食べ歩き・旅行日記

2017年3月18日 (土)

大相撲大阪場所初日に行ってきました

稀勢の里関で相撲人気。普段相撲をあまり見ない私も先場所は感動しました。

Masago4
大阪場所は即完売とのこと。主人が某相撲部屋の後援会に入っているので奇跡的に今回初日チケットを2枚手配してもらえました!

Masago5

しかも西の前から4列目。いわゆる「砂かぶり」のお席です。相撲大ファンの主人は大喜びです。

Masago2

近くで見るお相撲さんの迫力、テレビで見るのとまた違います。

ここからは素人の私の解説では心もとないので、相撲ファンのDr.ヒロシのコメントです。

ーーー

Masago2_3
中入り後幕内力士の土俵入りです。人気の逸ノ城。
Masago4_2

ーーー

横綱白鵬土俵入りです。

Masago2_4

横綱の貫禄十分です。

Img_0789
ーーー

そして今一番話題の人!

Masago2_5

横綱稀勢の里土俵入り!館内は大盛り上がりでした!間近で見る稀勢の里、気合十分です。
Masago4_3

太刀持ちは高安関です。体毛が凄いです(笑)

ーーー

今場所から新入幕の宇良関。ピンクの回しが可愛らしい感じ。横綱大関に引けを取らない人気ぶりで大歓声の中勝利していました。写真は力水をもらっているところです。

Masago5_3

琴奨菊の「コトバウアー」!反ってます。10勝して大関カムバック頑張って!!

Masago4_4
大関の照ノ富士関。毎度ですが凄い気合でした。
Masago2_7

ーーー

この日は横綱日馬富士がまさかの黒星。会場から座布団が飛んできます。稀勢の里戦は見るのに集中してしまい写真は撮れず。

結びの一番は横綱白鵬と正代戦。

Img_0789
まさかの白鵬黒星スタート。場内はざわめき座布団の嵐。

僕たちは前の方に座っていたので座布団攻撃にあいました。特に嫁さんは首の手術後なので当たらないか心配でしたが、案の定すぐ横を座布団が飛んできていて運動神経の悪い嫁さんは何とか必死に避けて危機一髪でした。

ーーー

Masago5_4

結びの一番後は弓取り式で締め。明日からの取り組みのために土俵上を清める役割があるそうです。力士不明(笑)

とにかく間近で大相撲を見れて楽しかったです!良い経験が出来ました。

ーーー

と、Drヒロシの談でした。

本当はスタッフを連れて行きたかったのですが、今回は席の確保が出来ずだったのでもし希望があれば観戦しに行きたいと思います。






2016年11月12日 (土)

祇園をどりに行ってきました@2016年

贔屓にしている祇園東の舞妓さんからチケットが送られてきたので「祇園をどり」の鑑賞に行ってきました。

Image2_2
京都花街は祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東と5つあり五花街と言われています。祇園東の花街のみ秋におどりがあります。

おどりは各町撮影禁止なので画像はありませんが、祇園東はをどりのフィナーレ近くに芸舞妓さんが自分の名前を染め抜いた手拭いを客席に投げます。

Image2_3

今年は主人と私と手拭いゲットできました!しかも祇園東の大きい芸妓さんのつね和さんとつね有さんの手拭いです。かなりレアですよ。

もう何年も宮川町や祇園東など手拭いを投げる系の舞の会に行っていますがキャッチできたのは初めて。何か良いことがあるといいですね。

をどりの後に長年通っていた中華料理店のソムリエさんが移転したお店に少し顔を出してきました。

Masago2_2
軽く食べられる割烹カウンターのお店「華苑」さんです。こちらも「移転のご案内」を頂いたので挨拶がてら伺いました。

食後は祇園東のお茶屋さんのバーへ。

Masago3
贔屓の舞妓ちゃんです。

彼女が舞妓に出たてのころからのお付き合いです。この夏に「髷かえ」と言って「大きい舞妓」の髪型である「おふく」に変わっていました。

Image2_4
舞妓になってから2~3年経って置屋のお母さんからの許可が出たら結える髪型です。出たての小さい舞妓よりもすっきりした印象になります。

Masago3_2
簪も可愛らしいものから大人っぽいものを差せるようになります。

Masago2_3
左が小さい舞妓さんです。襟の色と簪が違うのがわかるかと思います。(中央は仕込みさんという見習いです)。

この日は面白い芸妓さんもバーにいたのでお腹がよじれそうでした。

といわけで、秋のをどりを堪能してきました。

2016年11月 5日 (土)

