました。

その後も成魚や稚魚を貰い育てましたが、やっぱり何匹か死んでしまいました。

残りの生きているメダカには、エアレーションの勢いを弱くしたり水をあまり替えたりせず育て始めました。するとこの効果なのか成魚の体力のおかげなのか分かりませんが、死なずに今日まで生きてくれています。

Photo_20220521135801

生き物を飼うことは難しいと痛感しました。

今年の4月に入って卵を産み始めました。仕事から帰ってきては孵化の日数などを調べたり、観察したりと小学生の自由研究じみたことをしつつ、卵の仕分け作業を毎日しています。(笑)

Photo_20220521135802

今週のお花はデルフィニウムとかすみ草です。

だんだんと暑くなってきているので診療室での待ち時間の際、見ているだけも涼しくなるかな~と思い寒色系の色のお花を選びました。

ーーー

以上、古里のコメントでした。

患者さんでメダカを育てている方がいます。今度育て方のコツを聞いてみては?

お花涼しそうで良いですね!患者様もお花好きな方が多いのでまた工夫して下さい。

2022年5月21日 (土)

牡丹と芍薬

テレビで新茶の摘み取り風景を見かけました。

そういえば5月2日あたりは「八十八夜」でしたね。

「夏も近づく八十八夜 野にも山にも若葉が茂る あれに見えるは茶摘みじゃないか」

の歌を耳にされたこともあるかと。初夏の茶畑の風景が脳裏に浮かびます。

私はお茶が好きで我が家では朝は緑茶、夜はほうじ茶を飲んでいます。

関西だと京都宇治がお茶というイメージがありますが、実は甲賀や伊賀周辺も茶の生産が盛んです。

せっかくなら産地の美味しい茶葉を、ということで主人とその周辺にドライブがてら買出しに行っています。田辺からだと2時間少しくらいで到着できますよ。京都のように混雑もせず鄙びた里山の風景が好きなのでこちらに買い求めに行っています。

茶葉の収穫は年に3回~5回ありますが、その中でも八十八夜前後に収穫された新芽で作られた茶のみ「新茶(一番茶)」と言います。

「八十八夜の新茶を飲むと長生き出来て縁起が良い」という言い伝えがありますが、新茶は冬の間に蓄えた旨味成分(アミノ酸)を多く含んでおり特に美味しいです。

最近は玉露にハマっており淹れ方が難しく試行錯誤して味わっています。

新茶が出回ると、もう夏もすぐそこですね。

ーーー

先週、早田が診療所に芍薬を生けていました。

この時期を彩る大輪の花の女王として君臨するのが芍薬と牡丹。

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」と女性の美しさ表す言葉として有名です。

Photo_20220517093002

似ているので見分けがつきにくい両者。違いが分かりますか?どちらもボタン属で花色や咲き方が似ていて難しいです。

ということで、簡単な芍薬と牡丹の見分け方を。

◇芍薬は草で、牡丹は樹木

◇葉 芍薬が丸みがありツヤがある、牡丹はギザギザでツヤがない

◇つぼみ 芍薬はまん丸、牡丹は先が尖っている

◇散り方 芍薬は最後までしがみつきながら散る、牡丹は一気に散る

なんだそうです。

私もお花が好きで詳しい方ではあるんですが、パッと見た感じどちらか品種によっては分かりません。

Photo_20220517093401

ちなみにこちらの上下の花は先日散歩した際に見かけて撮影しました。

芍薬・牡丹か、どちらでしょう(笑)

Photo_20220517093001

芍薬と牡丹は少し開花時期がずれるらしく、芍薬が5月初旬から下旬(初夏)で牡丹は4月下旬から5月初め(晩春)。

この時期の花の女王を見かけることがあればどちらか同定してみて下さい。

ーーー

4月入社の新卒歯科衛生士の古里です。

古里の成長の進捗具合を見ながら、テーマを決めて私の方で指導レポートを作り毎週水曜午後に座学講義と実習をしています。

今週は「止血について」と「術後の患者説明について」を指導しました。指導した内容はその週から実際に患者様に対して施術可としています。

レポート作りが大変ですが、きちんと理論を理解して施術しないとただ機械的に業務をこなすだけになり「なぜ今これをしているのか」が分からなくなります。何事も最初が肝心です。私もレポートのために再勉強しております。