Hotel de yoshinoさんで秋の味

もう11月。やっと暦通りに寒くなってきました。見上げると空も高くなって秋雲も見られます。

Image2

今年は秋が少なくすぐ冬が来そうですね。

さて、秋といえば食欲の秋。

いつもお世話になっている和歌山市内のHotel de yoshinoさんに行ってきました。yoshinoさんはこの秋に大阪にも進出されていて先日ご案内を頂きました。

大阪のANAクラウンホテルにメゾンタテルヨシノさんが出来たとのこと。こちらは東京の吉野シェフの色合いが強いそうでメニューは吉野シェフのスペシャリテが多いそうです。以前にHotel de yoshinoさんでソムリエをされていた方もいらっしゃるそうで美味しいワインも勧めてもらえそうです。

今回はスタッフ坂本の結婚のお祝いの席を設ける予定なのでその打ち合わせも兼ねての訪問です。

スタッフ全員で行くので、フレンチのテーブルマナー教室も併せて勉強してもらおうとシルバーをすべて最初から並べてもらい初めてでも食べやすいメニューで…でお願いしてきました。

この日は手島シェフから「良い白トリュフが入ったので」ということで頂くことに。和歌山で有名なクエの一品に白トリュフを添えて。

その場で削ってもらえます。

Masago2

芳醇な香りで食欲をそそられます。やはりシェフおすすめは美味しいですね。

Masago3
パティシエさんが変わり東京からお見えになったそうで、デザートも今までとテイストが変わり私好みの味でした。こちらも和歌山のミカンのデザートです。

手島シェフは地産地消でお料理をされるので和歌山の特産をたくさん頂けます。

Image2_2
手島シェフ、スタッフの皆さん、いつもお心遣いありがとうございます!スタッフのマナー講習よろしくお願いします!

ーーー

では、今週のお知らせです。診療所はハロウィンを片付けて今月は和歌山県のキャラクター「きいちゃん」を飾ってます。

お花は週替わりでスタッフに行けさせていますのでスタッフコラムでご確認ください。各自センスを磨くよう頑張ってます。

今月のイベント商品は「感染予防対策グッズ」です。風邪やインフルエンザが流行するこの時期、早めに感染予防対策を行いましょう!

では、今月も連休が多く予約が取りづらくなっております。当院は外科専門ですのでお子様の治療、入れ歯の治療に関しましては専門で行っておりませんのでお近くのかかりつけ一般歯科での受診をお願いしております。紀南地区の地域医療分業のご理解ご協力お願い申し上げます。

今週もスタッフ一同頑張りますのでよろしくお願いします

2016年7月31日 (日)

久々にhotel de yoshinoさん

最近、ホントにバタバタしていてお堅いネタしかアップできていなかったので久々に。

先日、和歌山のフレンチレストラン、hotel de yoshinoさんへ行ってきました。

スタッフの坂本に「和歌山市内で美味しいお店ないですか?」と聞かれyoshinoさんを紹介しました。美味しかったとの事で良かったです!

和歌山にお見えの際は絶対におススメですよ☆

さて、この暑い時期はシャンパンが美味しいですね。

Masago5_5
yoshinoさんのこの日のお魚料理。

このパイ包み、何度か頂いていますがソースが本当に美味しいです。

Masago5_6
ワインに関してはいつもお任せで頂くのですが、お魚にはこの白ワインがおススメとの事。魚料理に合う程よい酸味とさっぱりした果実味の白でした。

ワインの事をもっと詳しく知りたいのでソムリエを取ろうかなぁとも思うんですが…もう少し老後の楽しみに取っておきたいと思います。

Masago5_7

お肉は鉄板の牛で。付け合わせのマッシュポテトはいつもながら美味しいので一番最後に食べてます(笑)

Masago5_8

ちょっと遅くなりましたが、主人の誕生日のお祝でプレートを頂きました。

Masagoshika3_5
手島シェフと。いつもお気遣いありがとうございます。手島シェフの美味しい料理でスタミナが付きました!また美味しいものを食べれるよう頑張って仕事したいと思います。

今度機会があれば東京のタテルヨシノさんにも行ってみたいなぁと思います。銀座なんてもう何年も行っていないので浦島太郎になりそうですが(笑)

出不精な主人を説得してぜひ行ってみたいです。

yoshinoさんのスタッフの皆さんもいつもありがとうございます。これからも宜しくお願いします!

2016年5月14日 (土)

毎年ルーティンのイノブタまつり

ゴールデンウイーク後半のまさご家は毎年ルーティンの「すさみイノブタダービー」に行ってきました!

なぜか結婚してから毎年行っているイノブタダービー。ルーティン作業を行わないと気が済まない主人は「イノブタに行かないとゴールデンウイークじゃない!」と言い張ります(苦笑)

というわけで、今年も5月3日に行ってきました。

張り切って行っても、摂南大学の学生さんの焼きそばを食べて、アメリカンドックを食べて、イノブタダービーの2回戦を観戦する…だけなんですが、今年もまったく同じ事をしてきました。

Image_2

摂南大学の焼きそばの学生さんが良い笑顔をくれました!青春っていいですね♡

Image2_2

今年のイノブタ出走表です。その年の流行的な人の名前が付いてます。ゴロウマルやトランプは分かりますが、サイトウサンって誰ですか?

あれこれ買い物をして各自豚券(トンケン)をGET!500円買うと1枚馬券ならぬ豚券がもらえます。

Masago3_2

では、恒例のイノブタレース開始!イノブタちゃんはこれもまた毎年恒例でお団子になって走りません(笑)

何とかゴール…今年は主人が見事当ててました!

Image2_3

景品はイノブタのぬいぐるみと梅干なんですが、今年は梅干しが新しくリニューアルしてました。

Image_3

レースの後はイノブタ王国の国王ご家族のスピーチです。今年は第一子の王子が誕生したとの事なんですが…どの子か分かりません(苦笑)

国王のスピーチは国王の中の人が「ぶひぶひ、ぶひー!!」と言って隣の通訳の方が「本日はお越し頂き…」と伝えるんですが、今年の国王の中の人が照れているのか「ぶひぶひ」が恥ずかしそうでした(笑)

Masago3_3

ふなっしーくらい弾けてもらえると面白いですね。

そんなわけで、今年も無事まさご家のゴールデンウイークのデフォ行事をこなすことが出来ました。

たぶんまた来年も同じことをしていると思います(笑)ルーティン大好きなまさご家でした。

2016年4月17日 (日)

着物の魅力

今年の社員旅行は若いスタッフのみんなに「女性を磨いてもらおう」というのをテーマに着物体験をしてもらいます。着物を着たまま、私の贔屓にしている芸舞妓さんのおどりを見てもらおうという企画です。