古里もお陰様でだいぶん患者様に施術出来ることが増えてきました。

毎日古里には実習日誌を書かせているのですが、最初は口の中に器具を入れることさえ緊張し恐々で出来なかったのが最近はスムーズにいくようになったとのこと。

学生時代の実習日誌というと見学ばかりで触ることは許されないので「とにかく見た症例を書いて提出する」事ばかりに気が取られがちですが、実際に資格を取って働きだしてから実習日誌を書かせると、今日は何をしたのか、何が出来るようになったのか、どこがやりにくかったのか、どこが改善できたのか…など書き出すことによって本人自身の確認と意識の変化や成長がよく分かります。

この仕事に携わって25年ですが、新卒で成長する子・しない子は働き出して1~2カ月でなんとなく分かります。顔つきや働く姿勢がこの時期あたりに「学生」から「社会人」へと変わってきます。プロとしての自覚を育てる大切な時期です。

せっかくご縁があって新卒をお預かりしたからには「プロとしての自覚を持てる歯科衛生士」に育てたいです。

古里さん、大変かと思いますが頑張って下さいね。

ーーー

診療所です。

歯科衛生士の岡田が誕生日でした。おめでとう!

Photo_20220519112901

今年のスタッフへの誕生日プレゼントはサーモスのネーム入りマグです。

最近は各自の名前入りのものを用意しています。個人的に私が欲しいものを選んでいます。喜んでもらえたら嬉しいです。

受付は新製品がたくさん入荷しています。スタッフの津呂は前職販売だったこともあり最近物販を担当してもらっています。

今までなかった目線で商品を陳列したりPOPを作ってくれるので売り上げ好調です。新製品は陳列するとすぐに売れてしまいます。次回入荷は未定なので「これ欲しいな」と思ったら早めにどうぞ!人気のミッフィーのケアグッズなど入っています!

今週は近隣高校の学校歯科検診で出張のため、予約枠がかなり少なくなっております。

現在、予約が混みあっておりかなり先まで診察予約枠が埋まっている状態で救急以外のお問合せはすぐにお受けできない状況です。物理的に1日で診察できる人数が決まっております。ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんがご理解ご協力の程お願い致します。

今週もスタッフ一同頑張りますのでよろしくお願いします。

まさご歯科からのお知らせ 

☆6月初旬に2023年新卒歯科衛生士の求人募集を開始いたします☆

今夏、近畿圏内の歯科衛生学科のある大学・短大・専門学校に2023年度新卒歯科衛生士募集の学校求人を出稿します。6月以降に当院ホームページのリクルートページにも詳細を掲載いたします。

夏休みには体験入社や医院見学も行っています。

田辺でUターンで就職ご希望の学生のみなさま、ぜひご検討ください。

☆卒後1~2年の第二新卒歯科衛生士も6月からの募集開始!☆

卒後すぐ、卒後1~2年以内の第二新卒の歯科衛生士の募集も6月より開始いたします。

現在勤務中の方は面接日・入職日考慮致します。院内見学も可能です。

まさご歯科口腔外科クリニック (人事担当:寺尾) 0739-22-0829 まで

 

2022年5月15日 (日)

【スタッフコラム】今週の担当:早田

小さな癒し

 GW明けの5連勤の今週。久しぶりに沢山働いた感じがしていて、毎日お布団に入るとあっという間に寝落ちしています。

GWは、ランチに行ったり、実家にお泊まりして家族で過ごしたり、ゆったりと楽しく過ごすことができました。

実家のつつじが綺麗に咲いていたので、思わず撮影。

Photo_20220514205602

お花を見ていると心がほっこりと癒されます。

 他にも最近の癒しを。

少し前のいくみ先生のコラムにありましたが、先生、いくみ先生からミッフィーちゃんのフィギュアをいただきました。この子は、「メラニー」ちゃん。我が家の可愛いミッフィーファミリーに仲間入りです。