私は宮川町と祇園東に贔屓の芸舞妓さんがいます。

Image

普段はお澄ましの彼女たちも仲良くなればすごく気さくで可愛らしいです。

Masago3

花街の女性は身嗜みや言葉遣い、所作などの躾がきちんとできているので一緒にいると女性として何かと勉強になります。

今回は宮川町へ行く予定。

私は結婚前から着物や花街に興味があり、着物に袖を通すようになって15年くらいです。

「一見さんお断り」な花街に出入りするようになったのは、私が着物を買っている呉服屋さんが祇園の芸舞妓さんが作るお店なのでそちらのお母さんに紹介してもらいました。

着物好きが高じて着付け講師の免許を持ってるんですが、今は自分が着るので精いっぱいです。

神戸にいた時は友人たちと着物で食事会をしていたのでよく着ていたのですが、田辺に引っ越してからは京都に行く際にたまに着る程度になってしまって残念です。

贔屓の芸妓ちゃんが自前さんになったお祝いに少しだけ私の着物を分けてあげたのですが、箪笥の肥やしにならないように今後着ていきたいと思っています。

着物を着ると背筋が伸びて所作もきれいにしようと無意識に美に対しての意識が高くなります。

日々仕事に追われているとつい「美しく装う」という意識がなくなってしまうので、そういった美意識を少しでもスタッフ達に感じてもらえればと思っています。

これを書いている時点では彼女たちが社員旅行でどんな着物を着てくるのか私も知らないので楽しみです。髪結いもお願いしているのと化粧もきちんとしてくるようにと伝えてあるのでどう変身してくるのか、またこちらのコラムでご紹介したいと思います。

もしこれで花街や着物に興味を持ってもらえたなら、来年医院の目標売上ノルマを達成すればスタッフの希望があれば一見さんお断りのお茶遊びツアーにご招待しようかなとも思ってます。

若い子の着物離れが進んでいるので、これを機に彼女たちも着物が好きになって日本の伝統美を感じてもらえれば幸いです。

2016年3月26日 (土)

相撲部屋のちゃんこ頂きました

大阪で相撲の大阪場所が行われていますね。

主人が大の相撲ファンで立浪部屋後援会のちゃんこ鍋ふるまいに行ってきました!

本場所の立浪部屋は16名の力士さんが出場されている模様。

Img_1357
幕下東五枚目の天空海(あくあ)さんと。大きい~!!

当日の時点で2勝2敗! 勝ち越し目指して頑張って! 関取になってくださいね!

力士さんってお茶目な方が多くてこんなポーズも気さくに応じてもらえます(笑)体重は主人の3倍!片手で持ち上げられてしまいそうですね。

さて、ちゃんこです。「ちゃんこ」というと鍋!というイメージがありますが、鍋だけでなくスパゲッティーなどの洋食系も「ちゃんこ」というそう。「ちゃんこ」のくくりは主食の大皿的な感じなんだそうです。知らなかった…。

本日のメインは「塩ちゃんこ」。

ちゃんこ当番の若い力士さんがいろいろ作ってました。

Masagoshika_2

鶏肉と野菜たっぷりで美容にいいかも。力士さんたちが大きいので鍋が小さく見えますね(笑)

鍋のほかにもブリと厚揚げの煮物、カニの茹でたもの、ナムルとキムチ盛り合わせ、白菜と豚バラの煮込みなどなど大皿料理も多数。

いろいろ取り分けて下さるんですが、食べきれないくらいたくさん。

後援会のお客さん一人一人に力士さんが相手をしてくれます。主人も食事中にモンゴルの若い力士さんに横でべた付きで付かれていて何度もウーロン茶のお酌をされてました(笑)

会場内は力士さんの鬢付け油のにおいが漂い雰囲気を醸し出しています。

琴奨菊さんで何かと話題の相撲。

Image2_3

私も最近まであまり相撲を見る事がなかったんですが、見だすと面白さに気付いてきたので主人と一緒に応援したいと思います。

2016年2月 7日 (日)

しつらえを学ぶ旅へ@有馬 華の宿

今年から来年にかけて待合室や診察室を全面的にリフォームしたいと考えています。

開業の時は全く手が回らなくて「医院を快適に」という概念までなかったのですが、最近は毎年少しづつリフォームをして出来るだけ快適な空間で治療を受けて頂けるよう努めています。

どのようなリフォームや院内のしつらえをすると快適になるのか、また日々出来る事としてどのようなおもてなしをすればいいのかを勉強する意味もかねて口コミが良く当院とコンセプトが似ているお宿やレストランなどに行ってサービスを自分で体感して医院にフィードバックするようにしています。

今回は生け花に定評のあるお宿、高野荘華野さんへ行ってきました。

有馬でも高台にあるこのお宿は入り口から立派な石段が組まれており、入り口までたどり着く間に野の花がさりげなく植えてあります。

Image

こちらは「生け花」が売りの宿ということだけあって館内は至る所に花が飾られています。洋花でガラス花瓶というのではなく、ワビサビを主とした茶花がメインとのこと。

Image2

チェックインの際はライブラリーに通され茶菓の接待。きちんとお抹茶とお宿の手作りのお茶菓子が供されます。やはりチェックインの際にお茶を出して頂けるとホッとします。

こちらの宿は12歳以下お断りという事もあり、子供のいない私達には静かでほっとできるので助かります。

Masago_2
宿の中を散策すると、さりげなく高名な作家の花瓶に季節のお花が投げ入れで生けられています。

Masago3_2

私もどちらかというと型にはまった生け花より茶花と言われるのに咲く花を一輪二輪生けて自然の生命力を感じるものが好きです。

Image2_2

今年で丸4年になる茶道のお稽古もお茶の先生が生ける茶花がとても勉強になり、お稽古が診療の際の「おもてなし」の心にもつながっていると思います。今後も茶道を勉強していきたいと強く感じました。

Masago_3

感心したのはお部屋に入ってから、どの場所に飾っている花の名前、そしてその花瓶の作家名や由来が書かれているプリントが置かれてあり館内をお花を巡って旅して下さいというもの。そいうった心遣いをみならわないといけないなと勉強になりました。

Masagoshika_2

お料理も滋養に良いものをというコンセプトで野菜中心の優しいお料理で目にもきれいな盛り付けでした。

Image_2

スタッフの方々もつかづ離れずの良い距離を保った接客で気持ちよく過ごすことが出来ました。

こちらの宿に泊まってから、私も壁掛け用の花瓶を2つほど買い求めて待合室と診察室にも飾っています。

お花を飾っていくうえでも参考になったのと、お客様側に立ってサービスを受けてみる事も重要で、良いサービスを提供するには自分自身良いサービスを受けてどのように思い感じたのかの感受性も育てていかないといけないと思った旅でした。

今後もリフォームに向けコンセプトに合った場所を訪問していき医院に生かしていきたいと思います。

2016年1月 9日 (土)

京都花街のオールドフレンチ@先斗町禊川

京都も南座に歌舞伎役者の招きが上がると年末の気分を掻き立ててくれます。

Image2_5

京都の花街、先斗町にある知る人ぞ知るフレンチの名店「禊川」さん。

毎年季節のご挨拶を頂くので贔屓にしている芸舞妓ちゃんたちとご飯食べに使ったり、主人と京都に来た際に立ち寄ります。

こちらは一見さんお断りで先斗町歌舞練場の近くにあるのですが、小さい白い提灯に「禊川」とお店の名前が書いてあるだけなので知らない人は何屋さんか分かりづらいです。

京都の一見さんお断りのお店は、最初は気を使いますがご贔屓になると痒いところまで手が届くような気配りがあります。

さて、お料理です。今回は「ちょっと濃い目のガッツリしたものを」とお願いしていたので、禊川さんでは「スペシャリテ」的なメニューを出して下さいました。

Image2_4
冷たい前菜に出た海老のゼリー寄せ。

Masago3_2

私の大好きなフォアグラとリゾット。

このゼリー寄せとリゾット大好きなんです。禊川さんは15年以上のお付き合いですが今までスペシャリテとして何度か出た定番の中で一番好きなメニューです。

そして、魚料理・肉料理のあとは禊川名物の出汁のきいた鮭茶漬け。

Tea_3

この鮭茶漬けが食べたくて禊川さんに来ると言っても過言でない美味のお茶漬けです。

Tea_4

〆のデザートの後のプティフルのチョコレートはシェフのご自慢の一品で芸舞妓さんのファン多し。お持たせで持っていくととても喜ばれます。良い器で頂く上質な紅茶もいいですね。私たちはコーヒーが飲めないので紅茶にはちょっとこだわってます。裏メニューでココアもありますが今回はレモンティーで。