部屋の色んな所に飾っているミッフィーちゃんを集めましたが、集合すると圧がすごいですね()

Photo_20220514205601

大切にします。先生、いくみ先生ありがとうございます。

 今年も恐ろしい事に、梅雨入りが早いそうですね。頭痛や、だるさ、ジメジメと蒸し暑い感じ、梅雨は最も苦手な季節です。

梅雨時期に体に不調が出やすい気象病の人が多いみたいですが、最近テレビやSNSでも梅雨の不調の予防に「耳マッサージ」が効果的だ、とよく聞きます。

内耳の血流を良くして、自律神経を整え、気象病を予防したり、改善したりするそうです。

この時期、しんどいみなさま、是非、耳マッサージ検索してお試しください♪

私も毎日耳マッサージを続けてみたいと思います。

Image2_20220514205601

 今週のお花は、芍薬とカンパニュラです。パッと綺麗に咲いた迫力のある芍薬に心惹かれ選びました。美しくて、患者様にも好評なようでした。

ーーー

以上、早田のコメントでした。ミッフィーズの圧が…なんか可愛いです(笑)私も芍薬大好きなんです。飾ってあるのを見てほっこりしました☆

2022年5月14日 (土)

蝌蚪

連休は皆さまどうお過ごしでしたか?

Photo_20220513095101

田辺は隣町の南紀白浜の海開きがあったり、アドベンチャーワールドのパンダを見に来る観光客で国道は大渋滞。

どこか行こうと思っていたのですがあまりの大渋滞で萎えてしまい近所に買出しに出るくらいで大人しくしておりました。

買出しに行く際に国道から逸れた地元の人しか通らない道沿いの田んぼはもう田植えが済んでいる所があり青空に早苗が映えていました。

季節を表す七十二候では5月5日から10日までを「蛙始鳴(かわずなきはじめる)」と言います。

おたまじゃくしが蛙になり田んぼや畔で鳴き始める頃。オスの蛙の鳴き声はメスの蛙を恋しがって鳴く声らしいです。

おたまじゃくしは俳句の世界では「蝌蚪(かや)」と言います。卵は「蝌蚪の紐」「数珠子」。晩春から初夏にかけて、この時期の季語です。

尾を振つて流され行くや蝌蚪一つ
星野立子「立子句集」

この池の生々流転蝌蚪の紐
高浜虚子「七百五十句」

おたまじゃくしを1匹見かけた、カエルの卵を見つけたという句ですが、たったそれだけの事なのにその情景や詠み人の心理状況が目に浮かびます。

俳句が盛んな頃は今のようにインターネットやSNSのない時代。その分、感性が研ぎ澄まされていたのかもしれません。情報過多は良いのか悪いのか。

俳句なんておじいちゃんおばあちゃんがやるものというイメージでしたが、最近は先人の感受性の高さに感心し本の頁をめくるようになりました。

このように自分自身が必要に駆られ、気づいて、そして自分自身で勉強していくと身についてくるものです。

若い頃はどんどん浮かんだコラムのネタですが、年を取ってきたせいか毎週コラムに何を書こうかと悩み始めて必要に駆られて季節の言葉などを調べ始めたことですが近頃は調べるのが楽しくなってきました。

私も日常生活から読み取れる感性を磨いて行けたらと感じます。

季節はもう夏に向かっています。

ーーー

診療所です。

コラム最後尾の告知でもお伝えしているように、6月に当院ホームページリクルートに2023年度新卒歯科衛生士の求人募集要項と卒後1~2年以内の第二新卒歯科衛生士の求人を掲載します。

5月の連休明けは新卒の方の退職者が出やすい時期です。

◇入ったものの入社した医院がなんとなく自分に合わずに退職を考えている方

◇都市部で就職したけど勤務時間が長く疲れてしまい地元に戻って就職したいというUターンの方

◇卒後1~2年目だけど基礎が分からず今まできてしまい今更聞きづらい、一から勉強し直したいという方

まさご歯科で歯科衛生士として第二の「リスタート」をしませんか?