鴨川を眺めながら優雅なひと時を過ごせ、生け花から調度品、何か国語も操れるスタッフの皆さんの対応など、さすが花街を代表するフレンチの名店で学ぶものも多いです。

Masago3_3
特にしつらいに関しては医院リフォームの際の参考にしています。

シェフ、スタッフの皆さんいつもありがとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

2015年12月 5日 (土)

ヨシノさんの10周年記念食事会に招待されました

いつもお世話になっている和歌山のフレンチレストラン「オテルドヨシノ」さんから、10周年記念のお食事会のインビテーションが来たので先日行ってきました!

Blog_import_53a9518b21787
今回は10周年の「食の饗宴」ということで案内状も豪華です。

吉野建氏と吉野氏とフランスで一緒に修行した仲間であり日本のフランス料理界を牽引する「ラ・ブランシュ」の田代和久シェフを迎え2日間だけの特別記念食事会とのことです。

なかなか東京の有名フレンチには場所柄遠方のため伺えないので、こういった機会に出来るだけ伺うようにして東京の旬な接客サービスなどを自身で体験して医院での接客指導に役立てるようにしています。

本日は東京からのスタッフの方も多く、いつものヨシノさんとはちょっと違う雰囲気。

Blog_import_53a9518b21787_2
今日のイベントのために駆けつけてくれた久々のシニアソムリエの松岡さん。松岡さんは日本酒の利き酒師もお持ちというお酒通のヨシノさんのシェフソムリエさんです。

松岡さんがお見えになっているという事はとても良いお酒が入っているという事。なかなか頂けないシャンパンやおススメのワインが出てくるはず。楽しみです。

スターターのシャンパン

Masago8
Krug Grande Cuveeです。アーモンドのようなコクとさっぱりとした喉越しで食欲がわきます。こういったスペシャルな時しか飲めないシャンパンとのことです。

Blog_import_53a9518b21787_3
前菜です。田代和久シェフのスペシャリテ「イワシとジャガイモの重ね焼き トリュフ風味」。濃厚なベーコンの旨みがじゃがいもにのり口の中でとろけてしまいます。さすがスペシャリテ、とても美味しかったです。

Masago8_2

パンも今回はワゴンサービス。パン大好きなのでこれは嬉しいです!美味しかったのは何といってもデニッシュ!これ買って帰りたい感じ。パンはデニッシュが一番好きで主人に「そんなにパン食べたら料理食べられへんで」というくらいおかわりさせてもらいました。東京のタテルヨシノのパン屋さんで売っているそうです。いいなぁ。東京。

Masago8_3

続いてのお料理は名前通りビックリの「シュープリーズ ド フォアグラ」!

Masago8_4

飴の中にはフォアグラペーストが。飴のパリパリとフォアグラの濃厚な風味が口の中で楽しいです。

コチラのお料理に合わせたワインはコチラ。

Blog_import_53a9518b21787_5

「2005 Clos Rebberg Risling」。フォアグラに合せて少し重めの白。

その他にも希少価値のあるワインや各シェフのスペシャリテの提供や、すばらしいサービスで楽しい時間を過ごすことが出来ました。

食後に本日ご演出頂いた皆さんと記念写真。

Masago8

ヨシノさんの皆様、いつもありがとうございます。10周年おめでとうございました。今後ともよろしくお願いします。

より以前の記事一覧

当院ホームページ

リクルート/採用情報

  • 詳細はまさご歯科口腔外科クリニック・リクルートをご参照下さい。


  • ■2018年度・新卒歯科助手
    2018年度の新卒歯科助手求人は募集はありません。
  • ■2018年度・新卒歯科衛生士
    2018年度の新卒歯科衛生士の求人は7月1日にエントリーしました。

当院掲載書籍紹介

  • まさご歯科口腔外科クリニックが日本の歯科100選-2012年-に紹介されました。2011年12月1日より全国書店にて販売中!