現状をヒアリングして一人一人にあったカリキュラムを組んで指導致します。

現在勤務中の方はもちろん就職時期は相談可能です。ぜひご検討ください。

(お問合せは 0739-22-0829 人事担当寺尾まで)

当院の今年入社の歯科衛生士・古里は1カ月スタッフの口を借りて実技を練習し連休明けに無事施術試験に合格して患者様デビューをしました。

20226

まずは歯周病検査と機械を使った歯石除去からです。

初めて患者様に施術するのはすごく緊張します。でも医療技術職はみんなが通る道。

患者様に「痛い」と言われて凹むこともありますが、日々の臨床を積み重ねていき技術を身に着けていきます。

必ず出来るようになるので経験を積むしかありません。自信がついてくると患者様の見る目も変わってきます。覚えることがいっぱいで大変だけど頑張ってね!応援しています。

ちなみに古里がきている総柄のミッフィースクラブ。

かなりインパクトがあるらしく、当院担当の若い女性銀行員さんが外商でお見えになった際に「ユニフォームすごくかわいいですね!」と興奮してました。ミッフィーの大ファンなんだそうです。

スタッフもミッフィー好きが多いんですが今すごく流行っているんですね。私もあと10歳若かったら着てみたかったです(笑)

今週も連休明けでかなり混み合っております。

診察可能な予約枠がすでにかなり先まで埋まっております。救急以外の当日の受付に関しましては、物理的に患者様が多すぎて診察をお受けするのが難しい状況になっております(当日予約外でお見えになった場合、2~3時間以上待ちの状況です)。

ご予約のお問合せを頂いた場合、当日診察が出来なかったり、少し先にご予約になりますことをご了承ください。

ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが、ご理解ご協力の程お願い致します。

今週もスタッフ一同頑張りますのでよろしくお願いします。

まさご歯科からのお知らせ 

☆6月初旬に2023年新卒歯科衛生士の求人募集を開始いたします☆

今夏、近畿圏内の歯科衛生学科のある大学・短大・専門学校に2023年度新卒歯科衛生士募集の学校求人を出稿予定です。

近畿圏外の学生さんも求人内容を確認できるように6月以降に当院ホームページのリクルートページにも詳細を掲載いたします。

夏休みには体験入社や医院見学も行っています。

田辺でUターンで就職ご希望の学生のみなさま、ぜひご検討ください。

☆卒後1~2年の第二新卒歯科衛生士も6月からの募集開始!☆

卒後すぐ、卒後1~2年以内の第二新卒の歯科衛生士の募集も6月より開始いたします。

もう一度基礎から習い直したい方、いまなら古里と一緒に実習をすすめられますよ。お問合せはお気軽に

まさご歯科口腔外科クリニック (人事担当:寺尾) 0739-22-0829 まで

※院内見学、体験入社も行っています

2022年5月 8日 (日)

【スタッフコラム】今週の担当:岡田

最近のお出かけ

 ゴールデンウイークは皆さん楽しめましたでしょうか。

特に私は遠出はしていないのですが、先日車の運転免許更新に行ってきました。今まで大きな事故やトラブルもなかったのでゴールド2回目?になるので今後もそのままの色でいきたいところです。

なにより緊張するのが写真撮影(笑)

何年もそのままの写真になるので白の服を着てレフ版効果を期待したり、横の髪の毛でできるだけ顔の輪郭を隠したりなど毎回工夫します(笑)今回は少し横向いてしまった写真になってしまいました。。。

去年入籍したのでぱっと見は岡田の苗字のままで裏面に新しい苗字の変更を書いていたので今回で表面から新しい苗字になったのでスッキリしました。

さて、また違う日に両親が気晴らしにランチに行こう!と誘ってくれたので上芳養にあるキッチン コントレールさんに予約して行ってきました。

私はあまり上芳養の土地が詳しくないのでどこら辺!とかはお伝えしづらいですが、、、

父が上芳養で現在勤務しており分かるようで、運転してくれました。

ちいさなお店なのでテーブル席は1つだけでカウンター席も5つほどでコロナの心配もほぼない感じで良かったです。

私はメインでエビとトマトのパスタをいただき、両親とシェアしてピザもおいしく食べました。デザートもセットで食べたので満足しました!

父、母、誘ってくれてありがとう!

あまり外食しないようにはしていますが、たまには行かないとな、と思いました。

友人たちに伝えると、気になっているところ!と反応が多く、人気のお店のようなので予約して行かれることをおすすめします。

Photo_20220507075101

今週のお花は2日しか開院してなかったのでお休みしました。

ーーー

以上、岡田のコメントでした。若い子は新しいお店の情報が早いですね!

2022年5月 7日 (土)

立夏

五月初旬は二十四節気では「立夏」。暦では夏の始まりです。

この辺りは庭に立派な鯉のぼりを立てているお宅も多く、気持ちよく青い空にたなびく親子の鯉を見ると「いい季節だなぁ」とほっこりします。

山々の緑も若草色で生命の息吹を感じますね。

Photo_20220502122401

仕事柄、口の中を見たりパソコンで書類を作ったりと室内で手元をにらめっこなので、休みの日の自然を眺めることがひと時の清涼剤となります。

先日、自宅近くの天神崎周辺を散策してきました。

天神崎は吉野熊野国立公園にある 田辺湾北側に突き出た岬で、陸と海の動植物が岩礁を挟んで同居し森と磯、海の生態系が守られています。

「人々から募金を募り美しい自然や貴重な建物を守る」運動をナチュラルトラスト運動というのですが、天神崎はその先駆けで日本で第一号に認定されました。

住宅街から細道を少し入ると鬱蒼とした森になりその先に現れる紺碧の天神崎の磯。

今は日本のウユニ湖とインスタで有名になり、他府県の車が細道で迷子になり立ち往生…というのをよく見かけます。天神崎周辺は本当に細い生活道なので慣れない他府県の方は気をつけてお越しください。

ちなみにウユニ湖を撮影したい方。

天神崎の公衆トイレ駐車場のあたりから歩いて行くといいらしいです。見れる条件があるらしく潮位140~150㎝の引き潮で晴れた日で風がなく穏やかな時、なんだそうです。幻想的な写真をみなさん撮影されていますね。機会があれば私も撮影してみたいです。

私たちは自宅から歩いて行ける距離なのでカメラ片手によく散歩に行きます。

Photo_20220506120702

天神崎は捨て猫が多く散歩に行くとどこかしらに猫がおりその猫を見たさに散歩に行っていましたが、最近は保護猫活動がさかんでほとんど見かけなくなりました。我が家も天神崎で保護した野良猫を2匹飼っています。

天神崎に抜けるまでの道すがら、各所に花々が咲いておりそれを眺めるのも楽しみの一つ。

Photo_20220506120701

もう誰も住んでいない民家の塀から、主はいなくても毎年咲き乱れこぼれ落ちる花

道端の名もなきような小さな花

Photo_20220506120701

ウユニ湖で車の往来が多くなり踏みしめられてもたくましく育つ草。自然って強いんですね。

今まで目にもとめなかったこういった小さい自然を見つけることが今はとても楽しく草花から生命力を分けてもらっている感じです。

初夏の気持ちのいい季節の間にいろいろと近隣を散策したいと思っています。散策した場所の由来を調べたりするのも勉強になります。

またこちらでも散策日記を掲載していきたいと思います。

ーーー

診療所です。

歯科助手スタッフたちが古里の診療補助の指導を頑張ってくれているので、お礼としていくつかユニフォームを新調しました。今回は夏用のアウターとシャツとパンツを新調しました。

助手さん達のユニフォームは外資系ホテルの受付やエステ担当の方がよく着用しているメーカーのものを選んでいます。

新卒歯科衛生士の古里も試用期間の3カ月をクリア出来たら新しいスクラブを購入する予定です。

人によってパーソナルカラーが違います。入社してから古里は何色が似合うかなと見ていたのですが、私個人的にはダーク系の色目より明るい色やシンプルな白が似合いそうな気がするのでそのあたりの色目のスクラブを探しています。

新しいユニフォームって女子的にテンション上がりますよね。

ユニフォームは消耗品なので当院ではこまめに買い替えをしています。開業当初からの私の方針で「着るものは良い物を」をと思い揃えているので患者様にも「歯医者さんらしくない」と好評です。

スタッフ達の新ユニフォームは夏にホームページのスタッフ写真を更新予定ですのでその際にお披露目予定です。お楽しみに。

連休の中日も予約外のお問合せがかなりありました。

連休明けもすでに既存の予約枠がすべて埋まっており、救急以外のお問合せにつきましては当日診察が物理的にいっぱいでお受けするのが難しくなっております。ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが、ご理解ご協力の程お願いいたします。

今週もスタッフ一同頑張りますのでよろしくお願いします。

 まさご歯科からのお知らせ 

☆6月初旬に2023年新卒歯科衛生士の求人募集を開始いたします☆

今夏、近畿圏内の歯科衛生学科のある大学・短大・専門学校に2023年度新卒歯科衛生士募集の学校求人を出稿予定です。

近畿圏外の学生さんも求人内容を確認できるように6月以降に当院ホームページのリクルートページにも詳細を掲載いたします。

夏休みには体験入社や医院見学も行っています。

田辺でUターンで就職ご希望の学生のみなさま、ぜひご検討ください。

☆卒後1~2年の第二新卒歯科衛生士も6月からの募集開始!☆

卒後すぐ、卒後1~2年以内の第二新卒の歯科衛生士の募集も6月より開始いたします。

もう一度基礎から習い直したい方、いまなら古里と一緒に実習をすすめられますよ。お問合せはお気軽に

まさご歯科口腔外科クリニック (人事担当:寺尾) 0739-22-0829 まで

※院内見学、体験入社も行っています

2022年5月 1日 (日)

【スタッフコラム】今週の担当:津呂

今月のオススメ

早いもので4月も終わり、5月に入りました。

個人的には梅雨に入る前の過ごしやすい今の時期が1番好きです。

今年も思うようにお出かけできないゴールデンウィ-クになりますが、近場でのんびりと過ごせられたらなぁと思っています。

歯科衛生士の古里さんが入られて早1ヶ月が経とうとしています。

私も歯科助手として指導させて貰う機会もあり、分かりやすく伝えるためにはどうすれば良いのか、正しい指導ができているのか等、日々試行錯誤しています。

いくみさんや岡田さんが指導されているのを見ていると、知識面はもちろん、手の位置や姿勢、力加減など、細かな所まで気をつけなければいけないようで、改めて衛生士さんの大変さが分かりました。

古里さんが独り立ちされるのを陰ながら応援しつつ、困った事があればサポートさせて頂きたいと思っています。

今月も私が受付の物販担当をさせて頂く事になり、これからの季節に気になる、『日焼け止め・ビタミン』を出しています。夏前のこの時期から、早めの紫外線対策を始めるのが良いとの事で、昨年も好評だった商品です。

その他にも最近新しく入荷した、はらぺこあおむしやひつじのショーンのタオルも大人気です。

当院のスタッフにも可愛いと評判のミッフィーグッズコーナーも新設してみました。

Photo_20220430134601

待ち時間の間に少しでも楽しんで頂けるように色々な商品を揃えていますので、御来院の際はそちらもチェックしてみて下さいね。

Photo_20220430134603

今週のお花は、アヤメを選びました。

鮮やかな紫色が目を惹く、この時期を象徴する花です。

1年を通し、お花選びをしてみて、季節毎のお花を選ぶ楽しさを知る事ができました。

ーーー

以上、津呂のコメントでした。津呂も古里の指導頑張ってくれてます!ありがとう!

季節のお花、もうアヤメの時期かぁ…と初夏を感じます。

« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »

当院ホームページ